ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽

曇り空の向こう。
IMG00074.jpg
酸欠のおさかなのような気分になる。

ところで、
「スマートフォン」を「携帯電話」と呼ぶのは間違い?

スポンサーサイト

市民センター練習



ひさびさ。

本日の会場。
和室。

他の部屋と離れてるから音漏れの心配が多少少ないとかで。

句会でも始まりそうな。

本日・・・

東京大空襲のことも忘れてはならないと思った。

運気低調…

ここしばらく、
しょうもないことで凹んだり、
何気なく言われたことが気になったり、
立寄った店でマナーの悪い客に遭遇したり、
なにかとままならぬことが多く

こうもイケてないのは、自分の心の在りように問題があるのかもと思い始める。
大事な時間。人や社会や環境の所為にするのも悔しいし。自分の身は自分で守らねば。

shot_1331619616043.jpg
晴れてた方が気分いいけど、天気に左右されるものでもないだろうし。

ま、無理にじたばたしないことですね。

思い立って

うだうだしてても仕方ないので、

行ってみた。
CIMG2022.jpg
高野山!

CIMG2010.jpg
高野山!!

CIMG2066.jpg
高野山~!!!

寒かった。
IMG00090.jpg CIMG2047.jpg 

CIMG2050.jpg  CIMG2046.jpg

けど晴ればれ。
CIMG2055.jpg


やっと来られた~(T_T)


CIMG2080.jpg
乗り物のお蔭で楽にここまで来たけれど、
こんどはぜひ自分の足で登ってみたいものです。
肝心なのは”山”であると実感。

そういえば、「紀国」というのは「木の国」であった。
杉と檜の深山を目の当りにして、
春先に「真摯なアマチュアゴルファー」を連れて来るのは無理かと

追い込み中

 ドーナツは、
どこまでドーナツたり得るのか。

絵的にあまり美しくない・・・

ひと息

お仕事ひと段落。
新刊の句集や俳句に関する本を読んで一句を採りあげ、評を書くという、
もう五回ほど担当したのですが、

なんか毎回切り口が似通っている気が・・・(--;)

いま俳句に関して自分がどのようなところに関心を寄せているかということなのかとは思うのだけれど、
やっぱり読み物としてマンネリ化するのは良くないね。

とりあえず気分転換。

明日は荒れ模様らしい。

もうひとつ、新作20句。これは自分の。

ベストを尽くすのです。

終了!

毎月の書評に加えて、
新作20句というお仕事。

締切明日…(-_-)

本日速達で郵送。

20句出すために、このひと月あまりつぶやき溜めたノートから書き出したところ、
60句あまり。
良さそうなのは結社の方には出さず、温存しておいた
いつもこのくらいから絞り込む。
なんだ、ちゃんとやってたんだと、ちょっと安心。

久々にものすごく集中して作り、
おつむスカスカであります。
でも必要だね、こういうの。

またお仕事来ればいいな~

やっとひと段落したところで、
もう少し漢字に詳しくなったり、たくさん俳句を読んだり、
地力をつけなきゃというところ。

解いては編み…

昨年父に編んだ靴下。
なんぼなんでもデカすぎた。
ということで、
CIMG2100.jpg
解いて編み直し中。

編んではみたものの気に入らぬ出来のものというのは結構あって、
この後もいくつか編み直し予定のものが…

せっかく気に入って買った毛糸だからね。
たくさん使えるようなものにしないと。

しばらく毛糸買えませんな

解いては編み、編んでは解き、
私の人生こんなものかと思っているネガティブないちにち。

訪問

春場所中の大阪。
相撲部屋の宿舎へ。
私個人で行けるものではなく、
ちょっとツテがあってね。

CIMG2105.jpg
初ちゃんこ鍋。

丼でビール

鍋は澄んだスープ。
豚肉と鰯のつみれと肉団子で、いいお出汁。

本場所見たこともないのに(函館巡業に行っただけ)、いきなりこんなところに来てしまった。

訪れたのは…
CIMG2104.jpg
なんと宮城野部屋。

取組みを終えた横綱に会えた!

これまでも応援してたけど、
一層応援しようっと。

細編みのバッグ

福山で購入した糸。
いちど編んだものを解いて再挑戦。
棒針でバッグ編んだら強度に問題があったのです。
CIMG2162.jpg

チベットだったかネパールだったかの、
絹織物を作った際に出た糸屑をより合わせた糸。
解いたらハラハラ散って。

でもなんとか。

アルパカウールのストールと靴下

怒涛の編み直しシリーズ。
CIMG2165.jpg
靴下完成。
もとの毛糸ひと玉分ほど余ってる。

そしてストール。こちらは新しい糸。
CIMG2163.jpg

CIMG2164.jpg
上の写真の方が実際の色に近いかな。
ボタンで留められる形。これで3枚目。
気に入ると同じもの何枚も編んでしまう。

まだまだ寒い函館で活躍の予定。

3/25 ふえふき隊

曽根崎でのコンサートの後、
なんだか久しぶりな気もするのですが、
それまで毎週だったからね。

ところで、
IMG00104.jpg
「入口」って、わざわざ言わずとも…
「倉庫」と区別するためでしょうか。

なんとなく虚脱ムードが漂う中、
4月はじめには教会で演奏の予定もあり。

曲目を決めて、
さらにこれから練習する候補曲を。

教会での演奏が終わったら、また楽譜を探そう。

そうそう、
いいモノもらっちゃった。
IMG00105.jpg
まっきーさん作。タティングレースの巾着。
すご~い♪

中にチロルチョコ入ってました。

飴ちゃん入れて持って歩きます。

お日さまを求めて

IMG00113.jpg
精いっぱい伸びてる~
石畳の隙間。

うららか~

…て、まだ肌寒いのですが。

IMG00111.jpg
♪名も知らぬ 遠き島より

オレンジか?


このところ晴れていたかと思うと急に雨が降ったりと、
不安定な春の空。
今日は久々にすっきり晴天。

IMG00115.jpg
満足気。

もくれん

咲いた~
IMG00117.jpg
やっぱりちょっと遅いね。

こちらも間もなく。
IMG00124.jpg

この後急に、とんでもない土砂降り。
なんなんだ。

鉤針編みのミニバッグ

2玉弱残っていたダイヤルリオで。

パイナップル編みのミニバッグを
作ったんだけど写真撮るの忘れた。

まいにちのバッグと帽子
この本に出てた。
指定されている糸はエコアンダリヤ。
糸が違う所為か、編み方がキツすぎたのか、
幅はよかったけど高さが寸足らずに。
ま、かわいくは出来た。
内袋も付けてみた。

アラン模様のストール、靴下と共に函館へ。
使ってくれるといいけど。

歌集読んでます

北原白秋。

感覚がほとばしっている感じなのが良い。

ちょっと話が外れるけど、
駒大苫小牧が甲子園で活躍した頃、
たびたび流れる校歌の歌詞、
ことばの輝きというか冴えというか、ただ者じゃないなと思ったら、
白秋の作だった。
センスという語で片付けたくないのだけれど、
何でしょうね、ああいう感覚って。
持って生まれたものなんだろうか。

いま小沢書店刊の「日本詩人選3 北原白秋歌集」を半分ほど読んだところ。
好きな短歌いっぱいあったけど、

ただ一つお庭に白しすべすべと嘗めつくしける犬の飯皿  白秋

秋(たぶん)の色あせた景色の中、ピカピカに嘗められた皿の輝きが、
なんだか目にしみるのです。

タブレット

「真摯なアマチュアゴルファー」がタブレットを持ちたいと。
で、あっという間にオークションでおトクに購入。
ふたつに折りたためるカッコいいやつ。

docomo でインターネットを使えるように申し込もうとしたら、
お店で扱っている機種以外のものは、
ファミリー割引などの対象にならないとかで、
月額6000円余りになると言われた。

2台目の登録くらいの軽いノリでいったのに。
余所者には冷たいのだね。

仕方ないので Wi-Fi 設定をして、とりあえずは使えるように。

…って、
なんで私がやってるのでしょう?

いいなあ、タブレット。

3月が終わる~

囚われのピクトさん。
IMG00127.jpg
新福島駅構内。

晴れていたかと思うと突然土砂降り。
電車で数駅行く間にまた晴れ渡り、
しまいには明るいまま大変な雨降り。
明るく輝いてそれはそれはまばゆく。
一瞬虹が見えた。

そんな中、
以前訪れたTaverna Porcini へ。
明日記念日というのもありますが、
「真摯なアマチュアゴルファー」がこのたび転勤になり、
4月から東京へ。

3年前の引越しの悪夢も冷めやらぬうちに、気の重いこと…
あの時は友人に多大な迷惑をかけ(ごめんなさい)、
今度は一人でやらねば。
社宅はホントにありがたかった。もう無くなってしまったらしいけど。

会社勤めって春休みがないので、
普通に週末まで通勤したら、
来週から新たな赴任地で普通にお仕事。

でね、句読点というか。
早目の時間ならということで奇跡的に当日予約が取れたのです。
カウンター席。いい雰囲気。
IMG00129.jpg
bagna calda
温かいソースのほかに、冷たいチーズのソースも。
この野菜の食べ方、好みであります。

食べ物もおいしく、接客も気分よく、
塩フォカッチャもしっかり食べ。

引越しの支度もあるし、
私はもう少しここに留まり、
あちこち見たり、
食べたりしようかと。

集中して俳句作ってみようかなと計画中。

エコアンダリヤのバッグ



昨年、途中まで帽子になる予定だった。

なんでこんな色を選んだのか。

やっぱり鈎針だとキツく編んでしまうらしく、
ちょっと小さめ。

とはいえ、それらしく出来た♪
はやく暖かくなってほしいものです。

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。