ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「11月」

111101_135539.jpg
暑いんですけど・・・


国道を風はまっすぐ11月

スポンサーサイト

柘榴の実

CIMG1168.jpg
なぜか花も咲いてた。


実柘榴や憤懣すでに熟れ始む

ハナミズキ

CIMG1171.jpg こんな実がなるんだ。

春に咲く花も知ってたし、
この実も以前から見てたけど、

今日はじめてつながった

葉も真赤になる。暗紅色?
変化に富んでて、一年通して楽しめるね。

「文化の日」

CIMG1172.jpg
夕焼雲がキレイだったので、一度帰宅してカメラを持参。
こんな時に限って持って来てなかった・・・


文化の日明日大吉と占はれ

西ノ京

西ノ京には薬師寺と唐招提寺がある。
突然思い立って、慌ただしく。

まっきーさんと。

言わずと知れた奈良時代創建の名刹で、
見所は満載なのですが、
「そこに居たかった」というのが最大の動機。
ただ雰囲気を味わいに行く、というのは関西に住んでいるからこそ出来るのかも。
ちょっと矛盾しちゃうけど、住んでいるうちに貪欲に訪れねば。

で、お寺。まずは薬師寺。
CIMG1184.jpg 「ひとひらの・・・」とは行かなかったけど。

CIMG1186.jpg
時代を通じて強大な勢力があったことを偲ばせる。

シルクロードとの繋がりも。平山郁夫さんの壁画が見られた。素晴しかった。

CIMG1181.jpg
紫式部全盛。
CIMG1182.jpg CIMG1192.jpg CIMG1196.jpg
11月とは思えない陽気。 いい時季に来た~(^^)

晴天を背景に、鬼瓦。
CIMG1188.jpg CIMG1190.jpg CIMG1219.jpg
鬼瓦を見ているとどうしても『火の鳥・鳳凰編』を思い出してしまう。

そして唐招提寺。
CIMG1195.jpg
ず~っと昔(中学校卒業した頃)に一度訪れたことがあり、
一番雰囲気が好きだったのがここだった。

CIMG1198.jpg
芭蕉の句碑もある。
CIMG1202.jpg

CIMG1201.jpg CIMG1213.jpg CIMG1211.jpg
観光客は結構来ているのに、なぜか静かで心休まる。

CIMG1218.jpg

そしてしっかり食べ、
CIMG1189.jpg CIMG1222.jpg

大和路好きであります。

「鵙」

CIMG1220.jpg
天平の甍~♪


鵙一声増長天の眦に

パソコンが・・・

昨日起動せず。
カーソルが点滅したまま・・・

2002年から使ってるヤツだからね。

今日は一転してすんなり起動したのだけれど、
念のため電気店に持っていって見てもらったら、
基盤が寿命を迎えつつあるのかもしれないとのこと。

とりあえず写真や文書などを外付けハードディスクに移して(起動してくれてありがとう(T_T))、
様子を見ながらの状況なんだけど、

修理に出すのなら買った方が早いんでしょうね。

で、

デスクトップ型か、
うんとコンパクトなノート型か、
悩んでいるところ。

間もなく函館に行くので、
今のままだと持ち歩ける方を選んでしまいそうだ。

図書館めぐりの後

CIMG1224.jpg
雨を気にしながら歩く。
立寄った喫茶店の砂糖入れ。ゾウさんが張切ってるように見えた。
・・・疲れてるんだろうか

「初しぐれ」

20111106203209.jpg
本日再び沈黙。むむ~


完黙といふ明るさに初しぐれ

「冬近し」

CIMG0864.jpg
あす立冬。 明日から函館。


冬間近ぽろぽろ忘れ物をして

移動中


関空。

海外へ行く人って、なんかテンションの高い感じがして、
だいたい海外へ行こうなんてそれなりの活力が必要だよなと、
ショッピングモールで軽く疲れて、

早々とチェック・イン。

国内線搭乗口空いてる~

天気も上々

立冬

20111110115609.jpg
函館。午後4時を回ったらもう暗い。


立冬や水銀灯が着地して

ここ数日

空港から病院へ直行。
検査入院で、すぐ出てくるはずだったのが、
発熱、腹痛など体調悪化。

しばらく通う羽目に。
紆余曲折あったのですが、まあそれは置いといて、

その間、
CIMG1229_convert_20111116130835.jpg
クロの機嫌を取り、

CIMG1231_convert_20111116131016.jpg

CIMG1234_convert_20111116131109.jpg
五稜郭で深まりゆく季節を愛で(病院へ行く道すがらにある)、

CIMG1241_convert_20111116131331.jpg
頼まれて”酒まん”を買いに行き、ついでに一服

CIMG1249_convert_20111116131506.jpg
久しぶりに函館句会に出席。大好きなスドウ先生のお宅へも伺った。

病院の面会時間が午後8時まで延長になったとかで(以前は午後7時までだった)、
帰途はまっ暗けっけ。
満月だよ~
CIMG1238_convert_20111116131622.jpg

CIMG1245_convert_20111116130737.jpg
というわけで、

午前中歩いて、午後練習、夜にお仕事という平坦なタイムスケジュールは変更を余儀なくされ、
付添い中にお仕事の資料読みという設定に。
通院の往復を歩くとして、練習時間を確保せねば。

風邪がぶり返しそうであります~(T_T)

観光~♪

友人と食事。
帰省するといつも時間を見つけて会ってくれる。

今回は二人とも初めてのお店へ。
ピアニストから情報を得て。
CIMG1253_convert_20111116120258.jpg CIMG1254_convert_20111116120356.jpg CIMG1255_convert_20111116120459.jpg
雰囲気も味も、お店の人の感じも最高でありました。
大体の場所を聞いただけで行き着けたというのは奇跡的

そして元町方面へ。
函館山は11月下旬からマイカーでの登山が規制されていて登れず。
明日だったらロープウェイが無料開放だったんだって。残念

晴天!
CIMG1257_convert_20111116120739.jpg

CIMG1256_convert_20111116120627.jpg CIMG1259_convert_20111116121051.jpg
紅葉、もう終盤。今年は遅れてるみたい。お陰で見られたんだけどね。

小さな区画の中に見所いろいろ。
CIMG1263_convert_20111116121317.jpg

CIMG1269_convert_20111116121435.jpg

CIMG1276_convert_20111116121847.jpg

CIMG1278_convert_20111116121943.jpg
いやー、こうして見ると美しいね。風景が作られすぎてないところが良いような気がする。

元町公園を経て旧英国領事館へ。
CIMG1286_convert_20111116122227.jpg
お目当ては…
CIMG1291_convert_20111116122333.jpg
「アフタヌーンティー」 本格的な英国式のスタイルで紅茶が飲める。

週末とあって、なかなかの賑わい。

なんだかすごくゆったりと過す。

外へ出たら、もうたそがれどき。
CIMG1293_convert_20111116122530.jpg
いいひと時でした。

朝から

20111113104411.jpg
指令を受けて、
大根抜きに。

小さいけれど、
密度は濃い

明日から寒くなるみたい。

「銀杏散る」

20111114002220.jpg
衝動買い。
ふううう…


銀杏散る象の歩みを輝かせ

保温ポットホルダー

111114_203809.jpg
「コーヒー1杯分だけ持ってきてくれ」というリクエストに応えるべく、
容量200mlの保温&保冷ポットを購入。かわいい~

ホルダー作った。
111114_203902.jpg

結局ですね…
ただ編んでもそれなりな感じの糸だったので、
細編みと長編みでさらっと。

ところで、
そうまでして持って行ったコーヒー。
ひと口飲んで「やっぱり緑茶に限るな」とのことでした

「初雪」

111115_195306_M.jpg
いきなり吹雪。日中はまだ暖かいので積ることはなさそうだけど。


初雪や外人墓地は海に向く

病院~

昨晩急に熱が上がり、
たまらずに病院へ。
子どもの頃からのかかりつけの病院なのですが、
CIMG1349_convert_20111118145345.jpg
か、変わってない…

幸いインフルエンザではなく(もしそうだったら帰省してから会ってくれた友人に連絡しまくらねばと思ってた)、
しばらくおとなしくしておこうと。

…て、もうすぐ本番なのです~

教科書

111120_180915.jpg
中学生のときに使っていた音楽の教科書。

キレイに使っておりました。

いろいろな曲が紹介されており、
編曲もシンプルで、使える~

国語の教科書もそうだけど、
誠実に編纂されている印象。

着雪注意報


目が覚めたら白かった。

先週初雪と思ったら、早くも根雪か

こんな中、再び病院へ。
念のため薬を貰いに

昨日、「大丈夫」という感覚が急に生じて、ことばを介さずに肩が軽くなった気が。
開き直りというのでしょうか

いい演奏できそうよ。

リハーサル


何度来てもステキな会場

コンサート終了

本番終了。

直前に父が入院し、検査入院だったはずが腹水が溜ったり熱が出たりして、
直前まで退院すると頑張っていたのですが、
コンサート当日はドクターストップ

急遽リコーダーをワン・ステージ増やし、
父が歌う予定だったイタリア古典歌曲と日本の歌(冬シリーズだったらしい)を、
母と私で分担して演奏。
リコーダーとピアノで「冬の星座」「かあさんの歌」。
シューマンとアリアはどうやっても無理なので休止…

開演前に出演者が舞台に整列して挨拶するところからスタート。
つくづく健康第一ですわ。

で、
私の演奏。
当初から予定していたのは、アイルランド映画「ウェイクアップ! ネッド」から4曲を編曲したもの。
今年は祖母が亡くなったこともあって、映画の最後に流れる「別れの杯」をどうしても演奏したかった。
一部うたった。

新たに演奏することにしたのはテレマンのファンタジー2曲。1番と10番。
無難な演奏だったと思うけれど、自分に負い目があるからか、
また市民センター会議室練習をきっちりやろうと決意。

このくらいのこと、顔色ひとつ変えずに乗切りたいではありませんか。

「ネッド」の方は、去年の反省も踏まえて早めに病院へ行き、
なんとか体調を整えて、練習した分は出来たかな。
もしイマイチだったとしたら、それが実力なんですね。

終演後、何人かのお客さんの感想を伺えたのだが、
歌の話ばっかり
私がうたったのがよっぽど珍しかったのね。

よきメンバーとスタッフに恵まれ、
打上げまで楽しく過せた。

お客さんも、
みんな本当にありがとう。

シャノワール

コンサートも終わってひと息…

母と、五稜郭公園の隣にある道立美術館へ。
”シャノワール”展。
111123_150608.jpg
19世紀末~20世紀初頭のパリの芸術の発信地だったキャバレー「シャノワール」。
店のポスターや上演されていた舞台のパンフレット、さらには影絵の亜鉛版(初めて見た)など、
当時の気分に溢れた展示。

券を買う際に”猫グッズ”を提示すれば100円割引になるという、粋なシステム。
携帯電話に入っていたクロの写真を”待受け”に急遽設定してクリア。
知ってたらウチにいろいろあったのに。猫グッズ。

洒脱な筆致で描かれた絵の数々。一度の催し物のためにどんどん描いていた勢いが感じられて、
充実してた。
函館美術館、帰省するたびにいろいろ面白い展示をしていて、
もっとみんな見に行ったらいいのに。
空いてるお蔭でじっくり見られるんだけどね

展示室を出ると無料休憩コ-ナーがあって、
飲み物(有料)も。
コーヒー(縮小)
国内の展覧会のプログラムや美術全集も置いてあって、心潤う。
こういう時のシアワセ感て、外が寒いほど増すような

記念に”シャノワール”のクリアーファイルと絵葉書を二人して購入。
いい息抜きになったぁ~

アルパカウールの靴下


函館に来ると編む特大の靴下。

今回は色々予定が狂って、やっと昨日着手。
ハンパに残っていた、ハマナカソノモノ・アルパカウール(極太)を消費。

母のルーム・ソックスになりました。

猫のセーターも編みたかったのだが、ちと厳しいか…

猫用セーター

怒濤のラストスパート。

アルパカウールで編みました。
CIMG1364.jpg CIMG1365.jpg

着用。
CIMG1366.jpg
ときどきあてて見ながら適当に編んだ。
奇跡のようにぴったり

CIMG1368.jpg
お腹の部分はひと目ゴム編みで。

あったかいらしく、嫌がることもなく。
CIMG1369.jpg
ただ、猫は犬と違って服着せるのに向いてない体型らしい。
撫肩だからか。
早くも不穏な兆しが。
それでも、寒いと血行が悪くなるので着せた方がいいと、獣医さんが。

帰宅

バタバタしているうちに滞在期間は終り、
帰途に。
CIMG1373.jpg
関空⇔函館区間は本数を減らされて、一日一便に
帰宅するには夕方の便しか無くなった。
これって関西からのツアーに都合を合わせてるのでは。

それはともかく、
空港で食べたソフトクリームが特筆ものの美味しさだった。
駒ケ岳山麓の牧場でとれた牛乳だって。
牛乳の味がしっかりしてて、素材そのものの美味しさ。

帰宅は夜になってしまったけれど、
CIMG1377.jpg

CIMG1385.jpg
美しい…
まあ、夕方の便も悪くはないか。

紅葉狩

嵐山~
CIMG1409.jpg

CIMG1410.jpg

まっきーさんからのお誘いを受けて、思い切って出かける。

嵐山といえばあまりに有名な紅葉の名所で、
どうせ人でごった返してるだろうからと諦めていたのですが、
確かに人は多かったけど、
例年ならとうにシーズンを終えている頃とあって、
ゆっくり写真など撮れる按配。

というわけで、かなりテンション上がっております。
CIMG1428.jpg
この写真では素晴らしさが伝わらない~

もちろん休憩しながら。さすが観光地。屋台・茶店もいろいろ。
CIMG1407.jpg CIMG1417.jpg
やきいもソフト。桜餅。桜餅はここいらの名物なんだって。

天竜寺へも行ってみた。夢窓疎石が作ったという庭が有名。
前回訪れたときは、保津峡から歩いてきたので草臥れて、庭を見なかった

CIMG1459.jpg CIMG1436.jpg
近くの紅葉と遠くの紅葉。

CIMG1466.jpg

CIMG1471.jpg
なんだ、この奥行きは。

紅葉の他にもいろんな植物。四季折々の表情を見に来たいところ。
CIMG1480.jpg
桜。樹齢何年だろう。

CIMG1482.jpg CIMG1484.jpg ?

すっかり堪能して、
ここまで来たら湯豆腐食べなきゃという。

CIMG1491.jpg CIMG1492.jpg CIMG1493.jpg

CIMG1494.jpg
やっぱり美味しい
豆腐が違うのか、
水の所為か、
シチュエーションの問題か。

とにかく大満足な一日となり、
なぜか大宮の珍味屋さんに寄ってごぼうせんべいまで買って帰る。

ホント、行ってみてよかった。

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。