ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとお散歩

五稜郭へ。
20090801130420

予報に反して晴天。日差しも強い。
川沿いの道を行く。
空は何だかもう秋の風情。
20090801130803
五稜郭のお堀にも川にも、鴎がいた。
20090801125808
ヒルガオ。
20090801125609.jpg
と、アカツメクサ。

新生函館丸井今井で買い物して、小一時間の行程。
あなどってたら汗かいちゃった。

スポンサーサイト

買い物

20090801231340
リコーダーのジョイント部分に巻く絹糸を買いに手芸店へ。

必要なのは絹糸だけ。

つい楽しくなって…

合流

20090802224234
ピアニスト来函。
この1、2年、目まぐるしく状況が変って、
最初は歩いて15分のところに住んでたのに、車で1時間半のところ(同じ県内)に彼女が転居、
更に1年後には私が兵庫県に引越。
去年の初夏には彼女の郷里の徳島を訪れ、
今年は函館でコンサート。

どこへ行っても同じ調子で食べたり喋ったり。
なんかスゴいな。

私は人と仲良くなるのに時間がかかる方だから、ホントに有難いことだとしみじみ思う。

めでたい気持ちを表して、寿司

到着早々合わせも出来て、フル稼働の一日。
楽しい思い出になるよう、練習頑張りましょう。

久しぶり

運転している。レンタカー
函館の町なかを走るのは、ほぼ初めて。

楽しい

やっぱり車あると便利。
楽しくなってあちこち。

気温↑

20090804102417
朝から太陽

今日は暑いみたい。
板の間にお腹つけてます。

慣れてきた

クルマの運転。
ほぼ3ヶ月ぶりだったけど、
ここまでぶつけもせずに(当り前か)快調。

楽しいです。
コンサートさえ無かったら、襟裳岬に行きたいところ。
せめて役に立とうと、父の送り迎え。
私が免許を取るまで、実家の家族は誰一人として運転免許を持っておらず、
それはそれでちょっとした自慢であったりもしたのだが。
あれば使うのね。

もちろん練習も楽しいです。
伴奏者が来てから、プログラムの曲のイメージも固まり、
気持ちがちょっとラクに。
これまで楽しく遊んできたから呼吸も合うし(目一杯合わせてくれてるのかもしれないけど)、
真剣な遊びの延長としてこの場があるということを忘れずに、楽しい雰囲気を会場に持ち込めたらと思う。
出来ないものは、いまさらどうしようもないしね。
・・・開き直りモード。

お休み

順調に、というかこちらの調子と関係なく、
また週末。

草野心平の詩で「冬眠」というのがあって、
本文は「●」がひとつあるのみ。
同じ沈黙でも、
「沈黙」を何らかのかたちで表現するのと
まるっきり素通りするのとでは
意味合いが変ってくる。

というわけで、本日、中身が無いながらも更新。
今日も元気でした。

朝靄の中

コンビニまで。
視界不良
近くのビルもよく見えず。

函館はこの季節、すぐガスがかかる。
観光シーズンなのに、夜景も見えづらいことが結構ある。
今日、別々の便で2名到着の予定。
晴れてくれ~

植物たち

20090808072404
グラジオラス。父方の曾祖母(花屋を営んでいた)が好きだった。
20090808225625.jpg
八重咲きの額あじさい。あまり見たことなかった。
20090808230216.jpg
朝靄の中のナナカマド。もう色づいてる!
20090808230632.jpg
数日前に蒔いた大根。整列。
20090808231009.jpg
白樺。大沼の手前で。昼頃から強い陽射。

やっぱり馴染みのある風景。



着陸後

20090808234746.jpg

空港の駐車場にて。

空が広い。

無事に終了。

20090809220902
コンサート終わりました。
打ち上げも恙無く。

詳細は後ほど~ (-_-)/

皆様ありがとうございましたm(__)m

返却

20090810102240
お世話になったレンタカー。
1週間も乗ってると、愛着も湧く。

無事に返却。
いっぱい走ってくれて、ありがとー(T_T)/~

観光日和

20090810174424.jpg

幼なじみと
いつものコース。

8月9日コンサート:プログラム

第1部 ルネサンスと初期バロックの音楽 (リコーダー&ピアノ)
 ソロ(ソナタト長調):パーチャム
 グラウンドによるグリーンスリーヴズ:作曲者不詳
 ソナタ・プリマ:カステッロ
 協奏曲ヘ長調「海の嵐」:ヴィヴァルディ

第2部 オムニバス・・・それぞれの音楽
 古風なメヌエット(ピアノ独奏):ラヴェル
 幻想曲 第1番、第3番(リコーダー独奏):テレマン
 「リバーダンス」より(リコーダー&ピアノ):ウィーラン
   キャスリーン伯爵夫人
   心を癒して(バリトン独唱)
   アメリカン・ウェイク
   リバーダンス

第3部 20世紀の作曲家による音楽 (リコーダー&ピアノ)
 グリーンスリーヴズによる幻想曲:ヴォーン=ウィリアムズ
 「悲しみに沈む心」による瞑想曲:ラブラ
 パルティータ:ライツェンシュタイン
  1.エントラーダ 2.サラバンド 3.ブレ 4.ジグ

<アンコール曲> カノン(リコーダー&ピアノ):パッヘルベル


休憩時間も含めて、1時間40分のコンサートでした。

続きを読む »

本日も

観光。
ちょっと五稜郭まで。
20090811135014

晴天 5日連続の夏日(真夏日じゃなくて)の予報。
こちらとしては大変な暑さ続き。
20090811130224

「真摯なアマチュアゴルファー」が本日暑~~~い関西へ帰宅。
お土産買いに来たついでに星形の一辺を歩く。
ゴルフもしっかり

ダレてます

20090811152429
ここ数日こんな。

こいつも関西では暮らせないね。

またしても元町

用があって来てるんだけど、
どう見ても観光モード。
その辺にいい景色が横たわってて結構なこと。
20090812150408.jpg
ハマナスの実。すっかり色づいた。
20090812151024.jpg
昼食を摂った「蕎麦ダイニング」。
蕎麦茶のソフトクリーム・・・の台。
20090812151222.jpg
萩咲いてる。
20090812152212.jpg
ハリストス正教会。
もう秋の空。
教会って空の見せ方が上手いなと、変なところに感心する。
20090812151943.jpg
赤レンガ倉庫群から函館山を望む。この倉庫のひとつがリサイタルのあったホール。
開港150周年関連のイベントもあってクルマ多数。

そろそろ頭のネジを締め直さないと。

雨に咲く

20090813115226.jpg
鬼百合。百合といってまず思い浮ぶのがこれ。
20090813115007.jpg
と、グラジオラス。優しげな色合い。

雨もまたよし。

歩いてます

20090814101043
五稜郭めざして
川沿いの道。
20090814134645.jpg
昨日の雨で増水。

赤松の下

20090814110214.jpg
五稜郭公園の中。
気に入りの場所。

蝉鳴いてる。
梢の方に居るとみえて、
高くて遠い。

風が来ると涼し~い

ラーメンスープの素

20090814144608
スーパーで見つけた。

そういえば、子どもの頃、家に常備してあった。

すっかり忘れてたけど、確かに見覚えのある、この不思議な図柄。

う~ん、懐かしい
思わずひと缶購入。

兵庫に帰ってから作ろっと

味噌ラーメンには、もやしと挽き肉があればカンペキ

野良仕事

20090815175614
坪庭で穫れたじゃがいも。
7月の長雨のせいで小粒。
でも実りに感謝
20090815174827

更に働いてます。
このあと大根蒔くんだと。

どっかから…

20090816111405

種が飛んで来たらしい。
知らないうちに育ってた。
20090816110821

咲くとこんな。
キレイ。結構強いんだって
何て花だろう。

ハワイアン

地元のフラダンスグループの合同発表会。
今年10周年だそう。
舞台にハワイアン・バンドが出て、本格的。
フラダンス、生で見たのは初めて。
歌詞の内容や動きの意味など、知らないことばかりだったので、プログラムや司会で説明してくれるといいのにと思った。お客さんは皆詳しい人ばかりだったのかもしれない。

「古典フラ」が見られて嬉しかった。
呪的で緊張感のある舞台だった。

なんでも「古典」好きだな。

墓参

お盆休みも明けて、ようやく墓参り。
20090817162010.jpg
「函館どつく前」。市電の終点。
晴天だけど、風が爽やか。もう初秋の様相。
20090817155820.jpg
前面には海。背後には函館山。
眺めの良い墓地。
20090817152003.jpg
曾祖母はお花屋さんだったので、供花も吟味。カーネーションが元気。
りんどうキレイ。
陽射しが強くて、海も輝いている。
季節柄か、少し霧が出始めた。
それはそれでいい感じ。

帰途、いつも寄る蕎麦店。
20090817162907.jpg
滞りなく日程終了。

そろそろ帰ります。

友人来訪

中学校時代からの友人が来てくれた。
中学校時代というのは「幼なじみ」の範疇になるのだろうか。
リコーダー持参。

学校の文化祭でリコーダー二重奏をしたことがあって、
彼女を誘って無理矢理猛練習させて、
きっと良い演奏ができると確信してのことで、
実際立派な舞台になったのだが、
今思えば、さぞかし大変だったろう。
他人のペースを考慮しない中学生だった。会うたびに反省している。

じつは私が今日あるのは彼女のお蔭で、
一時期、些細なことから「もう笛は吹けない」と思い込んでいたことがあった。
で、5年ほどロクな練習もせずにいたのだが、
そんな時に彼女の結婚式で演奏の依頼があった。
吹いたら、みんな喜んでくれて。
「吹いて良いんだよ」と言ってもらった気がした。

そんなこんなでリコーダーが何となくつながっていて、
先日のコンサートにも来てくれた。
「グラウンドによるグリーンスリーヴズ」が気に入ったようで、
さわりの部分を一緒に吹いてみる。
子育て中で指がなかなか思うようにならないけど、彼女の頭の中に流れている音楽は大きくて、
いつもとっても楽しい。
ずっと笛を持っててくれて、ありがとう。
いつか、また二重奏で舞台に立とうね

熟睡

20090819091210
お見事な丸まり具合。

帰宅

本日無事に帰宅。
神戸に着いた時点では夕方だったこともあり、さほどでもなかったが、
自宅2階の暑さといったら。
エアコン無いし。
扇風機点けても熱風が来そうな・・・。

Fellini の映画「道」の中に、
「あんたといる所が私の家だわ」という台詞があったけど、
暑くても、物価が高くても、
ここが家なんだなと、
なぜかしみじみ。

涼しいし、食べ物おいしいし、
函館の居心地が良かったから、却ってそんなことを思ったのかもしれない。
今回、函館ですべきことをしっかり出来たから(ラーメンもいっぱい食べたし)、
また気持を切換えて頑張れるかな。

手抜き…

20090820074613
とりあえずこの辺で。
自分の食器で摂る食事、

落ち着く

蝉元気

再始動

だいたいいつも、
なにかイベントが終るとしばらくぼーっとしてしまうのだが、
いちいちそんなことでは時間が足りないと思い始めた今日この頃。

つまり下り坂にさしかかってるのね。

コンサートのDVDが出来たので、当日来られなかった人に送ろうと準備をしたり、
iPodの情報を更新したり(つまり遊んでるのか)、

そうそう、9月に福岡で開催される「古楽音楽祭」に参加することになった。
アンサンブルのメンバーが音楽祭のことを教えてくれたので、珍しく急いで問い合わせて、
ぎりぎりエントリーした。リコーダー・オーケストラ。
もっと早く知っていれば、個人レッスンも受けられたようで、
是非次の機会に申し込んでみたい。

楽譜が届いていたのを今日やっと開封。
ヘンデルだった。
バロック全般にも言えることだけど、
特にヘンデルの曲はきっちり作りこむ印象が強くて、
ちゃんと勉強する機会が欲しいと思っていた。
今回ほんのちょっとでも触れられるのは嬉しいこと。
ピッチの低い笛を鳴らさねばなりません。

世界を広げないとね。

 | HOME |  »

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。