ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もこもこ糸の帽子

シーズンはじめは小物から。

アヴリルの糸で。

再び登場の"実物大"湯籠。

四本針で、
一目ゴム編み8段、
メリヤス編みで表5段、裏3段。

最後は4ヵ所をつまんで綴じただけ。

編みながら決まっていった形。

後姿。

サイズぴったり♪

やっと涼しくなってきたね~

スポンサーサイト

「十月」


空が高くなったと思ったときに、
最近空を見てなかったことに気付いた。


十月や片雲のまた流れだす

三日経過・・・

10月新期開講ということで

IMG00959.jpg
ちょっとやってみようかと。

毎朝7時から1時間、
ラジオでヨーロッパ4か国の語学講座を連続して放送している。

スペイン語は…覚えたいスペイン語の歌があって。
ドイツ語…オクトーバーフェストの影響?

まあ、挨拶くらいできたらいいなと思って。

他にフランス語とイタリア語。これは聞き流しとく。

あまり根を詰めると続かないので、とにかくラジオを点けて聴くこと!


で、三日経過。

ドイツ語…単語に馴染みがない ドイツ歌曲のお蔭で響きには親しみが。
スペイン語…なんとなく分る。イタリア語と微妙に違うところが難しいかも。
フランス語…聴いてるだけじゃムリだな 発音からスペルが連想できない。特に"R" の発音とか。 でもパトリスさんが面白い。
イタリア語…分る。とりあえずホッ でも単語忘れてるかも。

以前聴いていた頃に比べて、イタリア語講座はずいぶん内容がぎゅっと絞られた印象が。
もっとスキット大量だったし、そもそも20分の放送だったような。
その分、結構真面目に勉強しないとついて行けなくなりそうだったけどね。

4か国語を続けて聴くと、
それぞれの講師(日本語が母語)の日本語の発声(発音じゃなくてね)が、
専門の外国語によってそれぞれ違ってて面白い。

そんな聴き方じゃダメですね

応用編もあるけど、
訳分らなくてもいいから、しばらく聴いてみよう

イタリア語、もう一度勉強しよう…

ドミノ編みのバッグ

今年も作った。三つ目。

スキーファンタジア カリオペと、10年以上前に横須賀で買った糸。

ドミノ編みをつなげて…
IMG00993.jpg

洗濯機に投入。

乾燥コース。

IMG00996.jpg

縮む前の方がキレイだったような
もうちょっと赤い糸のグラデーションが出るかと思ったのに

黒い糸の方が太くて、
縮めるとはっきり差が出てしまうのね、やっぱり。

乾燥までしたのは初めてだったのですが、
なんにしても、お見事な縮み具合。

小さくなった分、丈夫だよ~

作ったものを配りまくるオバサンの気持ちが何となく分るこの頃

看板

集合住宅の入口にあった。

IMG01000.jpg

具体的な一項目。
ざっくりした二項目。

犬の場合はどんなにお行儀よく通っても不可ということだね。

「公序良俗」というのは「一般常識内」というのと同義だろうか、この場合。
意外と深いような

アンサンブル練習

先週に引続きふえふき隊。
今日はいい天気

いつの間にか9月は終り、
ミ〇ドの”半額フィーバー”も終り、

すっかり秋深し。
shot_1349565659123.jpg
ほとぼりが冷めたら行くヤツ。

ふえふき隊は本日先生が来てくれてレッスン。

カプリオール組曲。
全6曲のうち、前半の3曲で時間切れ。

ソプラノの音程が悪かったです

いつも充実してるのだけれど、
事前に音程を揃えることとか、もっとやっておけば、
もう少し踏み込んだ練習ができるのかも。
なかなか難しいけどね。

耳が慣れないうちはチューナー使うのも手かもね。

練習後数名で昼食。
楽しくて良いです。

そこから更に西宮へ。
毛糸の話になって、まっきーさんと現物を見に行くことに。
JR西宮から歩いた。

三連休の真ん中とあって、人がたくさん。

毛糸を見てあれこれ悩んで、
お茶を飲んで

帰途に就いたのはすでに夕刻。
IMG01001.jpg

お蔭様で一万歩達成
IMG01003.jpg

ふらっと・・・

神戸へ。

取り立てて目的があったわけではなく、

・美容室に寄って予約を入れる
・カウチンヤーンを買う(ポンチョにしようかと思っていた糸が、全然足りなかった
・コーヒー豆を補充

あたりを漠然と。

で、
・美容室→三連休に伴う臨時休業
・カウチンヤーン→どこにもなかった(まだシーズンじゃないからか?)
・コーヒー店→たぶんイベントに出店のため臨時休業



それでも元気に神戸の街を歩き、
メリケンパークで日印友好を記念したイベントが開かれているのを眺めながら、
栄町通の蕎麦屋へ。「生そば」の暖簾が前から気になってたお店。

在来種の蕎麦粉を使ってるんだって。喉ごし良し
つゆは関東風の辛口。嬉しい♪
蕎麦湯もしっかり

蕎麦は、写真撮ってる暇がないのです。
すぐ食べてしまうのです。

「レディースセット」というのを頼んだら、
蕎麦豆腐とデザート付き。
蕎麦豆腐見ると日本酒を頼みそうになるのをこらえ、

デザート。
shot_1349666553202.jpg
蕎麦粉で作った、「ソバロア」
なめらかで美味しい。 蕎麦の実をアクセントに。

またぜひ行くのです。

そこからまたふらっと、
思いついて音楽練習室に。ピアノを弾きに。
「冬の旅」の楽譜持って歩いておりまして。

2時間練習して疲労困憊。
実家では1時間ごとに休憩するのだった。
リコーダーだと何時間吹いても疲れないのに。

そんなこんなで今日も夕刻に帰宅。
IMG01006.jpg
昨日も今日も、けっこう風が強かった。

当初の目的は何ひとつ果してないけど、充実でありました。

「夜長」

shot_1349786175899.jpg
六花亭の「どんぐりころころ」。至福のひと時(^^)


夜長かなコップは水の形して

「昼の虫」

shot_1349841841408.jpg
宙ぶらりんなシーソー。


石段の影対等に昼の虫

丹波

CIMG3910.jpg
篠山へ。
まっきーさんと。

秋の深まりがちょっぴり早い。

お目当ては
shot_1350034574742.jpg 栗!

そして
IMG01020.jpg
枝豆!!

昨年の経験を生かし、
今年は篠山に直行
早々と買出しを済ませたのでした。

安心したところで、
IMG01017.jpg 栗ソフト♪

昼食も郷土料理を探して。 旅館の食堂へ。
CIMG3891.jpg
麦とろ。煮豆が出色の出来

shot_1350011461589.jpg CIMG3890.jpg shot_1350012099214.jpg
丹波黒豆の豆乳に胡麻豆腐。鋤焼も付いて、かなりのボリューム。

なんか食べる話ばっかりだ

3度目とあって、ちゃんと観光も。
CIMG3903.jpg
お城の堀をひとめぐり。

CIMG3898.jpg
武家屋敷群。

庭には当然のように栗の木があって、
道にも毬がたくさん落ちてたけど、
中身は無かった…
栗や黒豆の味って、昔から変ってないんだろうな。

CIMG3915.jpg
篠山城跡。大書院は最近再建された模様。

空が広い~ すっかり秋の空。

shot_1350022347169.jpg
金木犀が盛り。 歩いてて幸せな気分に。

たっぷり一日、山の秋を満喫。ちょっと寒いくらいだった。

お土産

shot_1350091795893.jpg
昨年気になりつつも購入しそびれた「栗おはぎ」。
中はもち米で、普通のおはぎの餡のかわりに栗の裏ごしが。

これは良い

さつま芋でも南瓜でもできるね。
ただ、「おはぎ」というのは小豆餡の色が「萩」に見立てられて付いた名前なので、
(春だと「牡丹」になぞらえて「ぼたもち」になる)
これを「おはぎ」と呼んでいいのだろうか

この「栗おはぎ」も、
栗饅頭に入ってた栗も(持って帰る途中で形が崩れた)、
篠山で食べた煮豆も、
味付けはあくまで控えめで、素材の味を最大限生かしている印象。
素材に絶対の自信を持っている地元ならではの味付けだろうね。
或いは砂糖が貴重品だった頃から変ってないとか。
いずれにしても、栗や豆との長い付合いを思わせるのです。

そして、
shot_1350040517008.jpg
黒豆ビール。

なかなか独特な香り。
慣れてくるとハマるかも。

枝豆と一緒に。


購入した栗は、
shot_1350198130657.jpg
栗ごはん。これは残ったのをおにぎりにしてみた。
もち米を加えて、塩と酒、薄口しょうゆ少々で味付け。昆布出汁で。

ちょっと話は変るけど、おこわって冷たいのも結構好きだったりする。

残った栗を7個だけ、
shot_1350167688674.jpg
渋皮煮に。
数が少ないと意外に気軽に作れて、
ミルクパンで作ったんだけど、会心の出来

栗さんありがとうという気になる。

けなげな朝顔

IMG01023.jpg
直立してる。

朝晩寒くなってきたね。

本~

久々の丸善。

ホントは「エル・グレコ展」を見たかったのだが、
まだ始まってなかった

夏から初秋にかけて、
あまりの暑さに大阪まで行く元気も無く。

それで、
じっくり見て回って、
”大人買い”。
ま、カワイイものではありますが。

たまにど~んと買うのは本か食い物ですね、私の場合。

洋書コーナーで。
IMG01027.jpg

中は…
IMG01028.jpg
料理本!

他に「卵」「玉葱」「サラダ」など。どれもカワイイ。

昨日神戸で食べたブルスケッタが美味しかったものだから。
shot_1350099969696.jpg

結局食べ物の話…

今日の運勢


●ラッキーレジャー…ディナーをデラックスにする

●ラッキーグルメ…エビ玉(お好み焼き)



どうしたらいいんだ?

締切

1年にわたった書評、
今月最終回。

いまやっとこさ送信。
電子メールの普及はホントにありがたい。

郵送しか手段がなかったら、それなりに間に合わせるのでしょうが
要は便利になるとそれだけ怠けるということね。

ところで、
今回採り上げたのは「土瓶蒸」の句で、

考えてみたら土瓶蒸食べたことなかった
自分でもびっくり。あんな有名な料理なのに。
やっぱりどんなものか知らないと鑑賞できないわけで、

作ってみた。
IMG01026.jpg
もちろん松茸省略…

土瓶も持ってないので、
中国茶の蓋碗で代用。これで茶碗蒸しも作れそうな。
邪道でありますが、ぎんなんもちゃんと入れたし、
スダチも絞って、けっこうシアワセな。

折しも、週末の備前焼祭の案内が届いたくらいにして。
この蓋碗を作った作家さんから。
土瓶探してしまいそうだ~

句集のお蔭で、なんだか心豊かに暮せたのでした。

保存食

篠山で購入したものたち。

枝豆は「豆漬け」に。

茹でた豆を塩水に漬けるだけ。

祖母が得意だった。
教わっておけばよかった。

そして、

見つけるとつい買ってしまう
紅玉りんご。

皮ごとジャムに。

甘さ控えめ。

あまり保存されない予定(^^)v

備前焼祭

4年ぶり。
来ました!
CIMG3926.jpg
晴天!
CIMG3929.jpg
田んぼもこがね色!
CIMG3930.jpg
本日稲刈り日和だったらしく、
帰途に就いた時には沿線の田はあらかた”刈田”になっておりました。

以前ご縁のあった作家さんが案内のハガキをくれたので、
ふらっと行ってみたのです。

遠いとはいえ、乗換一回で行けるってすごいよね。

会場は大変な盛況。
ハガキをくれた作家さんにも会えて、
気に入ったものも見つけて、
2時間ほどぶらぶらして帰宅。

shot_1350707670984.jpg ちょうどいい小旅行だった。

そういえば、帰りの駅のホームで、
CIMG3933.jpg
岡山県知事選挙が近々あるらしく、
候補者さんが握手作戦をしてたのだけれど、

岡山方面に向かう電車のプラットフォームでは一生懸命握手して、
播州赤穂方面には来なかった
こっちの路線も岡山県内で下車した人は結構いたから、
来といたら良かったのに。

CIMG3932.jpg 
線路の石も備前焼色に見える。
…って前にも言ったかも。

本日の収穫♪
CIMG3958.jpg
今回は赤い色がキレイに出てるものを中心に。
カフェオレボウルはいろいろに使えそう。


IMG01043.jpg さっそく。

いい一日でした。
CIMG3952.jpg
(なぜかいつもの運河)

「もみぢ且つ散る」

CIMG3850.jpg
スクリーンセイバーのこの写真に、不意に浮んだ。
クロちゃんピンボケね。


もみぢ且つ散り猫の手は短いよ

カウチンヤーンのポンチョ

完成。
IMG01051.jpg

IMG01052.jpg 大好きなフード付き♪


この本の作品↓
51QAoPUQLRL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_
そもそも、これを作りたくて買ったのだった。

カウチンジャケットを作って余った糸で。
6本取りだったのを3本ずつに分けて、10mmの棒針で編んだ。
やっぱりポンチョって、たくさん糸を消費するね。

ありあわせの糸で作ったので、色とりどりに

前立ての部分、あと4段を残して糸が無くなった

同じ糸って、どうやら廃盤になったみたい。
どうりでここ2、3年すごく安く売ってたんだよな

仕方ないので、今年出たばかりの「カナディアン3S」を買い足した。
微妙に色が違うけど、まあいいか。

あったか~い
いつどこで着たらいいのだろう?

アッフェルクーヘン

紅玉りんごを使って。

IMG01069.jpg
ど~ん。

「アッフェルクーヘン」という名前からして、ドイツのお菓子。
高校時代に買ったお菓子の本から。
ずいぶん前の本だから「甘さ控えめ」などという発想は微塵もないのだが、
自分で調節すれば充分使える

クリーム状にしたバターと砂糖、卵黄・牛乳を合わせ、
固く泡立てた卵白と小麦粉(とベーキングパウダー)を加えた生地に、
薄く切ったりんごを突き刺して焼く。

バターがけっこう入ってますが、
メレンゲのお蔭で口あたりは軽め。
りんごの香りと酸味が相俟って。
紅玉がいいね、やっぱり。

レシピでは21㎝の丸型で作るようになっていたけれど、
パウンド型(小)とマフィン型で。

IMG01071.jpg

秋の夜長に~♪
食べてる場合じゃないけど~♪

練習の後

このところ毎週通っている音楽スタジオ♪

練習後は気分も良く、
天気も良く

元気に歩く。

通りすがりの重厚な建物。
IMG01077.jpg
御影公会堂。

1933年に完成。
戦時中、度重なる空襲によって被災した(野坂昭如『火垂るの墓』にも描写がある)が、昭和26年に再建。
地域のシンボルともなっている。

IMG01073.jpg
内部も趣がある。

地下には食堂が。

笛吹くとお腹が空くのです。
こういう所の食堂には、きっとデミグラスソースのポークカツがあるに違いない。

残念ながら昼の営業は終了
IMG01075.jpg

でも、
IMG01074.jpg
ステキ♪

こんどはここを目指して来よう。

これまで三度も

上衣のポケットに入ったまま洗濯された、

ICOCA・・・

今回も無事に改札機通過。

うう~
ありがたい。

有意義に

大阪。
「ふえふき隊」で使う楽譜を物色に。
まっきーさんと。

オープンしたばかりの阪急百貨店、混んでました。
横目に素通り。

昼食。
IMG01078.jpg
いろんなお店がありますね~

良い楽譜を発見♪
バロックもやはりやりたいということで、
「水上の音楽Ⅱ&Ⅲ」と「春(全楽章)」。
面白そう。みんな気に入ってくれるといいなと。

ついでに自分のも…
IMG01079.jpg
リコーダーの楽譜も、ずいぶんいろんなアレンジが出るようになったね。

向かって右の楽譜、
1ページ分白紙になってた
パート譜はちゃんとしてるし、伴奏も前半の繰返し(たぶん)なので、
演奏する分には支障ないのだけれど、
やっぱり言った方がいいだろうか…

更に、近所の書店で売切れていた「ドイツ語講座」のCDも入手。

ついでになぜか
IMG01080.jpg

ずっと気になってた糸。
まずはひと玉。

収穫たくさん。
大阪便利ね。

伊勢へ

ふたたび突然の小旅行。
CIMG3960.jpg
初めて。そもそも三重県初めて。

まずは昼食。
IMG01082.jpg 伊勢うどん。

なんと、向いには
IMG01083.jpg

時間があったので内宮を目指して。

天気もいいので、とりあえず歩いてみた。

CIMG3967.jpg
道路沿いには信者によって寄進された燈籠がずらっと。

つまりずっと参道なのね。

CIMG3975.jpg

CIMG3976.jpg あ、活用されてる

月讀宮に到着。
CIMG3980.jpg

CIMG3983.jpg

CIMG3985.jpg

なんか賑やかなところに。
これが「おかげ横丁」。
CIMG3995.jpg

赤福本店。
CIMG3999.jpg 行列のため買うのも食べるのも断念。

shot_1351314642253.jpg 蜜柑ジュースで休憩。しみる~

CIMG4003.jpg
内宮~

有名な橋を渡る。
CIMG4006.jpg
混んでます。
「伊勢参り」というのは江戸時代からあまり風情が変ってないのだろうね。

CIMG4023.jpg
紅葉も始まってる。いい時季だね。

CIMG4043.jpg
本日、この「御木本道路」を一周したようである。

歩数3万3千を超えた

CIMG4058.jpg お宿へ~

寄り道・伊勢路

内宮にて。
CIMG4009.jpg
地元で作られているお酒。

菊花展やってた。
IMG01091.jpg IMG01090.jpg


CIMG4028.jpg
猿田彦神社。
ちょうど七五三の時期で、ここにも晴れ着姿のカワイイ子たちが。

CIMG4029.jpg りりしい狛犬。

道すがら、
CIMG4034.jpg
柿の木がたくさん。
特産の蓮台寺柿でありましょうか。
なかなか手に入らないんだって。

CIMG4035.jpg あまり柿は食べないけど、見るのは好き。

CIMG4036.jpg
鳥?

さすがに疲労困憊。

古くから栄えている土地というのは、
鉄道の駅周辺は主要部ではないことが多く、

探し回ってやっと見つけた喫茶店。shot_1351324757212.jpg

IMG01094.jpg
かわいいレジスターが。

ケーキはメニューに無く(食事メニューは充実)、
「甘いものが欲しいけどホットケーキはちょっと重いかな…」と言ったところ、

トースト1枚(本当は2枚のところ)にバターとジャムを塗って出してくれた。
shot_1351324815499.jpg
美味しかった。
嬉しかった。

伊勢・旅館~二日目

このたびの旅行は、
「真摯なアマチュアゴルファー」が三重県へ出張することになり、
ついでに合流しようというもので、

決ったのはほんの数日前。

旅館どこも満室(T_T)
ま、当然ですね。

という訳で、
ちょっといい所に泊ることに。

天保元年開業。
shot_1351346042829.jpg
格式の高そうな

料理は絶品!
CIMG4059.jpg CIMG4061.jpg CIMG4067.jpg
3万歩の疲れも吹っ飛んだ。

翌日。
CIMG4068.jpg
生憎の雨。予報通り。

駆け足で外宮・内宮にお参りすることが出来た。

終盤土砂降り。

たまらず「おかげ横丁」で休憩。 今日も混んでた。
CIMG4075.jpg shot_1351388122796.jpg
地ビールのお店。地ビールってどこにでもあるのだね。
カキフライ串。私は食べられません

昼食の後、それぞれ帰途に。
CIMG4079.jpg
伊勢うどん。”月見”。

食べるものもしっかり食べて、

思い切って行って良かった

後の月

暮れるのがずいぶん早くなった。
IMG01099.jpg
勝手に決めた「夕陽スポット」。

桜咲いてる!
IMG01101.jpg カメラ持ってくれば良かった。

河口。
IMG01107.jpg
このくらいの時間帯好き。

運河の方へ曲がると、

IMG01111.jpg
忘れてた。
今日は十五夜だった。
「仲秋の名月」のひと月後、「後の月」ね。

カメラ持って来れば良かった~

西の空もキレイ。
IMG01113.jpg

その後もスマートフォンで撮影をさんざん試みたのですが、

IMG01118.jpg どんどん訳分らなくなる

しっかり目に焼付けよう

エル・グレコ展

国立国際美術館。
IMG01120.jpg
ここで開催されているエル・グレコ展。

やっと来られた。

さすがに結構な賑わい。


エル・グレコの作品がこれだけ一堂に会する機会というのは滅多にないわけで、
どれも圧倒的な存在感。
筆の勢いやハイライトの潔さなど、
作者の存在もすぐ近くに感じられて、
しかも題材の解釈がとても深く、

それまで特別エル・グレコが好きという訳でもなかったのだが、
涙が出そうになった。

全然古さを感じさせないのは、
形式に寄りかかっていないからではないかと。
信念を持って自分の表現を追求することの大切さというか。

いやー、すごかった。

感動のあまり図録購入。
IMG01121.jpg
自分を鼓舞するのです。

ついでに

堂島のジュンク堂書店で。
IMG01122.jpg

IMG01123.jpg こんどは卵のレシピ本。

英語のレシピだけど、もともとイタリアの出版社で出しているものなので、
材料の分量は g (グラム)で書いてある。助かる。

Japanese Omelet というのも載ってた。
出汁巻き卵のようなものが。出汁は使ってないけど。
クレープの巻いたのみたいにきれいに層が出来てる。
油はextra virgin olive oil とわざわざ指定が。
やってみよう

やっぱり本店の品揃え好きだな。

他にクッキーとかケーキとか、カワイイ形のレシピ本があったのだけど、
絶対すごく甘いよね

昨日今日

IMG01125.jpg
楽譜整理中。

コピー譜をとりあえずスキャンデータにして、
とにかく紙を減らそうという
小学生の頃のリコーダークラブで貰った楽譜とかもあるし

昨日からスマートフォンの”スキャナーアプリ”で一枚ずつ撮影。
やっと半分くらいになったでありましょうか

楽譜を床に置いて撮影するのが一番確実なので、
苦しい姿勢で背筋痛くなってきた

なんかすごく無駄なことしてるんじゃないだろうか。

20年来集めた楽譜たち。
時代と共に変遷。

最初の頃はいちいち画用紙で裏打ちしてた。かさばる。

それからB5サイズの楽譜が大量に。
そういえば最近、A4の楽譜がほとんどだな。
その頃は官庁など公の機関の文書の規格はB5で、
個人的にA4よりちょっと小さ目なサイズが好きだった。
ノートも6mmのB罫が好きだったし。

いまは官公庁もA4サイズに規格が統一されて。
なんかVHSとベータの争いに似てるような
ちなみにウチはベータでした。

歌の伴奏譜なども、また使うことがあるかと思って取っておくのだが、
使ったことないし。

アンサンブルでも楽譜はサイトに”アップ”されたものを、各自が印刷するシステムで、
紙とインクのコストを度外視すれば、使うたびに印刷して用が済んだら捨ててしまえるわけで、

印刷物ってどんどん儚いものになってるような。

そのうち楽譜もペーパーレスになるのでしょう。
自動スクロールができるようになったら、「譜めくり」の文化も廃れる。

そんなこんなで大量の「裏紙」ができたのだけれど、
メモ用紙にしたら数年分はありそうな。
A4だけ取っておこうか。

気が付いたら10月終わる。

2時間炒めて冷凍しておいた玉葱で
IMG01124.jpg
じゃがいものポタージュ。

びっくりするくらい美味しかった。
違うものだね。2時間。

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。