ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

01≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛吹雪

今日から2月。
4日には立春を迎え、俳句などでも春の予感に満ち満ちた季節なはずなのに。

朝の天気予報で「猛吹雪が予想されます」と。
予報の段階で「猛吹雪」だなんて・・・

ホントにそうだった。

通っていた中学校。町なかなのに、なんか雄大な風景に見えるのは雪の所為だろうね。

こんな日に歩いてみた。


 
こんな時もパウダースノー。

顔を上げられない吹雪なんて久しぶり。
ジャケットの毛皮付きフードは飾りではないということを認識。


酔払って夜に吹雪かれたら遭難するかも。

スポンサーサイト

縄編みのセーター(猫用)

具合の悪いクロへ。
  

メイクメイク・ココットを使用。

着てみた。

ちょっとセンザンコウみたい。

リブ編みの靴下


残った「ココット」で。

母用。
撮影しようとしたら足を浮かせたの図。

しっかりした糸なので、あったかいはず。

空港


この景色を見ながらソフトクリーム。

購入の際、「やわいので真っすぐ持ってください」と店員さんに言われる。
そう言えば、「やわい」って他所であんまり聞かないような。

飛行機も無事に飛びそうだし、順調。

節分で・・・

テレビで言ってたけど、

豆撒きに落花生使うのって、

北海道だけなの?(・・;)

ちょうど一ヶ月

スマートフォンを購入したのが先月の8日。

SDカードが壊れた。

写真撮ろうとして取落して、それっきり。

函館で撮った写真全滅… (T_T)

バックアップしてなかった。
このブログにアップした分だけ辛うじて残った次第。
クロの写真も、パエリアの写真も消えちゃった~

ショックのあまり帰宅してしばらくマインスイーパに没頭する。
ブログ開いたら新しいコメントが入ってたので、ちょっと元気になったところ。

こんなことがあるんだね。カードに入れとけば大丈夫だと思ったのに。
バックアップ必須

指なし手袋

ソックヤーンで。

またしても左右できっぱり色が分かれ。

当初カバーを付けてミトンにもなるようにする予定だったのが、

甲の部分に一番好きな色が出てしまったので、そのままに。

まだ色が一巡分残ってるんだけど、どうしよう。

流れをたどって・・・


猪発見。

更に少し下ると、

団体さんだった。

まだまだ厳しい寒さ。

春の風邪

lento_20120211091055.jpg
こちらに戻ってから却って風邪気味。不本意…


春の風邪小骨のやうなことば抱き

到着!

ついに…
CIMG1914.jpg
房総半島沿岸を踏破。
距離にして600㎞近く。長かった。
600㎞近くというと中山道の日本橋~京都間よりも長い道のりということに。
本当だろうか?
房総半島恐るべし。

確かめようと思いつつも未確認。

次は福島を目指して

曇天続き

週明けからこのかた、空はどんより。
いちにち薄暗い。
IMG00009.jpg
よく見ると多様な色彩だったりするのだが。

いつも前を通る石材屋さんの庇の上に、
IMG00011.jpg こんな所で招いていたとは。

顔上げて歩きましょう。

お昼~♪

最近、
IMG00012.jpg
弁当作ってる。

ウチで食べるんだけど。
この頃締切のある仕事をしてることがあって、
弁当目指して仕上げてしまおうと、
それなりに励みになっているのです。

中身はテキトー…
IMG00013.jpg
基本的にのり弁。あと四つ畳みの卵焼。
制約の中で表現(これが表現か?)するのって、好きなんだろうね。

突然ですが

幽霊の常套句
「うらめしや~」って、

文語だよね。

現代の幽霊さんは言わないんだろうか。
聴きたくないけど。

今でも意を強めるために文語表現使われる場合ってあるから、
「やむを得ず」とか。
これも時代を超えて共感されるのかも。

「春浅し」


雲の上はいつも晴天。


行く先に明るき雲や春浅し

「蜆汁」

lento_20120218115640.jpg
少しは成長したかと思ったら…


人見知り治つてをらず蜆汁

工事現場の

CIMG1934.jpg
歩道と車道の段差のところに敷いてあるマット。

よく見ると、
CIMG1933.jpg
表情豊か

「雨水」

shot_1329446887180.jpg
あちこち伸びてた。森では鳩も木も同じ存在感。


闇を恋ふ火の残り香の雨水かな

海へ

いい天気 久しぶり~
IMG00034.jpg

海へ。運河を越えて、
CIMG1958.jpg
カワイイ人工の砂浜♪

目的…
IMG00024.jpg
函館で見つけたホーローのちびマグを使いたかったのです。

ホントにいい天気。 河口のだいぶ手前から海がまぶしく。
IMG00026.jpg

しかし、風は強く、気温は決して高くなく、人影まばら。
CIMG1962.jpg ビーチバレーのコートかな。

近くの公園には花もいくつか。
CIMG1975.jpg
雛菊好き。
CIMG1976.jpg
ガザニア。健気です。

全体的に開花が遅いような。蠟梅がまだ香ってた。
梅は蕾が膨らんできたところ。

帰宅したら、顔が熱を持ってヒリヒリ
陽射し満喫。

「ぺんぺん草」

CIMG1948.jpg
こう晴天だと”早春”と呼ぶ気にならなくもない。


現世やぺんぺん草ごと揺れてゐる

高気圧の下

晴れの予報だったのに…
結局曇りがちな

でも気温高め。
図書館からの帰り道、
いつもと違う川沿い。
IMG00038.jpg
青鷺みっけ♪
かなり近づいても動じない。
青鷺の方が白鷺より暢気なのだろうか?

このところ短歌をワープロで入力してて、
現在40~50歳代の歌人の30歳代の頃の作品(1998年…こんなに昔なんだ)。
13年前の”ニューウェーブ”、それなりに刺激となり、
文学でも絵でも写真でも、命を懸けて作られたものをもっと見なくちゃという気にさせられた。
ず~~~っと内向きモードが続いてたので、
またそろそろ外に目を向けろということかも。

安住するのは100年早いってことだね。

毎日外は歩き回っているのですが。

で、見つけた。
IMG00039.jpg
「寒桜」でありましょうか。

久しぶりの

心斎橋。まっきーさんと。
年が明けてから初めて?
大丸の中の毛糸屋さんが閉店するということで、セール。
こんど西宮に進出するらしいヽ(^o^)丿

オリジナルの糸は見ているだけでも楽しくて
(見ているだけで終わることが多いかも)、
セール品とセール除外品の糸をそれぞれ相当量入手。

昼食。
CIMG1972 (2) CIMG1973 (2)

そして難波のマスザキヤへ。
いつ来ても楽しい。糸の品ぞろえが。

大丸には新たにユザ○ヤ本日オープン。
この行動パターン、まだ続きそう。

まだ明るいと思ってお喋りしてたら、午後5時を回ってて、
日が長くなったんだなと。

じつはここ2週間ばかり編物の手がピタッと止っていたのですが、
復活してしまった

アンリュウリコーダーフェスティバル

アンリュウリコーダーギャラリーにて。
CIMG1974 (2)
リコーダー愛好家が自由に参加できるコンサートに参加。
第一部、第二部と分かれており、第一部の方は費用を負担すればチェンバロ奏者とアンサンブルできたという。
募集要項読んでおらず、機会を逃したのでありました。
現代曲で演奏してみたいのがあったので、またチャンスがあれば…

ふえふき隊、前回参加した時は不本意な出来だったらしく(私は不参加)、
テレマンの4重奏、真摯に取組んでの演奏だった。
いかがだったでありましょうか?

クラシック音楽を演奏するためにはそれ相応の技術の習得が必要で、
バロックは特に決まりごともいろいろあり、
それらがクリアできれば完成した気分になりがちだけど、
本当はそこからが始まりで、
あとはいかに自分の音楽を表現するかというところ。
目の前の課題に向って行って、最終的には自分の中味の問題。
そこまで行く、というか思いを致すというのもなかなか遠い道のりだなと。

もちろん自分のなかにどんなに音楽が溢れていようとも、
表現手段(表現というのは相手に伝えるという意味ね。この場合)を持っていなければならない訳で、
技術を磨いたり、勉強したりするのは当然のこと。
完璧に…というのは大変だけど、少なくともそれを目指してベストを尽すべき。

誰でも自分の中に音楽を持っているものだと思うのだけど、
技術はあるのに上手く表現出来ていない人というのは、
そこに思い至っていないのか、
表現のツールが違うのか。

などととりとめない思考が堂々巡りしつつ、
いつか目の前がパーッと開ける瞬間が来るのを期待して、
いまのところいい雰囲気で楽しめているところではあるのです。

終演後、ささやかに喫茶店で打上げし、
再来週また本番。あっという間
それぞれの曲と、誠実に向合うことを繰返していきたい。

「春疾風」

IMG00044.jpg
未明からすご~い風。朝だから開いてないのかもしれないけど、寒そう。


教会の尖塔光り春疾風

ふたたび海辺

なかなか春めかないこの頃。
珍しく海辺に行きたいと「真摯なアマチュアゴルファー」が。
早起きしてゴルフ練習など、元気でありました。
IMG00045.jpg
曇り空もなかなか。

気温は晴れていた先日より若干高めかな。
日曜日とあってけっこう人もいた。
ビーチラグビーやってた。初めて見た。
タッチされたらボールを離さなきゃいけないんだって。
1990年に誕生したんだって。
砂の上をけっこうな迫力で走ってた。
…しんどそう

本日も水筒持参。
shot_1330230037772.jpg
”そばめし”のおにぎり、美味しかった。
これで楽しく過せるなんて、けっこうなこと♪

川沿いの道もなんとなく緑がかってきて、
梅の開花は遅れてるけど、季節は動いてるのだね。
鳥のさえずりも聞えるようになった。

いい声で鳴いてたのだが、
CIMG1977.jpg
ズーム限界…何の鳥か判らん
鳴き声で判別できたら、もっと世界が広がるだろうに。

小さな公園に

立札が。
IMG00061.jpg
放っとくと野菜とか作る人がいるということか!?

ちょっと緑のある公園、この辺りに点在。
気持ち良い空間ではあります。

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。