ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕暮れ時の散歩

炎暑続きの今週、
毎日2万歩近く歩いてたら、
手足が腫れた。
気をつけてたんだけど。

午前中に長電話。
楽しい電話ではあったけれど、調子が狂って、
夕刻やっと出かける。

雀の樹 雀の樹。

川沿いを下る。

日没
そろそろ日没。今日は多少涼しい。湿度高し

青鷺
青鷺。夕闇に馴染んでます。

運河でカヌーの練習してた。
カヌー
何だか分らない写真になった 
舳先にライトが付いてるんだね。知らなかった。

高速道路もキレイ。
夜景

夜もいいね。
蚊には要注意だけど。

スポンサーサイト

「七月」

川沿い

七月や河原に生命ふくらみぬ

「夏草」

遊歩道

夏草を嗅いで痩猫また急ぐ

忘れ物?

110702_175838.jpg
Tシャツ干してたのかな?

ポイント交換


久々に。

以前は弁当箱やら何やら、せっせと交換してた。

ここで出来た句、沢山あるのです。

「初蝉」

南中

初蝉や門に影なき午下り

虫~

土曜日。

家の中でゴ○○リに遭遇。
どうしても大騒ぎしてしまうのです。
外で素振りしていた「真摯なアマチュアゴルファー」が、
「どっかで子どもが騒いでいるのかと思った」と

最終的には自力で撃退するのだから、
だったら騒がなきゃいいのにといつも思うんだけど・・・


日曜日。

110703_223552.jpg
ミニサイズの蚊取線香を入手。
ミニ蚊遣豚を愛用しているのだが、
需要が少ないらしく、ロ○トで扱いを止めてしまって困っていた。
ハ○ズで発見。ハ○ズ株上昇

月曜日。

スーパーの会計に並んでいるときから二の腕にチクチクした痛み。
棘でも刺さっているような。

帰宅して上着を脱いだら、蟻がいた
よく潰さずにここまで来たこと。
ゴ○○リ以外の虫には寛大に接することが出来るので、外へ逃がす。

自分がどこに居るか分らずに腹立ちまぎれに噛んだのでしょうか。
落ちそうになって喰らいついたのでしょうか。
猟師が狙いを外すほどの衝撃ではないと思うけれど(イソップ寓話の『蟻と鳩』ね)、
蟻のひと噛みも侮れない。

生命の溢れる夏~

「夏燕」

110704_112634.jpg 
川の真上がプラットホーム。いま発車した。


夏燕飛び出でてより風まかせ

「葛切」

CIMG0145.jpg

葛切や清水に雨到るらむ

丸ヨークのサマーセーター

110706_180824.jpg
「毛糸だま」掲載作品。
指定の「ダイヤルリオ」で。5玉使用。

初の丸ヨーク。
初のサマーセーター。
棒針楽しい

またしても編み方がきつかったらしく、ちょっと小さめ。
小柄だから問題無しと思ってたら、
袖口がキツい
これはきつく編んだためというよりは、
二の腕が太いんですね。

この糸、編んでて楽しくて気に入っているんだけど、
やっぱりキラキラ似合わないかも・・・。

「送り梅雨」

110706_132159.jpg
カップの底に「大吉」の文字があったら1杯サービス♪

ささやかな幸せを得て送り梅雨

停滞中・・・

またしても締切が迫りジタバタ
このところ外でいろいろ思いついて張切って帰宅しても、
家に落着くとグダグダしてて、

これは家に霊でもとり憑いているのではないかと。

たぶん和室。

散らかってるし。
一念発起して片付けないと悪循環が止まないような気がしてきた。

紙だらけなのです。

俳句の句会報や原稿依頼、連絡、ぜ~~んぶ封書で来る。
メールが普及してないので、こちらからの原稿もメールで送れない。
faxどまり。
年配の人が多い結社だし、パソコンの普及が若者の本離れの原因だと思っている節もあるし、
そんなことはないんだけどね。

と、他人の所為にしてますが、
要は私の整理下手ということで

頭の中を整理したかったら、身の周りからスッキリさせないと

「小満」

合歓の花

小満や辻を曲りし通り雨

まだ・・・梅雨晴間?

空が広い。
空

西宮神社へ。

わらび餅
わらび餅。出来たて♪

茶店からは池が見える。

亀が。
亀 あくびした!

あとで知ったのですが、
本日梅雨明けたのね。
今年はきっぱりだったね。

「涼し」

青柿 青柿みっけ。


箒目も涼しくありぬ西宮

帽子編んだけど…


これ被るのだろうか?

ほぼ編み図通り。
初めてぐるぐる編みにも成功。
編み目もキレイ。

でも…

小学生の頃冬休みに編んだ帽子を彷彿とさせるというか。

色の問題か?
モデル&スタイリングがいけないのか?←そうだけど

解いてバッグに編み直しても幸薄い予感。

デコる?

「盛夏」

110709_141916.jpg


盛夏来る白昼の路地静まれり

「ビール」

黒ビール
今日の月、明るい。

黒ビール宇宙膨らみ続けをり

湖北(1)

長浜。
CIMG0407.jpg
またしても暑~い

まっきーさんと訪れる滋賀県、これで3度目。
いつも暑い。

関西に住むまで、滋賀県は琵琶湖くらいしかイメージが無かったのですが、
さまざまな歴史的出来事の舞台であり、
いろんな表情があり、とても魅力的。
比叡山、大津、彦根、長浜と、一応琵琶湖を四方から。
表立って主張はしないけど、芯の部分に誇りというか心意気が生きているような、
独特の雰囲気があるね。

街並はきれいに整備されていて、歩き易く。
ガラス工芸が盛んなのを初めて知った。
その中に古そうな店もあり。
CIMG0408.jpg

今回の目的は、
CIMG0394.jpg これです。

CIMG0395.jpg
焼鯖索麺!
焼鯖を甘辛く煮て、その煮汁で索麺を煮る。

「県民ショー」で見て、食べてみたいなと。

焼鯖はもともと、福井県の名物。
滋賀県は、その昔若狭湾で獲れた魚介を京都に運搬する、所謂「鯖街道」の途上ということもあり、
焼鯖を使ったこんな料理が作られるようになったのでしょう。

鯖は骨まで柔らかく。
麺にもしっかり味がしみてて(茶色くないのにね)、
満足の一品でありました。

農繁期やハレのときに作られ、
それぞれ家庭の味があるとのこと。
かなり濃い味になるので(テレビで見たのは思いっきり茶色だった)、
ご飯のおかずとして食べられるみたい。

天気も良く、焼鯖索麺も期待通りの美味しさだったのだが、
ここでお気に入りの手ぬぐい紛失
しかも、店を出てすぐ気付いて戻ったのに、行方不明。
結局出てこなかった。

以前も三井寺で手ぬぐい紛失。
奈良では2度電子機器を壊してるし(舞上がって扱いが乱暴になるのか?)、
特定の場所で特定の失敗を繰返す傾向が

湖北(2)

最大の目的を果し、
足を延ばして大通寺へ。
大通寺についてはこちらをご参照のこと。
CIMG0398.jpg
本願寺の屋根は大きい。
その所為か、どこへ行っても鳩が沢山。
みんな日陰に。

CIMG0400.jpg CIMG0406.jpg まったく暑かった。

せっかくなので、”有料エリア”も見学。
CIMG0403.jpg
創建時の欄間、襖絵、見応えあった♪

木造建築の故か、急に涼しくなる。
庭がまた良くて。
CIMG0404.jpg
本でも持ってきて、日がな一日過していたいような。
風も心地よく。

どんな形でも、精魂を傾けて自分の持てる力を発揮するというのは尊いことで、
だから神社仏閣を訪れるのが好きなのです。

俗世はやっぱり暑く、
CIMG0412.jpg いつものパターンに。

片道ほぼ2時間の小旅行。
途中の風景も楽しんで。
CIMG3395.jpg
板チョコそっくりの外観の、社宅?
まっきーさん撮影。

こんどは信楽か

御用

昨年ウチに入ったドロボウさんが捕まったそうで、
警察から確認やらなにやらの連絡が。
東京の警察からだった。

某元幕僚長のお宅にも入って、お蔭でこちらの件も明るみに。
職業は?と訊かれて「ドロボウです」というような人だったらしい。
プロね。

大したものも盗まれなかったし、
今後の生活に変化があるということもないだろうけど、
やっぱりひと安心。
一件落着。

逮捕されることを「御用になる」なんて言う。
「さっきの手紙のご用事なあに」など連想して、なんだか長閑な物言いだなどと一瞬思うのだが、
昔は「御用の筋」というと有無を言わさず権力を行使できるもので、
「御用」というのはもともとは随分居丈高なことばなんだろうなと、
こんなことでもなきゃ思い出さないような。

西日対策

20110715130211.jpg
小窓に。目隠しも兼ねて。

手ぬぐいには飾って楽しめるものもあり。

でもなんだか視線を感じるような…

台風過

台風一過
予報よりも早く雨は上がり、
まだ不穏ではある。
運河増水。
舟虫張切る。

雨も風も強かったのだけれど、
一緒に来るというよりは、雨と風が交互に来た感じ。

水上スキーの練習してる人が数名

頑張ってるモノを発見。
蝉の殻
台風接近の後、急に数が増えた。
「蝉スイッチ」があるのだろうか?

「舟虫」」

運河

舟虫に約束の地のありにけり

丑の日

土用の丑の日。
「土用」というのはもともと各季節の直前、
立春、立夏、立秋、立冬の前の18、9日間を指すもので、
五行の思想に基づいて土の支配する期間とされる。

現在、立秋直前の土用、それも丑の日がこんなに有名になったのは、
平賀源内さんの所為でありましょうか。

ニュースによると、節電の影響で鰻が人気だとか。
「しっかり鰻を食べて暑さに負けないように」と話す人を見て、
その素直さと真摯さに心打たれる。

小学生の頃、鰻の蒲焼を食べて全身にジンマシンを出し、
今は平気なんだけど、それ以来苦手意識が
穴子は大丈夫だったので、そちらの方が好み。

江戸時代に較べて食べ物の選択肢は広がっているはずだし、
きっと鰻じゃなきゃいけないということもなかろうと。

丑の日じゃなければならないこともないだろうと思うけど、
こんな風に季節を楽しむのも大切よね。
悪いことじゃない。

「夏の雨」

110721_235601.jpg


抽斗の開きしぶりをり夏の雨

難波

なんだか久しぶりな気がしたけれど、
きっとそうでもないのだろうね。

クレープ料理の店へ(必ず食うところから始まる・・・)。
CIMG0456.jpg
メインも、

CIMG0457.jpg
デザートもクレープ。
結構なボリューム。

大阪って何でもあってすごいねぇ。
まっきーさんには色んな所へ連れて行ってもらって、
ふえふき隊に入ってよかった♪

秋以降すでにいくつかステージの予定が入り、
それへ向けて曲目などについて相談。
相談というか、イメージ作りかな。

珍しく明確な目的があって、
「夏の帽子用の糸」を探しに。
しかも「ブルー系で、ところどころにアクセントのあるもの」と、これも珍しく具体的なイメージがあって、
アヴリルでは好きな糸を組合せて撚ってくれるので、店員さんに相談しながら。

こんな感じ↓
110722_201952.jpg
立派な(いろんな意味で)糸になってしまったので、
絶対成功させないと
いい糸はどう編んでもサマになるという話もあるけどね。
楽しみだ~

「アイス珈琲」

110714_115312.jpg
カプチーノの模様。左利きなので”ハート”が逆さまに・・・
”桃”?

アイス珈琲忘れたきこと降り積る

夕涼み

昨日は感動的に涼しかった。
今日も、日中は気温が上がったけど、
夕方にはだいぶ気温も下がり。

そういえば本日「大暑」です。

CIMG0460.jpg
気付いたときはもうこんな有様で。

CIMG0465.jpg
六甲山も美しく

機嫌よく歩いていたら、浜辺を指して大勢の人が。
浴衣を着たカップルとか。
CIMG0469.jpg
これから花火大会があるんだって。なんか横文字(死語?)のイヴェント名だったけど。
知りませなんだ。
暑すぎず、浴衣で歩くにはちょうどよかったね。

始まるまでにはまだかなり間があったし、
ひとりで見てもつまらないし、
人の流れに逆らって歩く。
逆流してたのは私ひとりだった。
難儀な道程でありました。

つまらないので、ちょっと楽しくやろうと、
CIMG0470.jpg
「真摯なアマチュアゴルファー」はお泊りで宮崎へ。
ついでに日本酒と豆腐も購入したぐらいにして。
The high kings 聴きながら。
こんなに楽しくていいのだろうか

花火の音もかすかに聞こえ、
夜空に開いた様を思い描きながらというのも、なかなか。

「大暑」

CIMG0459.jpg
夕空に電線。けっこう好きな風景。
張切って日本酒買ってきたのに、1合半で気が済んでしまった。

鴉往く大暑の街を踏みしめて

 | HOME |  »

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。