ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「緑雨」

shot_1336523587604.jpg
なぜか心惹かれる業務用ボウル。


人の世に闇多くなる緑雨かな

スポンサーサイト

疲れてた?

誰だ、こんなことしたのは。


何となく哀愁を帯びて見えるのは、「リゲイン」だからでしょうか。

それからしばらく「ビジネスマ~ン」とうたいながら歩く。

三年前まで住んでた

福山。

全国ニュースにのぼってしまった。

市役所の近くだね。


住んでた町だと思うとやっぱりショック。

梅田へ

なんか久々。
まっきーさんと、ふえふき隊の楽譜を物色に。
梅田第二ビルの「ササヤ書籍」には、小さなスペースに楽譜がぎっしり。
2時間くらいは平気で居てしまう。

良さげなのをいくつか。

自分用にも。アンサンブルの楽譜買ってしまったんだけど、
誰か一緒にやってくれる人居るのでしょうか

根詰めて楽譜を見た後は疲労困憊で、
やっぱりこちらに走る…
IMG00319.jpg

冷たいお茶が嬉しい季節になった。

睡蓮

今年初。
睡蓮咲いてた。
IMG00325.jpg

IMG00326.jpg
こんな時に限ってデジカメ所持せず。

睡蓮が咲くと一気に初夏の雰囲気が増すのです。

締切前日

最近書斎と化している、
shot_1337209706622.jpg
某ドーナツ店。

ひとり暮しのこの頃、
朝に訪れることが多く。

これまで評を書いた句集を読み返してるところ。

一句選んで鑑賞するのだが、
こっちの方が断然よかったなとか、
作者の思いを汲みきれてなかったなとか、
反省ばっかり。

その時その時に全力を尽くすということに結局は尽きるのだろうと。
そしてまた速達

もう半年過ぎた。
あと半年、ありがたいことにお仕事来そうであります。
「俳句界」という月刊誌に載ってますので、気が向いたらご一読を~

見届けた

葉牡丹。
いつも気が付くと無くなってて、

はい。
IMG00328.jpg
見事に塔が立っております。
「茎立(くくだち)」という。

鑑賞用のものだから、たいていこうなる前に撤去されてしまう。
これぞ植物の本懐。

正午のニュースで知った。

IMG00332.jpg
ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ逝去。86歳。


私の神様だった。

もうずいぶん前に歌手としての第一線は退いていたのに、
なんでこんなに淋しいんだろう。

ニュースを見てから、ずっと頭の中で
「白鳥の歌」第7曲「別離」が回っているところ。
ここに載せようと思ったら、
アップの仕方が分らなかった。

生田の森



鳩がいない。

日蝕と関係ある?

樟の樹の花が咲いて、
森の香りが変わった。

マンゴスチン

思わずひとつ。
佇まいがカワイイ。


タイ産。

初めて日本に出回った頃、
すっごく高かったような。

食べたら魔法でも使えるようになりそうな(ゲームのやり過ぎ?)、
何か力を秘めてるように見える。

お尻もカワイかった。

アボカドのグラタンもどき

最近凝っているのです。
アボカド。

どうしたら美味しく食べられるか模索中。

鶏肉とわさび醤油が合うのは基本か。

今回は・・・


半分に割って中をくりぬいて大まかに刻み、
ツナマヨと和えてピザ用チーズを乗せ、
オーブンでチーズが溶けるまで加熱。

上出来~♪
カロリー高いんだろうね、これ。

このところずっと1人分だし、
オーブントースターが欲しいと、
かれこれふた月悩んでいるところ。

麦畑を見たくて

インターネットで「麦畑」と入力して検索したら、

全国のパン屋(と若干お好み焼屋)がずらっとヒット

「麦の秋」を見に行きたいんだよう。

東海道線沿線なら滋賀県か加古川付近だろうかね。

父から「転倒」というタイトルのメール。
てっきり父のことかと思いきや(長年の病気で足が弱く、時々転ぶ)、

転んだのは母だった。
しかも右肩複雑骨折。

あり得ないことではないはずなのに、予想だにしていなかった。
どういう転び方をしたのかは不明なのですが、
首や頭を打つ恐れだってあったわけで。

日曜の晩に転んで、
救急車や夜間救急病院を頑なに拒んで、
翌朝耐えられなくなって近所の外科に行ったらしい

ちょうど間もなく帰省する予定だったから、
多少は役に立てるかなと。
ピアノの練習しに帰ろうと優雅なこと考えていたのだけれど、
ちょっと密度が濃くなりそう。
期間延長しようかと思案中。

私もこの頃、ぼーっと歩いてバイクにはねられそうになったりしてたので、
とりあえず気を引締めて過そう。
イケてない時期、頑張って乗り切らなきゃ。

よりによって…

歩き出した途端、
IMG00368.jpg
雲が押し寄せてきた。

こりゃマズイな。
IMG00372.jpg

たいていの場合、一度歩き出したら何があっても目的地まで行くのですが、
きびすを返す。

街灯点灯。 ちなみに午前11時過ぎ。
IMG00373.jpg

そのうちあちこちでゴロゴロ鳴りだして、
さっさと帰宅を決めた自分を誉めていたところ、
家まであと5分というところで、ゲリラ豪雨…
一応傘さしてたんだけど、晴雨兼用のやつ。
全身丸洗い状態。

帰宅して数分後、雨はピタッと止んで陽射しが
午後にまた雷雨。これの繰返し。竜巻注意報も出てた。

神戸では落雷が原因と見られる事故で一人が意識不明。
芦屋では、急に増水した川で作業員が400m流され大けが。
海の方に行ってたら怖かった。

昨日も午後から荒天の予報だったが平穏に過ぎ、
夜中に急な雨と雷。

最近空の暴れ具合が激しくなってる気がする。

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。