ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片付け中…

物置と化している洋間。
前々から何とかしなきゃとは思っていたのだが、
ついに耐えられなくなって片付けに着手。

散らかっている要因は
1、本
2、ゴルフ用品
3、帽子
4、ガラクタ
5、空き箱

このうち大半を占めるのが4と5。
溜め込んでいた数年前の自分の気持ちが理解できない。

まあ、捨てればいいだけのことだから簡単といえば簡単だけど。

滅多に読まないけどたまにハマって一気に読み返す「三国志」全60巻(横山光輝)も置き場所に困るもののひとつ。

いま読んでる場合じゃない。

スポンサーサイト

引き続き片付け・・・

手塚治虫の「奇子」。

ふと気が付いたのだけど、

この作品に
ヒョウタンツギや
「オムカエデゴンス」(スパイダーって名前なんだってね)が
登場しない。

特別な感がある。

本棚の整理、概ね終了。

季節感

近所の木槿の花が満開になっていた。
夜には虫が鳴き始めた。

関東から引っ越してきたばかりの頃は、
周りの景色が万葉集と同じ季節感で移り変わるのに感心した。
旧暦で動いている感じ。
農事も暦にぴったり。

北海道で俳句を作り始めた頃は、
歳時記や中央の句会(関東)にくらべると
ひと月ばかり季節が遅れていた。
桜も五月に咲くし。

住んでるところによっていろいろ違う。
当り前なんだけど、時々忘れてる。

おひさま句会・7月

夏至暮るる器に匙の当るたび
黒南風や闇のつづきを兵馬俑
立つことにはじまる記憶半夏生
引力と睡魔似ておりさくらんぼ
蟇鳴くや冷蔵庫にも腹時計


今年度二度目の「おひさま句会」。
なんだかハイレベルになってきた。
それぞれの作風もくっきり。作者を当てる楽しみも。
学期末で何かと多忙な中、みんなスゴい。
良い句が揃って盛上った。

今回は自分も好きなように作ってみた。
「解らなくてもいいや」くらいのつもりで。
わりと気に入った句ができた。

蚊に…

ボランティアのメンバーで打ち上げ

出身地がわりと散らばっているんだけど、

蚊に「噛まれた」という人が複数。

私は「喰われた」という。

どっちも違うけど。

地域的な分布はあるのだろうか。

とにかく、すごく腫れるんだけど。今年は。

復帰!

「ブートキャンプ」。

ちょうど1年前から続けていたのだが、
6月は気分的に余裕がなかったり腰が痛くなったりでサボっていた。

梅雨明け間近。
暑さにだらけがちなこの頃。
再び一念発起。

キツいです、サンタマリア。

お陰でスッキリ。
昨日の酒も抜けた。

また頑張ろう。

夕焼

一昨晩雷雨。
近くに落雷。
そして土日。暑かった~
四国と九州で相次いで梅雨が明けたようだが、
中国地方も明けたね、これは。
今日ニュース聞いてないけど。

本日、初エアコン。

暑かった一日も暮れ、お日さまの残照。
夕焼

夏至の頃と較べて、日の入り少し早まった。

初とんぼ

20080707122410
夏も深まるこの頃、
今日は小暑だっけ。
クルマのアンテナにとまってた。

ギンヤンマ?

麻のコート

20080708205310
生地を裁ったのは…
ひと月前だったかな。

腰痛その他で延び延びに。
やっとここまで漕ぎつけたんだけど、
最高気温33℃の日々

あとはボタンホールとボタン付け。
明日にしよう…。

朝方の夢

歌おうとしていた。
前奏が終わって息を吸い込んだところで目覚し時計。
軽くムッとする。

これが食べ物の夢だったら
起きなかったかもしれない。

山道を行く

20080709160103
ただいま休憩中。
クルマがね。

暑い中ご苦労様。

今日も山道

久々にアンサンブル。
ドライブとセット。
穏やかな音楽を聴くと運転も穏やかになるような。

お昼は「中華そば」。
濃い目のしょうゆ味のスープに胡椒がきいていて、
時々食べたくなりそうな味。

アンサンブルはオカリナ主体。
これまで集めたゲーム音楽や歌曲、けっこうキレイ。
練習と工夫を重ねよう。

アルトリコーダーで、
Vivaldiの協奏曲「海の嵐」。
華やかで大好きな曲。

暑さで知能指数が下がっており、現代曲は省略・・・

道々の風景は次々に表情を変え、
今はねむの木が盛り。
夕方に見るとまた趣がある。
泰山木の花もまだ咲いてた。
好きな景色いっぱいあるけど、
暗くなりかけた街に戻ってくるあたりの川沿いの道。
芦田川沿い

信号待ちの間にクルマの窓から撮影。ちょっとナナメ。

日焼けした。

「ブッダのことば」

読み始めたとこだけど、
印象的なフレーズ

「犀の角のようにただ独り歩め」

精神はこうありたい。

それにしても何だろう、この孤独感。

お土地柄もしのばれる。

黄楊のブラシ

「九州・沖縄伝統工芸展」にて。
以前から気になっていた黄楊のブラシを購入。
歯の部分も木製。
櫛は前から使ってたんだけどね。

使ってみた。

当たり前のことだが、
歯がしならない。

そのうち慣れるでしょう。

髪の毛が細いので、摩擦の少ないブラシが欲しかった。

因みに鹿児島の工芸品。
屋久杉のブラシもあった。

4回目!

大阪へ。
riverdanceを見に。
これが4回目。

これまで東京、広島、福岡で見た。

場所によっては音響がイマイチだったり、S席なのにパイプ椅子だったりと当りはずれがあるので、いいホールで見ようという。

音響はバッチリで、タップの音もよく響いてた。
そのわりに舞台が小さいのが勿体ない気がした。

でも楽しかった。あっという間に終了。
また頑張るぞという気になれた。

人をそんな気分にさせることが出来るなんて、すごい。

ローホイッスル欲しい…

蝉鳴いてる

たしか梅雨明けまだだと思うんだけど、

昨日から朝蝉の声。

一気に夏という気分。

そもそも梅雨自体、今年はあったのかというくらい雨が少なかった。

空梅雨ですね。

これからもっと暑くなるから、
体調も夏仕様に調えなくちゃ。

和三盆アイスクリーム

徳島で購入した和三盆粉糖。
やっと使った。

普段何を作るにもきび砂糖を使うので、
出来上がったものは、いつも茶色い。
カステラまで茶色い。

が、

このたびはおいしそうないい色に。
うーん、美しい。

嬉しくなって、備前の器に入れてみた。
和三盆アイスクリーム


甘味も上品に。
ふんわり仕上げようと思って
かき混ぜるたびに減っていく・・・

久しぶりに(EE)

リピート性のあるスイングを目指しマイナーチェンジ中です。
見た目にはほとんど変っていないと思うのですが、本人は腕を使わず上半身全体で振ろうと試行錯誤中です。
昨日練習に行って、ウエッジからアイアン、UTまではうまく打て「自分の考えは正しかった!」などと自画自賛していたのですが、ドライバーが全くダメ。大スライス大会。打っても打ってもひどいスライスしか出ない。
で、「こうすれば良いのでは?」と思うところがあって、本日再度練習へ。
ウエッジからアイアンまでは昨日よりも良い。無駄な力の抜けたスイングができている(気がする)。
が、やっぱりドライバーがダメ・・・。
何故? アイアンとドライバーは同じスイングではダメなのか?
道具か? いや自分の技術の問題の筈。 でも道具の問題も・・・。 いやいや・・・。
結構まじめに悩んでいます。

累々と…

暑い日続き。陽射もつらい。
市役所の周りの道路に、夥しいミミズ。
みんな粉薬に出来そうなほど乾いてる
(何の薬になるんだったっけ)

隣の郵便局の周りの道路はキレイなので、清掃が行き届いてないのがバレてしまったが、

どこから来たのか、彼等は。

雨の後よね。

一斉に出て来た様を思うと、荘厳な気もする。

出合いたくはないけれど。

「カラヤンはなぜ目を閉じるのか」

副題として、「精神科医から診た”自己愛”」とある。

図書館で借りた。

3分の1ほど読んだところだけど、興味の対象がずれているような気が。

作り上げられたイメージと、現実がどのように違ったかということは、
音楽を聴く上でそれほど重要なことじゃないと思う。

役者は舞台の上でいい芝居を見せてくれればいいし、
作家はいい文章を書いてくれればいい。

発表されたものに、人間性の根本的なものを感じ取って、
例えばカラヤンの音楽をどうしても好きになれない人はいるのかもしれない。
それは受け手が作品から判断することなんじゃないだろうか。

最後まで読んでみようとは思っているけど。
途中で判断しちゃいけないし。

ところで、冒頭のエピソード。
コンサート会場で咳が止まらなくなってしまって指揮者を怒らせた聴衆の話が紹介されていた。

そっちの方が気になる。
「なぜコンサート中に咳が止まらなくなるのか」

梅雨明けた

もはやいつ宣言が出ようがどうでもいい暑さ。

その所為か、このところ微熱続き。
さっき計ったら37度6分
ちょっとテンション上がってるところ。
こう熱が続くと、安静にすればするほど調子が狂いそう。

ここはひとつ、ブートキャンプか

バンドなしで。

瀧廉太郎の歌

瀧廉太郎の歌曲。
「花」「秋の月」という作品は手持ちの日本歌曲集にも載っていて知っていたのだが、
それが「四季」という組曲のなかの作品であることを最近知った。
「納涼」(夏)、「雪」(冬)という曲があるとのこと。

で、日本歌曲の楽譜を集めている父にコピーを送ってもらった。
あらためて見てみると、瀧廉太郎の作品は日本の洋楽黎明期の香りがする。

楽譜に併せて、「瀧廉太郎作品集」というCDも送ってくれた。
「荒城の月」も入っていて、うたっているのは立川清登だった。
懐かしい!!
この曲が得意だったとは聴いていたが、初めてじっくり聴いた。
とても良かった。
この人がもう少し長く生きていたら、日本歌曲はもっと広く親しまれていたかもしれないと思った。
聞き手に伝わるうたい方をしているから。

日本歌曲は詞も美しいので、
とにかくことばがはっきり聴き取れるようにうたわなければいけないのだなと。
残念ながら立川清登がうたっているのは「荒城の月」一曲だけで、
他の歌手も端正に美しくうたっているのだが、
詞の説得力、曲作り、物足りない。

日本歌曲、もっと取り上げられていい分野だと思う。

今日の練習

Vivaldi大会。

協奏曲ト短調(夜)、イ短調、ヘ長調、もひとつヘ長調(海の嵐)、ハ長調、冬、春・・・

この頃しばらくウォーミングアップしないと指が動かない。
運動と一緒ですね。

温まってくると肩凝りもほぐれ。
ふう、まだ大丈夫。

更に悩みなのが、
喉の力が抜けないこと。
考えられる理由
 1、姿勢が悪い
 2、腹筋が弱っている
 3、舌の筋肉が弱っている(サボっていたので)
 4、必要以上にデカい音を出そうとしている
つまり鍛え直しが必要。
どんどん衰えていく~
まあ、その分鍛えた結果が目に見えるという楽しみが・・・。

発声練習も効果あるかな。
歌もうたいたいけど、近所迷惑だよな。

夏!

子どもたちは、夏休み初日。
世間的には3連休の初日。
ウチはあんまり関係ないけど、気持ちゆったり。

きのうツクツボウシが鳴いてた。
早くないか?

今日は変りやすいお天気。
かんかん照りかと思ったらにわかに暗くなって、
さっき雷が鳴ってた。
積乱雲もくっきり。

入道雲
容赦なく夏。

ちょっと贅沢して安渓鉄観音を冷たくして淹れた。
香りもよくて、シアワセ。

ヨーグルトって…

フローズンヨーグルトにしたら、
ビフィズス菌はどうなるのだろうか。

今日も暑いです

pizza

コーンベーコンピッツァ
コーンベーコンピッツァ

と、しいたけとアスパラのピッツァ
きのことアスパラのピッツァ

どちらもオリーブオイルを塗った生地ににんにくを散らして、トマトソースをのばしてトッピング。
冷蔵庫在庫一掃。

イタリアのシンプルで無造作においしいピッツァを思い浮かべながら。
Buon appetito!

久々に

20080721162920
打ちっぱなしに来ている。

すごーく久しぶり。

の割にいい感じだったので、気を良くしているところ。

熱中症になりそうであった。

明日は確実に筋肉痛…

覚書(EE)

①右股関節に体重かけつつ頭を右足前に沈める。
②腹でバックスイング。
③切り返しで再度右足前に頭を沈める。
 (右足前がポイント。さらにこの時、胸は右を向いたまま。)
④頭を沈めたままインパクト&フィニッシュ。
⑤腕を振らずに頭&胸で振る。

朝から…

社宅の正面玄関の清掃当番。
で、朝から汗だくになって掃除してたら、
蚊に刺された。足を3箇所。
刺されやすいの分かってるんだから、対策をすればよいのに、
虫よけスプレーを噴射すると気分が悪くなる。
電気蚊取も苦手。点けて寝ると腕がしびれる。

蚊か、わたしは。

と、言ってる間に腫れてきた~

汗かいて気分はスッキリしてるけど。

大暑

夏川に鷺と太陽浸かりおり
国道の全長をなす真炎天
虫掃けば走り出すなり大暑なり
雲の峰抜け対岸にミキサー車
真炎天中国茶器のこともなげ
日盛りや「おすすめランチ」すすめらる
節度ある大人になろう氷菓子
アイスクリーム大義名分めいてくる
かき氷盛られ尖端恐怖症
死のように平等であれ大西日
夏柳呆けしままに風の出て
102年振りの快挙よ蛇泳ぐ
通り雨梅酒の梅の夢ならむ

 | HOME |  »

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。