ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倉敷へ

教会 倉敷
倉敷! 晴天
久しぶりの街並。
・・・って、今回は「元下の階の住人」さんにいろいろ案内してもらいながら、
自分がいかに倉敷のことを知らないかを自覚。
この教会も初めてちゃんと見た。
きっとぼーっとしに行ってたのね

まず阿智神社へ藤を見に。
阿智神社というのは、この地の発展に大いに貢献した渡来人、阿智一族ゆかりの神社。
ホームページはこちらから
阿智一族の祖、阿智使主(あちのおみ)は応神天皇の時代に渡来したといわれ、その一族は様々な技術をもたらし、この地の発展に多大に寄与したという。
あちこち検索してみると諸説あるらしく、「実在の人物かどうかは不明」というものも。
そこにあるのが樹齢300年の大藤。
阿智の藤
けっこう咲いてた。つつましげな花。
風の強い日もあったりして、咲ききる前にだいぶ散った模様。
それでも300年、やっぱりすごい。
「藤祭」の最中で、茶席あり、大正琴の演奏あり。
周りにも藤棚多数。

藤の花・2 藤の花・3  
藤の花・1
いろいろ種類があるのだね。

倉敷は「民芸運動」の一大拠点でもあり、現在も様々な工芸品に気軽に触れることができる。
古い蔵を生かしたレストランや、工芸品のお店がたくさんあって、新しいものもずいぶん増えたような。
「気軽に」というところが心意気。町の景観を守ろうという姿勢も、通じるものがあると思う。
作陶展 酒器
備前焼の作陶展も

そんな気運を大きく後押ししたのが、実業家大原孫三郎による援助。美観地区には美術館を始めとして、彼の足跡が偲ばれるものが多数。

大原邸
大原孫三郎の別邸「有隣荘」。
病弱な妻を気遣って建設されたという。
連休中につき特別に一般公開。
庭といい欄間といい、凝りに凝って作られたもの。細工が素晴しかった。
現代アートの展示が行われており、ちょっと落着かない気がしないでもなかったが、
それはそれで面白く。
磧の色彩が独特とのこと。

丁寧に作られたものを見るのは気持ちも引き締まって良い。

昼食は知久250年の蔵を改装したレストランで。
昼食
天井が高く、立派な梁が。
気持ちよく食事。

古い町並みをそぞろ歩き、心潤って帰途に。
次回(また行くつもりでいる)はもっと下調べをしてから行くと、また違った見え方がするかも。

今回の収穫
収穫!
作陶展で購入した蕎麦猪口と、
以前欲しくて探していた『別冊太陽』の浮世絵シリーズ「写楽」(T_T)

日焼した甲斐がありました

スポンサーサイト

二重仕立の小箪笥

完成
小箪笥
柄は「七宝繋ぎ」。
引き手は段染めの紐を使って。ちょうど柄和紙にぴったりの色合いだった。
穏やか~
穏やかな顔に仕上がった
角度を変えると表情も変る。
柄合せ
柄合せもきっちり。
けれど、柄が細かくてイマイチ伝わってない

余った切れ端で栞作った。
100502_130000.jpg

昨日倉敷に行ったのが良く作用したかも。
いいモノ見ることは大切。

移動日


函館へ。
関空に昨年オープンした"ブルーシールアイス"
紅芋。わーい

天気もよく、旅程順調
猫も元気。
「真摯なアマチュアゴルファー」になぜかなついてて、早速膝の上。


桜はまだみたい。

薄曇


太陽におっきな暈が。

光が入らないギリギリの範囲で撮影。

何ていうんだっけ、こういうの。

行楽日和

友人と会う。
ホントは一緒に笛を吹いて遊ぶはずだったのが、
自宅から宅急便で送った楽器と楽譜が間に合わず(しかも会う約束を取り付けた時にはそのことを忘れてた)、
結局楽しいお茶の日に。


気に入っている洋菓子店のカフェ。”季節のプレート”
とにかくクリームが美味しいのは、牛乳が良いのだろうか。

せっかくの晴天なので、赤川水源地まで小ドライブ。
20100504235424.jpg
”お花見”の人でけっこうな賑わい。ジンギスカンもしてた。

桜はこんな状態だけど
20100504233009.jpg
ここはいつ来ても早春の趣きなんだよな。

思いがけず良い空気も吸えて、
次回は笛吹くのです

駆け足

亀田川沿いを歩いて五稜郭公園へ。
20100505221422.jpg
横津の雪解水か、川の水かさが増して勢いもよく。

桜はまだ蕾。でもジンギスカンやってた

更に西部地区へ。


電車にも乗った。
「函館どつく前」「函館どっく前」になってた。つまり「つ」が小さくなってた。
マイナーチェンジ。

五島軒本店で食事。
昔ながらの「洋食」が味わえる。


20100505163805.jpg
正しい函館観光
 

土産の品


「真摯なアマチュアゴルファー」帰途に

土産に選んだのが「チーズオムレット」。
確かに美味しいし、オススメなのだが、
連休の最終日の昨日は、取り扱っているどこの店も長蛇の列。しかもあっという間に完売で入手出来ず

そんなにチーズ好きなのか、みんな。

で、どうしても欲しかったらしく、今朝一番で再び出向き、ついに購入。

よかったよかった。

寒くなった

昨晩から雨。本格的。
今日の昼過ぎに雨は上がり、夕方には日も出てきたが、かなりの強風
すっかり気温が下がった

ストーブ点火。
猫動かず。

来週もっと寒くなるって。
最高気温8℃くらい…

咲いた!

五稜郭~
20100508181437.jpg 20100508181023.jpg
やっと花見の体裁が整った感じ。
花見時に訪れるのは何年ぶりでありましょう。
樹の間には提灯が。
沢山の人出。

とはいえ、あいにくの曇り空
暗くて寒い~

ところで、北海道の花見といえばジンギスカンが付きものだったのだが、
よく見るとバーベキューをしている人が多いような。
花の下にラム肉とジンギスカンのタレの匂いが充満するのもどうかと思っていたが、
廃れると多少淋しい。
いずれにせよ、大層な盛り上がり。
じっとしてると寒いしね

おこぼれを狙ってか、カモメ多数。
20100508180433.jpg
目つきが悪い。
前からこんなにいたっけ、カモメって。
20100508175805.jpg
全体では五分咲きってところかな。まだまだこれから。
こんどは早朝に来てみよう。

シメは山川牧場のコーヒー牛乳(ホット)。
20100508175406.jpg
週明け、風邪ひきが増えないことを祈ります。

レトロバス


「凾館浪漫號」だそうです。

猫バスかと思った。

後姿が丸くてカワイかった。

色々やってるんだね~

晴れた!

といっても、大きな雲もあり、風も強く、明るくなったり暗くなったり。
20100509231649.jpg
ふたたび五稜郭。
20100509225100.jpg
時折晴れ間がのぞくと、空の色がホントにキレイ。
北の空の色。
20100509230855.jpg

堀の内側は風もおとなしく。
20100509230024.jpg 20100509232407.jpg
それでもずっと外を歩いているとかなり冷える。

週末の二日間、千代台の球場で日ハムv.s.楽天の試合があったけど、
寒かったろうね
昨日は投手戦、今日は満塁ホームランも出て日ハム2連勝。

本日のシメは山川牧場の白牛乳(ホット)。

香雪園

「雪の中に梅香る園」という名。知恩院の貫主による命名とのこと。
20100510165213.jpg
庭園は20世紀初頭に京都から庭師を招いて造成された。もともと別荘地であったものを、持ち主の岩船氏が広場や公衆便所を増設して昭和2年に一般に開放。その後隣接のゴルフ場や運動場を含め「見晴公園」として長年市民の憩いの場となっている。
平成16年には北海道で唯一の国指定文化財庭園となった。

訪れたのは小学校の遠足以来。
こんなに気持ちのいい所だったとは

?
梅と桜が一緒に咲いておりました。
近くには温室。
20100510163659.jpg
明治41年に完成したという(!)煉瓦造りのもの。
なんてステキな

園内は手入が行届いていて、北海道ならではのもの、本州から移植されたもの、多種多様。

桜は咲き始めたところ。山だからね。
?
「マメザクラ」。しずくみたいに咲く。

書院造の「園亭」。
茶会なども執り行われる。
20100510164810.jpg 20100510164213.jpg
ガラスの一部は明治時代のもの。縁側にガラス戸があるのは、冬対策でしょうか。
?
園亭からの眺めも良く。

いろんな花、いろんな生き物。
鶯が盛んに。黄鶲、蛙、
? DSCN4631_convert_20100510200721.jpg
赤松並木、白樺並木、エンレイソウ、カタクリ、蕗(風向きによって香りが)、

?
エゾリスも居た!

毎日訪れる人々。
香雪園が好きで、近くに越して来たと言う人、
池の鴨にパンをやりに来る人(手を叩くと寄って来る)、
夫婦で歩く人、
地元の人がたくさん訪れる場所というのはいい所だと思う。

季節ごとにいろんな表情が楽しめそう。
紅葉の頃もぜひ見たい

観光

寒い
風が強い。

またしても五稜郭。
タワーに登ってみた。
20100511181043.jpg
星形もくっきり。
桜の頃も良いけれど、躑躅が咲き揃うとホントにキレイ。

それにしても寒い。
今日もあちこちに青いビニールシートが。あっぱれである。

昼食は外観もステキなフランス料理店へ。
20100511183204.jpg
気軽に食事できて、デザートの自家製ケーキも美味しかった

この寒さの中、更に元町方面へ。
いつも付合ってくれる友人に感謝 m(_ _)m

様々な工芸家の作品を扱う「工芸舎」にて、
草木染めの絹の糸を購入(編み物用・・・また買っちまった)。
近くの喫茶店で休憩。
20100511181808.jpg
蔵を改装した店で、帰省の際にはほぼ必ず立寄る。
抹茶碗の絵柄が、店の正面(”やど”と書かれた暖簾が下がっている)を表していて面白かった。
物語が感じられるような。

本日の最高気温10℃ほど。
そろそろ関西の暑さが心配になってきた

今日も寒い


気に入りの場所を見つけた模様。

朝からず~っとココ
念のため、猫です

旧交


小学校の同級生と再会。
卒業以来かも。

ひょんなことから連絡が取れて、会うことができた。

あまり雰囲気も変わらず。
勿論お互い積み重ねた年月相応に色々あっただろうけど、

元町の蕎麦店で楽しくお喋り。
玄米ご飯の定食やカレーも人気の店で、デザートの蕎麦アイスも美味

気がついてみたら今でも一緒に楽しく過してくれる友人が函館に複数人。
とっても恵まれていると思う。

またよろしくね~(^-^)/

帰着

本日帰宅。
そういえば引越して1年余りが過ぎた。
来年の今頃はどこに居るのか見当もつかないが、
いまはここが”ウチ”なんだとそれなりに実感。
また頑張りましょう

ところで、時季はずれではあるが、

「続おひさま句会」で話題になった(私が勝手に話題にしただけだが)北海道の百人一首の歌留多。
勢揃い
こんな風になっております。

読み札には一首全部、取り札(木札)には下の句だけが書かれてある。
基本的に下の句しか読まない。
だから歌を知らなくても木札の文字さえ読めれば取れる。
詳しいことについては、こんなページを発見。

10枚積むとこんな厚みに。
10枚
時代劇の博打(「丁半揃いました!」ってヤツ)を何となく彷彿。

3人一組の団体戦が主で、小学生の頃は子ども会の歌留多大会で優勝などしていたのだが、
日本全国この方式なのだと思っていた
本州に住むようになってからは、とんとご無沙汰。

得意札。
得意札
左から「くだけて物をおもふころかな」、「我衣手は露に濡れつゝ」、「名こそ流れてなほきこえけれ」。
上の句省略。

歌の内容というよりも、見た目重視。

白熱してくると、木札が飛んでなかなかの迫力。
たまに割れる。
楽しかったよな~。

再始動!

飛行機の窓から
俳句ブログも更新せず、
函館での日々に集中していたところ、
こちらでの日常における諸段取りが、ぶっ飛んでいた。

再構築するいい機会かも

帰省すると、いつも自分の中身が少しシンプルになるような気がする。
これを忘れずに、為すべきことをシンプルに。
ホントに必要なものって、そんなにある訳ではないし。

薄暑の中

歩く。
いつもの週末。

いきなり暑い。
アスファルトの照り返しなど、なかなかに
でも夏本番の暑さはこんなものじゃないし。

5月5日が立夏。
こちらはやっぱり夏だなと。
すっかり青葉の中。

最近俳句がさっぱり出来なくなってて、
自信を失いつつあったのだが、
いいものいっぱい見てきたし、
そのうち何か湧いてきそうな予感。

とりあえず、健康に過そうと、
100516_192818_M.jpg
焼さつま芋ご飯&ソーセージ&ほうれん草の油炒め。
ほうれん草多すぎた・・・

アスパラ!


今年も来た~

天候不順で北海道の農作物は打撃を受けて、アスパラも発送が予定より遅れていたのだが、
無事に育ってよかったよかった
これで初夏が訪れた感じ。

昨年同様、3色のアスパラとレシピが入ってる。

食べるの楽しみ~

5/17パット練習

18/21

パット練習復活

(更に素振り&数本パッティング 代筆:ぶちこ)

略語

今日知った。

マステ→マスキングテープ

普通に流通している略語であろうか?

先日訪れた倉敷は、この頃の「マステ」文化発祥の地だそうで、
雑貨店には豊富な色柄の「マステ」が積まれていた。
見てる分にはキレイで良かった。
あまりに色々あって選べなかった・・・。

楽譜貼ったり封緘に使ったり、
私が先にやってたのに
「時流に乗る」って難しいことね。

歩数計


導入。

函館での10日間で、
2kg余り増量

通販のカタログで見つけた、歩数が五街道の道程に反映されるタイプのもの。
いろいろゲーム感覚のが出てるのね。

とりあえず「東海道」に設定。京の都を目指す

昨晩うっかりパジャマの胸ポケットに入れたまま寝た。
起きて見たら400歩ほど増えてた

中花饅頭

幼少時、「ちゅうかまんじゅう」といえばこれのことだった。
100519_094906.jpg
銅鑼焼の眷属と思っていただければよいかと。中身はこしあん。
羽田空港に似たものがあったような。顔の付いたヤツ。

北海道特有のものらしい。
葬式や法事の際の引き出物としてお馴染みだった。
今回の帰省は法事のためで、ひと箱(5個入)持って帰宅。
他のところは端折っても、これは必須だったらしい。
日持ちはしないので冷凍保存。

懐かしい味と習慣。

北海道限定といえば、
子どもの日に出回る「べこ餅」も他所では見掛けない。
近所のスーパーで「べこ餅粉」を売っていて、5月5日に家族みんなで作って食べた。
今回も「べこ餅粉」を見つけて、
悩んだ挙句購入せず。
蒸したては美味しいんだけどね。

5/19パット練習

18/26

雨のため外での素振りは休み。

(残業っていうか、定時を過ぎてからがホントの仕事っていうか・・・ 代筆:ぶちこ)

雨上がり

雨の残る中、神戸へ。
100520_110749_M.jpg
生田の森の樟の樹も表情が違う。
ちょっと近寄りがたい感じ。
100520_111100_M.jpg
「竹の皮脱ぐ」。
ホントすごい勢いで伸びる。
若竹の色もすがすがしく。

気温高め。湿度も

書店で、探していた文庫本を入手。
考え事をしにメリケンパークへ。
100520_135211_M.jpg
海もこんな。
なかなかの風情。

風が出てきて気持ちよい。

午後には陽射しが

レモン&クランベリーソーダ注文初日。
日光アレルギー初日。今年は手首から

11月に

函館でコンサートがあるのだが、
ワンステージ持たないかという話。

バロック音楽に通じた伴奏者の確保がままならないので、
(現代曲の伴奏はワケ分らんし)
無伴奏の曲か、
でもレパートリーがなぁ・・・。

などと悩んでいたところ、
スペインのバグパイプ奏者 Hevia の曲で大層気に入ったものがあり、
気に入るとエンドレスで聴く癖があり、
アルバムの中から数曲をリコーダーとピアノに編曲して演奏できないだろうかなどと妄想。
コード押える程度なら伴奏者の負担も少ないだろうし。
問題は自分で編曲しなきゃならないこと。特にピアノのパート

気になる曲があるとヘッドフォンで聴きながら歩き回る癖もあり、
お蔭で昨日今日と良い運動に
歩数計「五街道」導入4日目、
まもなく川崎到着

やるかやらぬかで迷ったときは、
とりあえずやってみようと思うポジティブなこの頃。
それはいいけど、今日も暑かった~

土曜日~

明日から雨がちになるとのことで、
裏口の草むしり。
「勝手口」のある暮しに慣れていないので、
うっかりすると草ぼうぼうに。

昨日に引続きHeviaの曲を聴きながら調子よく。
孤独だけどあったかい感じがするんだよね。
そんな風に演奏できたらな。

草は大したことなかったが、
前の住人が植えたと思われる樹の、
枝が茂って大変なことに。
100円ショップで300円で買った鋏で片っ端から伐る。
ちゃんと剪定してやりたいのだが。
伐るとこ間違えると変に枝分れしたりするんだよね。

朝飯前のひと仕事のつもりが、昼近くまでかかってしまった。

せっかくだから、夜も健康的に。
100522_223426.jpg
アスパラと蚕豆のグリル焼。
蚕豆は莢ごと♪
なんにもつけなくても美味しい~

5/23パット練習

18/24

グリップを変えてみた。
(ショットの握りに近く)

(メンタルトレーニングの本買ってました 代筆:ぶちこ)

5/24パット練習

18/18

(明日は飲み会のため、二日分まとめて練習です 代筆:ぶちこ)

縄編みのキャスケット(夏用)

以前作ったのと同じ形のものを木綿の糸で。
100524_204446.jpg
ウールの糸とはまた違う風情に。
本体は棒針で縄編み、つばの部分は鈎針で。
糸が緩まないように、力を入れながら編む。

被るとこんな感じ。
キャスケット
表を歩けそうな具合に出来た

雨よあがれ~

 | HOME |  »

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。