ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「9月」

CIMG0649.jpg
ふっふ~♪


九月来るシングルモルトの底光り

スポンサーサイト

台風接近中

二日ほど前から相当な風。
速度の遅い台風12号は、進路を西寄に変更しつつ北上中。

そんな中、
CIMG0650.jpg
「赤福氷」を目当てに大阪へ。まっきーさんと。
伊勢の本店でしか味わえなかったものらしい。

・・・などと言いつつ、
ワタクシ、これまで伊勢へ行ったこともなければ「赤福」を食べたこともなかった。
先にこんなレアなものを食べてしまった。

中には餡と餅が入っていて、
これが「赤福」なんですね。
餡が美味しかった

天候の所為か気温も低目で、
8月の休日に訪れたときは大変な行列だったが、
本日はすんなり入店。

ついでに昼食も。
CIMG0651.jpg
けっこう雨が強くなってる。

大阪駅を見下ろすステキなお店。こちらも比較的空いてた。

探してたボタンもいいのを見つけたし、
収穫の多い一日。

いつもより早目に帰宅。
夜には暴風域に

ロングカーディガン

ボタン待ちだった。
CIMG0652.jpg
ループヤーン2本取りで、12号の棒針でざっくり編んだ。
もこもこだけど、軽~い仕上りに。
頑張って派手目なのを選んだボタンもちょうどいい感じ♪

それはいいのですが、

デカい

羽織った姿を例えるならば、

 『無我』

もしくは

 『もののけ姫』の終盤で、人間が臭いをごまかすためにイノシシの皮をかぶるシーン

を彷彿とさせる。


今回使った糸は、
大学生の時にユザ○ヤで購入したもの。
当時は国産のファンシーヤーンは少なく、
編めないくせにイタリア製の糸を買い込んだ。
いやー、日の目を見る日が来るなんて。

それにしても地味だこと。

でもそれなりに楽しみ。
早く寒くならないかな~

「颱風」

CIMG0653.jpg
このところ月を見てないな。
台風ゆっくりゆっくり通過中。


真夜中の白磁冷たき颱風裡

「梨」

CIMG0656.jpg
豊水♪


この星に生れて梨の重さかな

「蚯蚓鳴く」

110905_220947.jpg


屈託に夜の爪太り蚯蚓鳴く

秋めく

CIMG0657.jpg
ひさしぶりに「ひつじ茶房」。
パンプキン・チーズケーキ。秋の風情。

気温が上がっても何となく爽やかさを覚えるこの頃。
まだ紫外線には要注意。

頑張ってるもの見つけた。
CIMG0658.jpg
何の葉っぱか未確認のままに来てしまったけど、
伸びたねー。

「爽やか」

110906_113339.jpg
空・・・少しは高くなったかな?
空気はだいぶ軽くなったような。


爽やかや道路の幅も十二間

しょーもないこと

とつぜん・・・

「えげつない」って英語でどう言ったらいいんだろう?
もともと関西の方言だけど、全国的に広まってるよね。
世界的にも使える表現だと思うけど、
下品さとか無神経な度合いとかずうずうしさとかいうものは、
土地によって感じ方が違うから、
説明するの難しい。

さらに・・・

俳句結社の中で、茶道の嗜みのある人多数。
というか、もともとお茶の先生という方も少なからず。
茶事に関する季語や句もたくさんあるし、
茶道というのは日本文化の精神が形として表出された端的なものだと思うので、
基本の基本くらいは触れてみたいのだが、

周辺のことが煩わしそうで。着物とかその他の交際とか。
誰か教えてくれないかな・・・

とりとめもなく考えて、
選が進んでおりません

ああ、こんなにお天気も良く爽やかな日だというのに
で、歩いたら空っぽに

「朝顔」

CIMG0660.jpg
秋の西日。雰囲気はいいんだけど暑い。


朝顔の列を外れしが日に透ける

麦チョコ♪

「ポン菓子」について調べてたら、
麦チョコが食べたくなった。
お仲間だったのね。

110909_092021.jpg
小さい頃大好きでありました。

いざ探してみるとなかなか見つからず。
最近は廃れる傾向にあるのだろうか?

あるだけ食べてしまうので、小出しにしようと。

ところでポン菓子。
函館では「どんきみ」と呼ばれてて、祭の呼び物だった。
材料が米でも「どんきみ」。
これも懐かしいな~

河口を巡りて

CIMG0685.jpg
夕刻。

CIMG0686.jpg
小規模に鰯雲。

CIMG0691.jpg
夕ぐれの時はよい時 かぎりなくやさしいひと時 (堀口大學)

こんな時間にここに居るのは、
十五夜の月の出を見たかったからなのでありますが、

東の空に限って厚い雲が・・・(T_T)

単なるいつもの気持ちよいお散歩に。

月見団子

110912_201955.jpg
関西の月見団子。はじめて購入。

蝸牛と似てる・・・

こうしてみるとシンプルな作りだね。
生地と餡の味がしっかりわかる。

月光へ伸びて輝く蝸牛

「良夜」

CIMG0694.jpg
十五夜が満月になるのは6年ぶりなんだって。
月もさることながら、土星がキレイだった。


革靴の黙のさだまる良夜かな

フード付きショートジャケット

110917_002110.jpg
野呂英作”ヴィンテージ”。もう生産中止だったかな。
糸が美しいです~♪

ボタンは只今検討中。
やっと着て歩けそうなものが作れるようになったかも。

堂島

休日は空いてる堂島。
本屋さんへ。

やっぱり空いてた。

本日の収穫。

「京都・丸久小山園に教わる 老舗の抹茶おやつ」(世界文化社)
「ヤマネにあえた日 小さな国の天然記念物」(光村推古書院)
「静かな生活」(岡井隆著・ふらんす堂)

当初目論んでいたのとは全く関係のない、いい本に出会えた。

ヤマネの写真集は、1992年発行のものを一冊持っていて、
ずっと撮り続けている写真家の心意気に感じ入るところがあって購入。
距離感とか思い入れとか、深さが違ってる。

「静かな生活」は、「一日一首」を365日続けた作品集。

魂のレベルをもっと高いところに置かねばとつくづく思った一日でありました。

(T_T)

iPodの画面が

フリーズした~

楽譜作らなきゃならないのに、
困った~~~

「秋の蚊」

CIMG0701.jpg


秋の蚊を打てば私でありました

更に(T_T)

finale で音符を入力しても、
音が出ない
試聴もできない

ひと晩寝たら直らないかな・・・

昨晩の iPod 、
電池切れで力尽きた後に復活

なんだかよく分ってないのです

「鳥渡る」

CIMG0687.jpg


石蹴りのいつまで続く鳥渡る

シャイニーアップル

110921_163046.jpg
近所のコープで発見。
売場を歩いてたら”ねぶた”の残像が・・・

林檎ジュースといったらこれ。絶対これ
というわけで大喜びで買ってきたのでありますが、

売上の一部は東北復興の基金に寄付されるらしい。

チャリティーであっても、というかチャリティーこそ上質なものを提供すべきと、
常日頃思っている者としては、
いい形で出会えたと、ちょっと嬉しくなった。

それにしても、

このところ続く豪雨。
冬にはドカ雪がふるんではないかと心配。

口上

大関昇進の伝達式。
すっかり「四字熟語」が恒例になってる。

「若貴ブーム」以降のことだよね。
当時藤島部屋の力士が立続けに昇進したものだから(それは大したことだけど)、
みんながそれに習って。

日頃から信条にしてたものならともかく、
それまで聞いたこともなかったようなことばを、
そのときになって辞書引いて探すのってどうなの?
と思っていたのですが、

まあ、これからの心構えとして、
いまからでも新しいことばを知るのも、
知らないままより絶対いいよね。
「二字熟語」もあってもいいような気もするけど。

箱館山

カフェでたまたま、
近くの席の人が「はこだて山」という語を発したのが耳に入り、
それとなく聞いてたら、

どうも琵琶湖の近くにあるらしい。

調べてみたら、ありました。
「箱館山」。

標高700m。「函館山」のほぼ倍の高さ。
かすかに悔しい

とにかく「ゆり園」らしい。

次の滋賀県行き、ここにしようかな。

秋~♪

丹波へ。
一人ではなかなか行けない山の中、まっきーさんのクルマにて。

目的地はここ。
CIMG0749.jpg
道の駅「おばあちゃんの里」。

更に目的のモノは・・・
CIMG0775.jpg CIMG0778.jpg
丹波栗~♪ 大きい~ ぴかぴか~

CIMG0748.jpg 栗ご飯の弁当も。

本当は、黒枝豆を買いに行ったのですが、
出遅れたようで、到着したときには完売・・・

これからが本番ということで、また出直すのです。

ついでに近隣を散策。
この辺り「春日」は「春日の局」の出生地ということで、
CIMG0750.jpg黒井城址。このお城で生れたらしい。

CIMG0751.jpg
高さ350mほどの山の上の城址。
けっこう暗くてコワかったので、ふもとのお稲荷さんに挨拶だけして。
彼岸花いい感じ。
CIMG0762.jpg CIMG0761.jpg
彼岸花って、突如現れる印象。 ふたごの露草も見つけた。

お城から少し下ったところに、興禅寺。
もと里屋敷だったそう。

CIMG0765.jpg
立派な構え。

CIMG0767.jpg CIMG0768.jpg CIMG0771.jpg
秋の表情。 ちょっと逃げ腰の猫。

ふたたび道の駅へ。
CIMG0772.jpg 丹波栗と黒豆豆乳。
ジェラート販売は12時半から。

CIMG0774.jpg
360℃の山なみが美しく。
晴天は今日までの予報。いいときに行けた

栗どうやって食べようか、
思案しつつたっぷりの水に浸けてるところ。

九月尽

110925_210741.jpg


九月尽夕方色のこゑに出て

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。