ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行事

ハロウィンが過ぎて11月。
街なかはクリスマス色がちらほら。

レイモンド・ブリッグズの「スノーマン」が
ミュージカル化(アニメ化が先だったかもしれない)されたものの挿入歌
「Walking in the air」の楽譜を探して楽器店へ。

クリスマス曲集が特設コーナーになっていたが、その中には無かった。
原作ではどうだったか忘れたけど、確かアニメではサンタクロースが出てきてたような。

とても良い曲だと思うのに、クリスマスと関係ない名曲集にも入ってない。
とりあえずはCDから音を拾って、
インターネットでいくつか楽譜を見つけたので、
何とかなるか。

行事に追われると一年があっという間。
日々の暮しにメリハリをつけて足がかりにするという意味で
お祭やお祝いは必要なものだと思う。

人間って「永遠」というものには耐えられないのかも。

スポンサーサイト

「涙のパヴァーヌ」

ソプラノリコーダー鳴らし中。
この頃急に気温が下がってきて、手は冷たいし、
水蒸気はすぐに冷えるし、
練習体制も冬仕様にしなければ。
この前のハロウィン・パーティーで吹いたときもカイロ持参だった。

真面目に吹いてたら良い音になってきた。
使用の笛はメックのステンスビーというもので、
硬い木を使っているので澄んだ硬質な音が出る。
鳴ってきて気分が良くなったので「天空のオリオン」など吹く。

ヴァン・エイクなど良い感じである。
ブリュッヘンの演奏はやっぱりすごいと思うけど、
自分なりの「涙のパヴァーヌ」を作ろう。

腹筋がゆるんでしまった  ので、
鍛え直し。
そろそろ本番モード。

充電~

充実の3連休。
ソプラノもずいぶん鳴るようになった。
なぜかオカリナいい音が出せるようになった。
人前で吹くのはどうかと思っていたが、アンコールくらいならイケるかも
カプチーノいっぱい運転した。
おいしいものも食べた。
特筆ものはホルモンチゲ。
と、そのあとのホルモンクッパ!

いちにちのうちでも、いいこととイケてないことは交互にやってきて、
なかなか思うようにはならないけど、
よかったことを見つけていきたいなと思う。

函館に行くまであと十日余り。
すべきことは、
1、練習
2、野菜の消費(これが結構プレッシャー…)
3、腹筋運動(やらないよりマシ)

自身の向上のために時間を使おう。

ちょっと盛上ってるのは、
酔っ払ってるからですね。
今日の名コンビ
ポテトチップスチョコレート見つけたのも、今日良かったことのひとつ。
気分よく連休の締めくくり。
また頑張ろう。

全句集

師匠の全句集。
一冊にまとめようと思って、
ワープロで本文を打って装丁。

本文つくったところで大休止中だった。
完成。
A5判のハードカバー。
一考全句集
すご~く考えて選んだのに、やっぱり地味だった。
全句集 本文
見出しも付けたいんだけど、ここまでの出来をこわさないようにしないと。

初雪

函館で初雪だって。
寒いんだろうね。
11月だもんね。

今朝は5時起きで、そのあとずっと起きてたから、いろいろはかどった。

「スノーマン」の編曲とりあえず終了。
最近どの曲も途中で進まなくなっていたので、久しぶりに最後まで音も取れて上出来。
途中脱力した部分もあるけれど。

編曲にかまけて笛の練習できなかった。
明日を愉しみに。

歳時記から

「桜紅葉」の説明。

《桜の紅葉は他の木にくらべ早い。九月の末にはすでに黄ばみ、早いのは落ちてしまう。美しいものではない。》

けっこうキレイだと思うけど。

最近はこういう風に独断を自信を持って述べている文章ってあまり見ないなと。
当たり障りないのばっかりでもね。

編者ならではの解釈が見られるから、いろいろ歳時記見較べるとおもしろい。

一歩前進・・・

「涙のパヴァーヌ」。
毎日練習してたんだけど、
ただ技術的に吹けるようになれば良いものではないことに突然気づく。
当り前なんだけど。

というのは、
ひととおり譜面が頭に入った上で、
更にどんな演奏をしなければならないかという練習段階に入るということ。
今の自分の演奏や解釈が、スキだらけなのが突然見えた感じ。
カンペキに指が動くようになってからでなければ見えてこないみたい。私の場合。

次のステージに到達できたようで、ちょっとほっとする。
そうじゃないと、人前で演奏できない。

「スノーマン」。
昨日作った伴奏を録音して吹いてみた。
悪くないんじゃない?
アルトリコーダーかオカリナがいい感じ。

もうちょっと早い時間帯に練習しよう。
最近練習時間が長くなっているので、近所迷惑じゃないか心配・・・

改修中

公園の溜池。
溜池
また改修工事してるみたい。

こうして見ると、何かの遺跡のようである。
だいたい遺跡なんてこんなものか。
「灌漑設備と思われる」とか。

水は減っても、鳥はたくさん。
魚は住みにくい。

ニラ玉ラーメン

野菜片付け作戦。
ニラ玉ラーメン
効率悪し。

テキトーに作ったら感動的においしかった。
特にニラの煮え加減が。
二度と作れない。

備前焼のどんぶり大活躍中。

きょう立冬

吉舎へ。
山道は紅葉がキレイ。黄葉も。

銀杏の葉っぱ、この間までまだ青かったのに、一気に燃え上がるような黄色。
曇り空で、雨もぱらぱらという天気だったけど、
却って色鮮やかに見える。

お昼は、まだ行ったことのない喫茶店へ。
えれがんと
山奥に、こんなにステキなお店が。
この辺も葉っぱが色とりどり。
紅葉
モッツァレッラと生ハムのサンドイッチ食べられてゴキゲンだった。
店内にグランドピアノがあった。
気になる~
また今度ゆっくり来たい。

午後はアンサンブル。
「スノーマン」、ちゃんとキレイに聴こえた。
以前練習して放ってあった現代曲、
今日合わせてみたら意外とイケそうな。
コンサートの新たな候補曲としてまた練習することに。
Vivaldiの協奏曲も、いくつか候補があるんだけど、
どれもいい曲で、あとは腕次第。
プログラム立てるのって難しい。

実りある一日になった。

型紙製作中

20081108162905
このところ模造紙大量消費。

気が向いたときにすぐ作れるようにと思って。

自分でパターンの製図は出来ないので、写して切るだけなんだけど、

ハサミ使うの苦手…

いきなりハマる

20081108215511
裂き編み。
シャツを作ろうと布を裁ったら、細長い端切れがでたので。
わざわざ新たに布を裂くのは、なんか違うと思っていたが、
始めてみたらおもしろくて。

鍋敷になる予定。

大好きなタータン・チェックの布も無駄なく使えて結構なこと。

ウォークマン

行きつけの珈琲店。
この頃朝にオジサンの4人連れとよく行き合わせる。
毎日来ているらしい。
広いテーブルに陣取って声高に話す(しかも大抵の場合何かに怒っている)ので、
今日はウォークマンを持参した。

普段は外では使わない。
巷で見聞きすることもおもしろいから。
人なかで、しかも独りになりたいときに使う。

で、使い時かなと思った頃に、
件のオジサンの話がふと耳に入った。
「同じ花瓶でも、信楽や備前のものは花の持ちが違う」
今日はなんだか趣が違う。
4人ではなく2人で、小さいテーブルで話していた。
2人は都合が合わなかったとみえる。
そうすると、声もそんなに張り上げない。
ちなみに、ここいらの方言では備前を「びじぇん」と発音する。
ちょっと憎めない。

思わぬ出来事や情報が転がっているので、
街なかに居るのは嫌いではない。

ウォークマンは使わずじまい。

イケてない朝

なかなか寝つけなくて
眠りの質も悪かった
そんな夜の
翌朝は決まって
寝癖もひどいような

短日

駅前。
日が短くなって、はや夕方の風情。
暗くなりかけた空って、かえってくっきり見える。
夕方、駅前
帰宅したら、もう夕暮。
冬夕焼
テレビつけたら、魁皇勝ってた。
脚すご~く痛そう。
でも休場したらお客さんガタ減りだろうね、九州場所。

きのうハロゲンヒーター出した。
なんだか初冬の風情満喫。

ロングシャツ

軽く発熱。
家でおとなしくしてることに。

裁断まで済ませてあったロングシャツに着手。
タータンチェックのダブルガーゼ。
ロングシャツ
ゆったりした感じの服って、自分で作れそうな気がして買えない。
なかなか実際に作るところまではいかないんだけど。

簡単だったわりにいい感じに出来た。
一枚で着ても重ね着でも、コート風にはおっても。
(・・・というのは本に書いてあった)

ベルトが無いと、教会の聖歌隊風。

お散歩・初冬

快晴。
お散歩日和。
本日は5名で。
時々行く、溜池のある公園へ。
1時間ほど歩いたら温まった。
入口から
紅葉もずいぶん進んだ。空に映えてキレイ。
快晴!
黄葉も。
柿落葉、桜落葉、すずかけの葉っぱも。
この街はバラの花を大切にしていて、公園にもキレイな花が。
いろんな種類。いろんな色。
冬薔薇・オレンジ

冬薔薇・黄色

冬薔薇・ピンク

相変らず水は少ないけど、鳥も元気。
鳥の溜り場
うららかな陽気の中、お喋りしている間ほとんど動かず。
ホントに気持ちよかった。

目頭が・・・

腫れた。
小さい頃からジンマシン体質で、
大事な発表会の朝とか、
宿題の作文を徹夜で仕上げた翌日とか、
しょっちゅう顔が腫れあがっていた。
2時間もすれば消えるので
遅れて学校へ行っていたものだった。

年食ったら神経が雑になったのか、
ジンマシンも出なくなっていたのだが。

ちょうど目頭の辺りが見る間に腫れてきて(見えないけど)、
そのせいで涙腺が圧迫されたらしく、
涙が止まらなくなった。
人間の身体って、些細なことで制御不能になるんだね。

あした出発

20081113183515
初めて行ったタイ料理店。

現地で買い付けた雑貨やタイシルクも扱っていて、また時々行きたい店だった。

その後、アジアモードのまま別な雑貨屋へ。

タイシルク我慢したのに、「リサイクル・シルク」の玉を買ってしまった。
絹の屑糸を紡いだもののよう。
とにかく色がキレイ

あした出発なのに。
持ってっちゃおうかな

帽子とバッグにしようと思って買ったけど、ベストなんかも良さそう。

先延ばし

今日までに
俳句を5句投句して
先月末の「おひさま句会」の句会報をまとめて
すがすがしく出発しようと思ってたのに
のに

思考回路停止・・・(-_-)

関係者各位 ごめんなさい m(_ _)m
函館に持って行きます。

前日にバタバタするのや~めた

函館

20081114213704
飛行機を乗り継いで無事到着。
思ったより暖かかった。
厚着して来たのに

イクラ漬けて待っててくれた。

海の幸~

野菜不足だけど。

食べ過ぎないように、健康に過ごさないと。

それほど寒くないのに

20081115075604
朝。
ストーブにあたってる。

触ると熱くなってる。

雨がふってて
暖かいので

余裕のあるあたり方

暖かい

20081116145805
函館3日目。

暖かい。

返り花多数。
たんぽぽも咲いてた。

珍しいなと思ったのが、
南天の花と実が並んでいる風景。

水曜日から寒~くなる予定

収穫!

20081117095804
建売住宅の小さなスペース。
ふつうは駐車場にしたり芝生を植えたりするところ、
父は開墾して畑に。
すごく狭いのに、次から次へと絶えず何かが育っていて、

この度大根の収穫。
小ぶりだけど上出来。

後は白菜を残すのみ。
雪が積もるまで忙しい。

あと10日

本番まで10日。
自分のステージの曲は責任持って練習するとして…

今回のコンサートは両親の歌と私のリコーダーという構成なのだが、
歌曲のそれぞれ1曲ずつにリコーダーでオブリガートを演奏することになった。
事前に楽譜を送ってもらうほどのこともないだろうと、思っていたのだが、

いざ見てみると

1、歌のリズムが全然とれていない
2、歌の楽譜のみを渡され、「テキトーにオブリガートを付けろ」と



ダイジョウブかい

ま、あと10日あるし

降ってきた

20081119130305
そろそろ積もるかも

寒波来る

20081119212215
浮寝鳥水の続きの空を行く

小春日のチーズドッグに暮れ残る

冬西日得て富士山の細りけり

着陸体勢主翼に立ちし冬の虹

太陽が水面を乱し鴨の声

マフラーをしてまたしても招き猫

寒波来る産業道路真っすぐに

ひと晩で…

20081120093203
積もった
お見事。

水道の水も冷た~~い

最初のうちだけキレイだなどと喜ぶ。

練習の甲斐あって

ピアノ。

ずっとサボってて、
すっかり指が弱くなり、
何を弾いても指が転んでどんどんテンポが速くなっていたのだが、

やっと一定のテンポを保てるように。

すばらしい \(^O^)/
グランドピアノは良い

笛吹かなきゃならないんだけどね。
本番間近の逃避行動です

リフレッシュ

ふるさとというのは、「時間」というものを意識させられるものだなと実感。

ローカルニュースで高校の話題があって、
そこに登場していた白髪頭の教頭先生が、
高校生時代に国語を担当していた○塚先生だということに気付く。
私は直接授業を受けたことはないけれど、
当時は30代だった先生も、ちゃんとみんな一緒に年を取るんだなと、
ごく当り前のことに感じ入る。

午後、中学時代からの友人に会う。
彼女の印象は今になってもあまり変わらなくて、
いつ会っても同じ調子で話ができる。
幼なじみって不思議なものだね。
彼女は変わらないが、彼女の娘さんが会う度に大きくなっていって、
これはこれで、私が気楽に送ってきた歳月というものを感じさせられて。

昼食を予定していたイタリアン・レストランに行き着けなくて(もしかして閉店)、
向ったのが、二人して以前から気になっていた韓国冷麺のお店。
本格的で、麺も白麺と黒麺から選べた
その後行った、ケーキ店併設のカフェも申し分なく、
お喋りも楽しく、いい時間。
「デザートプレート」、見た目も味もカンペキだったが、
写真撮るの忘れた。残念。
こっちに居るうちにもう一度くらい行きたい。

みぞれが雨になったりという天気だったけど、夜には練習もしたし(笛の)、充実した一日だった。
ブートキャンプはお休み。

 | HOME |  »

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。