ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『袈裟と盛遠』

「平家物語」の時代の人で、文覚という僧がいる。
もと遠藤盛遠という武士で、ある事件を契機に出家し、各地の寺の復興や改修に尽力。
源の頼朝と親交が深く、存命中は幕府の要職に就き活躍した。

出家の発端となったのが、「袈裟御前」。
盛遠の幼馴染の女性で、既に他家へ嫁いでいたのに盛遠が横恋慕し、
袈裟の夫を殺して一緒になろうなどとかなり強引に迫ったところ、
袈裟は承知して、夜中に寝所で洗い髪を目印に夫の首を掻くようにと言う。
手筈通りに盛遠は寝所に忍び込み、洗い髪を引き寄せるとと首尾よく首を落とした。
月明かりに照らされたその首は、なんと袈裟御前のものだった。
盛遠の申し出を受ける振りをして、自分を殺させたのである。
その顔には微笑みさえ浮かんでいた。

…と、手許に本がないので記憶を頼りに。
たしか「日本の伝説」にこんな話が。
袈裟御前は貞女の鑑とされている。

袈裟と盛遠の話は「平家物語」の異本「源平盛衰記」に取り上げられているとのこと。
後程確認しておきます。

出家した時、盛遠19歳だって

この話を題材にしたのが、芥川龍之介の『袈裟と盛遠』。
短編で、全文こちらで読めます。

物語は前半と後半に分かれ、事件が起こる直前のそれぞれの独白というかたち。
どちらも複雑な内面を見せ、
それぞれが自分の心というかどうしようもない衝動と戦い、けりをつけようという。

明るい月の光、静けさや緊迫感が伝わってくる。
やっぱりこれは作者の美意識というのだろうか。

ネットで読んだ後、文庫本購入してもう一度読んだ。
やっぱり文章味わうんなら本なのかね。

原典になっている古典の逸話というのはたいてい短くて、淡々としているのに、
よくあれだけ登場人物に血を通わせられるなと思うのですが、
なんであんなに穿つのだろうというのも一読した後の感想。
かなり繊細な人だったんだろうな、とか。

でもね、
わざわざ自分の首を切らせるなんて、
どう考えてもあえて相手に大ダメージを与えるためのようにも見える。
黙って自害すればよかったわけで。

やっぱり自分の気持ちも盛遠に動いてしまって、あえて下した選択だったのかも。
歪んだ愛情と受け取れなくもない。

原典を読んで覚えた、微かな違和感を掘り下げていくという作業で、
そこは作家の資質の大切な部分。
だから文学作品としてしっかり立っているんだと思う。

スポンサーサイト

麻ガーゼのブラウス

ポンチョみたいなゆったりしたブラウス。

着物をリフォームしようと思ったのだが、
こんなたっぷりしたチュニック丈の服、

どう考えてもてるてる坊主でしょう。
(使うつもりだったの白い着物だし)

という訳で、
麻のガーゼ生地で作ってみた。
夏羽織の感覚。
大好きな藍色。

これ着て旅に出るのです。

オリンピック中継

世界が見えない~(-_-;)

日本人の活躍も気にはなるけどさ。

今日も

暑い。
IMG00719.jpg
石段も石畳も、
熱くて座ってられないほど。

一昨年が「記録的猛暑」だったらしいのですが、
すでに上回ってないか?


でも、
IMG00722.jpg
蓮の花みっけ。

IMG00725.jpg
それなりに季節は進んでる。

「記録的残暑」…

「立秋」


玉ねぎ炒めた。頂き物。大4個。
約2時間。
じ~ん。


高気圧高笑ひして今朝の秋

夾竹桃の花



よく見ると、優しげな花だね。

とても強くて、排気ガス等の二酸化炭素を吸収してくれるとかで、

道路沿いや工場の周りでよく見かける。

向日葵といい夾竹桃といい、
なんだか申し訳ない。

歳時記見てても思うけど、遥か昔から日本人は植物にひとかたならぬ世話になってるよね。

身ほとりのものたち



●箱買いした素麺(置場に困ってる)
●裁断まで済ませた生地
●辞書・・・何だかんだと必要。電子辞書よりやっぱり情報は多い気が。
●お昼寝枕・・・気がつくと使ってる

殆どこのエリアで事足りてる今日この頃。

片付けねば~(-_-)

日曜の朝



ちょっと涼しい。

湿度は高め。

更紗っぽいシャツ

完成。
IMG00762.jpg
元、祖母の羽織。
祖母の着物リメイク第一号。

IMG00763.jpg
なかなか渋い柄行。

着ることはないだろうと判断し、
シャツにして普段着用することに。
なぜか「シャツ」ってひらめいたんだよね。
羽織じゃなくて着物だったらそのまま着たんだけど。

解いて裁断したところで力尽き、しばらく放置。
励ましのことばも頂いたところで、やっと完成

素材は…なんでしょう。サマーウールのような気が。
肌触りちょっとチクチク。

祖母の着物はウールが多い。

思うに、昭和30年代頃というのは普段着としての着物が廃れてきて、
それでもまだ着物業界は何とか活路を見出そうと、あれこれ工夫をして、
化学繊維やウールといった手頃な値段の素材や、
付け帯や二部式着物など、頑張って作っていた時代だったのだろうと。
(ここまで書いて、この羽織付け帯に作り替えてもよかったなと思いつく…後の祭りね)
アンティークとしてはあまり価値がないのでは。
孫としては、日常着だったというところが大事なのではある。

いま着物は完全にお洒落着になっているから、
わざわざウールの着物など誂える人もいないだろうけど、
気軽に着られて、軽くて、悪くないよ。

祖母から譲り受けた着物、みんな形見になってしまった。
涼しくなったら着物も着てみようか。

「秋旱(ひでり)」

IMG_20120811_162856.jpg
今年初!


蟬声を風と聴きをり秋旱


夏休み!

九州へ!
IMG00764.jpg
初陸路!

…ここに至るまでに、
前日から豪雨。
関西の各地で川が氾濫したり、土砂崩れがあったり。
一夜明けてもダイヤは乱れに乱れ、東海道本線は軒並み3時間近くの遅れ。
若干の余裕を持って家を出たはずが、
新大阪に到着したのは乗る予定の新幹線の発車時刻ちょうど
諦めずにダッシュ

東海道新幹線はかなりの時間静岡県辺りが不通になっていて、
新大阪駅大混雑。

新大阪で折返しの発車となる九州新幹線も到着が遅れていたので、
何とか乗車できた。
いやー、助かった。
こちらも遅れが出てダイヤは乱れ、自由席は大変な混みようだった。

九州新幹線、
指定席を予約していたお蔭で座席は広めで快適でした。
shot_1344923049827.jpg
乗り物の苦手な私がコーヒー飲めたくらい。

終点の鹿児島中央へ。

鹿児島には「真摯なアマチュアゴルファー」の弟一家が暮していて、
迎えに来てくれた。

初めての鹿児島、桜島も見えたし、
繁華街の美味しいお店にも連れて行ってもらった。
地鶏、お造り、黒豚…
美味しいモノがいっぱいあるのだね。

昼間の疲れも吹っ飛んだのでありました。

鹿児島観光(1)

朝から晴天。

鹿児島といえば、
CIMG3532.jpg
桜島!

本日は噴煙も少なく、風も穏やかで、キレイな姿が見られた。

日によってはかなりの火山灰が飛ぶので、
鹿児島の人たちは風向きに敏感になるんだそう。
洗濯物を干すのにも気を使う。

CIMG3542.jpg
海岸は遊歩道になっていて、こんな日は気持ちよく歩けるね。
毎日桜島見てたら大きな人間になれそう(身長じゃなくてね)。

ところで、
師匠の句に、季節は違うけど

短日や斧のごとくに噴煙は   一考

というのがあって、確か桜島を詠んだものだった。

噴煙の形が斧の刃のように見えたということ。
この時の桜島はかなりの煙を噴いていて、
煙がまっすぐ上がっていたということは、風のない日だったんだろうなと、
実感を持って見ることができた。

鹿児島観光(2)

つづいては、薩摩焼の郷へ。

薩摩焼は、秀吉の朝鮮出兵の際に朝鮮半島から連れてこられた陶工が、
藩主島津氏の庇護の下に発展させた焼き物。
藩主御用達の「白薩摩」、庶民向けの「黒薩摩」、明治以降輸出目的で作られた「京薩摩」とある。

薩摩焼については詳しくないのですが、
司馬遼太郎の「故郷忘じがたく候」関連で認識しており、
そんな話をしていたら連れてってくれた。
CIMG3553.jpg
ちょっとした知合いなんだって。
小心者の私はひとりで行ったら入って行けない…

CIMG3544.jpg
登り窯を見たり(←は姪っ子のサクラちゃん)、
四季折々の植物が植えられた庭を見たり。
CIMG3545.jpg CIMG3550.jpg CIMG3543.jpg 

CIMG3547.jpg

併設のギャラリーには沈家の収蔵品や歴代の作品が展示されていて、
ため息モノでありました。

薩摩焼というと「黒ぢょか」に代表されるようなどちらかというと武骨なイメージがあったのですが、
朝鮮半島の白磁の流れを汲む精緻な細工と繊細な絵付け、
それに家風とも見える進取の気風と遊び心。
いたく心打たれたので、これから少し勉強しようと思っているところ。

みんなに付き合せちゃったみたいで申し訳なかったけれど、心満たされた。

昼食は奄美の郷土料理、「鶏飯」。
CIMG3556.jpg
暖かい地方の食べ物って、彩り豊か。
皿の上の具をご飯に乗せ、スープをかけて食べる。
お祝い事などで供されるのだそう。
家庭ごとに色々な味がありそうだね。

ドラゴンフルーツのシャーベットもしっかり。
CIMG3557.jpg CIMG3558.jpg
完璧なエスコートのお蔭で、本当に楽しかった。

ありがとう!

そして一路宮崎へ~

宮崎―鵜戸神宮

まずは収穫♪
IMG00771.jpg
う~ん、年々グレードアップしてるような気が。

本日も晴天

IMG00777.jpg墓参を済ませ、

CIMG3566.jpg
車を借りて日南海岸。

CIMG3568.jpg
道の駅「フェニックス」。照りつける太陽。
けっこうな人出があるのは嬉しいこと。

CIMG3572.jpg
絶景絶景♪
「鬼の洗濯板」と呼ばれる奇観。砂岩泥岩の交互層が浸食されて、このような独特の姿に。天然記念物。

ここから2年ぶりに運転

鵜戸神宮へ。
とにかく古いところ。詳しくはこちらを。
本殿に向かう際に下って行く参道は珍しいらしい。
CIMG3600.jpg

辺りには浸食されてできた、様々な表情の岩。
IMG00783.jpg

CIMG3596.jpg

CIMG3599.jpg

本殿も、岩山が浸食されて出来た洞の中にある。
CIMG3586.jpg CIMG3587.jpg

運玉にも挑戦。CIMG3589.jpg CIMG3590.jpg

願い事を念じて、男性は左手、女性は右手で崖下の岩の注連縄の囲み目がけて投じる。
CIMG3591.jpg
そうすると願いが叶うのです。
「真摯なアマチュアゴルファー」ひとつ命中!

とにかく暑い

CIMG3607.jpg shot_1345086552332.jpg

そして長い参道。
CIMG3608.jpg CIMG3611.jpg
参道にトンネル! ここ涼しかった。

南国の真夏を堪能し、
お土産に地ビールを買って帰宅。
IMG00787.jpg
中味はもうありません…

綾城

夕方、少し時間があったので、
隣町のお城まで。

綾城。
CIMG3616.jpg
小さいけれど地元の豊かな木材資源を生かした、造りのよいお城。

昔読んだおとぎ話で、
男の子が猫のために数年かけて金と銀で小さなお城を作る話があったのだけど、
綾城を見るたびにその話を思い出す。

うろ覚えなのですが、たしか「お母さんが読んで聞かせるお話」に載ってた。
藤代清治さんの挿絵付きで、ボロボロになるまで読んだ。

この一帯は地元の様々な工芸を紹介する場にもなっていて、
藍染めや木工、陶芸などの作品が展示即売されていて、工房体験もできる。

じつは、先年訪れた際に見かけた草木染の毛糸を購入しようと思って行ったのだが、
現在扱ってないみたい(T_T)
残念でした。

気持ちのいい空間で、お茶など頂く。
shot_1345096746896.jpg
木っていいな~ と思える場所。

最終日~ 大吊り橋

楽しい帰省も最終日。
午前中、ふたたび綾へ。

CIMG3625.jpg
大吊り橋。
昨年9月に改修したそうで、なんだか迫力を増している。

「真摯なアマチュアゴルファー」は、高いところが苦手。
CIMG3628.jpg
注連縄に一礼して渡りはじめたものの…

CIMG3629.jpg
制止を振り切って撤退。
3メートルも進んだであろうか

仕方なくひとりで渡る。
CIMG3636.jpg
確かに迫力満点。

CIMG3631.jpg

CIMG3641.jpg

IMG00791.jpg 綾川。

CIMG3640.jpg

見渡す限りの緑。

この豊かな自然が評価されて、
ユネスコのエコパークに登録されたとか。
観光客が増えるのは嬉しいことだけど、
この自然あってのエコパークだからね。
変わらないでいてほしい。

とにかく一見の価値あり

いつものしいたけ茶を買って(なぜか反射的に買ってしまう…)、

空路関西へ。
CIMG3654.jpg
今日も元気だった♪

CIMG3652.jpg shot_1345184647290.jpg
余韻に浸りつつ…

函館便はいつも関空を発着するので、
伊丹空港に降り立つのは久しぶりなのですが、
飛行機が街のど真ん中を低空飛行するのはかなり怖かった。
吊り橋より怖かった

帰ったばかりだけど、また行きたい~

収穫

沈壽官窯にて
CIMG3658.jpg
ぐい呑みと小皿。

ぐい呑みは素焼き。触れると涼しげないい音がする。

小皿の脚は
CIMG3657.jpg

無心なさまがいじらしく。

CIMG3661.jpg
三羽の兎が支える世界。

古代インドにおいては、世界は象の背に乗っていて、その象は亀の上に立っているとされていた。
(なんでわざわざそんな不安定な…と思うが、その頃から地震があったのでしょう)

それはともかく。

兎の可愛らしさはもちろんのこと、
この地肌の色といい、縁の絶妙な金色といい、
CIMG3656.jpg
美しい陥入といい。

「白薩摩」は昔、藩主の為だけに焼かれ、一般への流通は許されなかったそうで、
現代に生まれてよかったなと。

いっぱい使います。

IMG00793.jpg
初仕事。
ちょっと重そうだった…

いつの間に…

相変らずの暑さの中、
IMG00794.jpg
ぎんなんが。
いきなり出くわしてびっくりしてしまった。

裸子植物の剥きだし感て、不用意に出会うと驚いてしまう。

上手く対応していかなくちゃ。

終了

昨年11月から使ってたノート。


スマートフォン導入以降ペースが鈍ったが、
やはり紙に手書きするのは大事。

お疲れさん。

このノートの前に使ってたノートを見てたら、
全然筆跡が違うので驚いた。

人間、変わってないようで絶えず変化してるのですね。

処暑

二十四節季の一。
「暑さが収まる頃」という意味。

暦の上ではね。

駅の敷地で
IMG00811.jpg
かわいいゴーヤ。手のひらくらいの長さ。

IMG00813.jpg
よく見たらけっこう実をつけてた。花も♪
健気である。

そうそう、出てました。
shot_1345715076870.jpg
お盆明けから秋モードになってるのか。
素直に買ったヤツ。

ユ〇クロでもヒートテックがずらっと。
見てるだけで暑かった

気分も秋に向けていかないとね。

「初風」

IMG00806.jpg
昨夜の強風でずいぶん散った。
色合いも変わってきてるね。


初風や騒ぐのは飛びたい葉っぱ

お母さんが読んで聞かせるお話

「金と銀で小さなお城を建てる話」、
思い出したら気になってしまって、
IMG00820.jpg
「古本屋」で見つけて買っちゃった。

懐かしい~

改めて読んでみたら、大変な作業でした。
IMG00821.jpg
これによって森の国の魔法が解けて、
お城を作ったハンスは王女様と結婚したという。

そうだったそうだった。

親方が求める馬を探して7年。
ドイツの徒弟制の厳しさも覗わせる話でありました。

昭和48年刊。
『暮らしの手帳』に連載されていたものらしい。
ちなみにA・B二冊のセットで購入。

今もだけど、
一級の画家が子供向けの本の絵を担当してて、
これは本当に大事なことだなと。

藤代清治さんの絵は子どもだった当時も印象的だったし、
今見てもやっぱり素晴らしい。
昇仙峡の美術館にも行ったほど。

収載されているお話はどれも”手垢がついていない”感じで、
他所ではあまり見かけないものも多かった。
アイヌ民話や北欧神話なんかからも題材を得ている。

『おそばのくきはなぜあかい』もそうだったけれど
(「けれども おそばは がんばりました」という台詞を思い出せたことはとっても力になった)、
ホントにいい再会ができた。

「秋思」




秋思かなジャングルジムに風かよふ

民謡大会

たまたまテレビで。

全国各地の様々な民謡のコンテストで優勝した人たちが集い、
全国一を競うもの。

ワタクシ全くの門外漢(”漢”て使っていいのか?)ですが、

ちょっと緊張してるかなという人もいれば、
聴いていると風景が浮かんでくるようなうたい方の人もいて、
とても興味深かった。

最初の「♪ハァ~~」で、余所者には真似のできない訛りが感じられるのって、
なんなんだろうね。
話しことばでもそうだけど、
地方によって口の開け方や喉の使い方が違うんだろうね。

で、
思ったのが、
こういう声の出し方って、つくづく日本人に合ってるんだなということ。
「こういう」というのは、難しいのだけど、
「極端に制御が効いている」とでもいうか。

クラシックの声楽などでは、喉の力を抜いて腹筋で支えて発声するけど、
日本の歌謡の発声は、喉を締めて声をコントロールする(もちろん腹筋も大事だけど)。

喉の力を抜くというのは、自分をさらけ出す行為にも似てるような気がして、
伝統的に日本人はこの「さらけ出す」というのが苦手なように思う。

クラシック音楽に興味のない人がオペラ歌手のうたっているのを見たり聴いたりしたときに、
笑ったり面白がって真似したりするのは、
ああしたうたい方に照れくささを覚えるということもあるのかも。
いい歌をうたっているのに、まともに聴いてもらえなくて歯がゆい思いをすることもある。

西洋音楽というのはまだまだ一般レベルで浸透してないのかな~と思う。

文句なしにいい演奏をすれば、絶対伝わると思うんだよね。

礼拝

いつもお世話になっている六甲のルーテル教会から、礼拝のお誘い。

聖霊降臨後第14主日礼拝

とのこと。

何の知識もないままに行った。
後ほどちゃんと調べておきます。

教会というのは誰にも広く門戸を開いているものだけれど、
信者でもなく、日頃接点がない者にはやっぱり気軽には入りづらい。

声をかけて頂いたおかげで、いい時間を過ごせた。
ふえふき隊のメンバー3名でお邪魔した。

信仰の根拠を確かめ、神にすべてを委ねることを改めて誓う…という集いのように見えた。
重ねて、ちゃんと調べておきます。

日常生活のなかにこうした機会を持つのは、確実にいいことだよね。


終了後、久しぶりにまっきーさんと昼食。

久々にまともな日曜日だった。

原稿投函した後の


世界は美しい。

日が短くなったね~

やっと編み物できる♪

関空へ


急遽函館へ。

なんか今年は忙しい。

しかも、
今朝起きたら、膝が痛い。
膝小僧に、ぶつけたような痕が。

寝てる間に、何してるのでありましょう。

まずは、

突然の雷雨など来ませんように!

到着



やっぱり日の暮れるの早い。

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。