ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転送されてきた

この度の衆議院議員選挙。
投票できないものと思っていたのですが、

自宅から「選挙通知書」が転送されてきた。
長期の不在になるため郵便物を転送してもらうように手配してたのです。

それによると、

「投票用紙等請求所見宣誓書」というものを選挙区の選挙管理委員会宛に送れば、
他の市区町村からでも投票できる書類を送ってくれるとのこと。
知りませなんだ。

そういう制度があるなら活用すべく、
即刻申請書をダウンロード(なんて便利な)して速達で郵送。

手続きについて説明してくれた亀田支所の方々もとても親切で、
訊きやすかったです。

庶民が代議士を選ぶ権利も無かった時代のことを考えれば、
やっぱり意思表示しなければと思うんだよね。
投票率アップにも貢献したいし。

スポンサーサイト

まだ荒れてる

寒い。
IMG01240.jpg
ものすごい風。

shot_1354849019652.jpg
徒歩5分のラーメン店にたどり着くのもひと苦労。

夜には吹雪。
IMG01242.jpg
こんな日に限って何度も外出する用が。

さらに、
青森地方を中心とした大きな地震。
後から行われた記者会見によるとマグニチュード7.3。
函館も震度4の揺れ。

ちょうど笛を吹いていて、
そんなに大きな揺れだとは気付かなかった。
ピアノを弾いていたら、もっと気づかなかったんじゃないだろうか
揺れた時間もけっこうな長さだったので、
ストーブを消し、一応服装を整えて貴重品を持ち、小一時間ニュースにくぎ付け。

さいわい大事に至ることもなく、よかった~

しかし、
ストーブ1時間消すと、家の中は冷え切って

そんな中、クロはといえば、
IMG01244.jpg
身近に迫った危険を察知する本能は消えうせたのか、
最初からたいしたことないと分っていたのか。

ふたたびストーブ点けたら
CIMG4521.jpg
あたってます

ホント、無事でよかった。

小さな幸せ

本日も荒れ続け、
午後になって外へ出たら

いきなりの積雪。


雪掻きしながら出かける羽目に。

苦労の末たどり着いた近所のスーパー。
ガラポン抽選に用があったわけでして。

5本引いて、この収穫!
かなり盛り上がってるところ♪

寒いけど

待機中のヒヤシンスとチューリップの球根たち。
CIMG4526.jpg

 の部分

CIMG4527.jpg
発芽
寒さの中で見ると沁みるのです。

新作

クロのセーター。
母作。
CIMG4542.jpg
なんかガラが悪い…

去年作ったセーターを参考にしながら作ったところ、
当時の激痩せ状態からすっかり回復していて、
全然入らず
二度編みなおしてようやく完成!

CIMG4547.jpg
簡単に脱げることもなく。

全然関係ないけど、本日の昼食。
CIMG4541.jpg
うどんの上にがんもがど~んと
これも母作。

ユウヤケノソラ

函館に大量の毛糸を送ったのは、
少しでも手持ちの糸を減らそうという趣旨であったのですが、

IMG01251.jpg
新たにネットで注文してしまった。

「ユウヤケノソラ」。
実際の色はもう少しオレンジがかってる。

他にもっと青みがかったのや紫に近いものなど、
糸のまま眺めてるだけで幸せというか。

以前「夕焼色に染めた糸が欲し~い」などとつぶやいていたら
まっきーさんが教えてくださいまして。

着分買ってしまいました

キレイ~
細い~

ひと枷分を玉に巻いたところで力尽き…

どんなセーターにしようか。

その前に父の靴下を受注しているのです

休養日~

これまでの人生において初めて、
真面目にハノンその他ピアノの練習をしたところ、

手が痛くなった。 

いちにちサボります。


友人K と元町へ。
CIMG4571.jpg
愛すべき函館山。

今日のおススメはてんぷらそば。
shot_1355451735327.jpg
てんぷら揚げたて。
かなり盛りがいいので、しっかりお腹を空かせてから行かねば。
小さな店舗に(テーブル席3、小上がり2)、常連風のお客さんが引きも切らず。
みんな席に着きながら注文して、食べるとさっさと帰って行く。
良い
メニューになぜかカルピスもある。

その後、美しい街並みの中、いつものコース。
shot_1355460562732.jpg

CIMG4566.jpg
倉庫を改装した喫茶店「ひし伊」。

CIMG4567.jpg
当時のままの天井。

喫茶店の隣で古着店も営まれていて、必ず立寄るのですが、
友人K が、自分の購入した古着を「これでアロハ作って」と私に
柄は「唐獅子牡丹」
生地が余ったら私の分も作れと

着るんだろうか、「唐獅子牡丹」のアロハ…

更にいつものコース。
IMG01261.jpg shot_1355460917268.jpg CIMG4577.jpg

倉庫群に到着したのは夕方4時ころ。

クリスマスツリーの点灯式は6時から。
まだしばらくあるので諦めていたら、4時半に一度点灯するんだって。

北海道は日暮れが早い。
CIMG4580.jpg
周辺もライトアップ。

CIMG4588.jpg スープバーの屋台も出てる♪

そして、
IMG01295.jpg
点灯!

日中は雨が降ったりして暖かかったのが、
夕刻には風もかなり強くなり、極寒の中。
でもね、本物のモミの樹の揺れるさまは、それはそれは美しく

惜しむらくはカメラの性能…
ns_attach 3
スマートフォンに最初から入ってたカメラが一番マシだった。

やっぱり寒い方が光はキレイね。

熟睡中

CIMG4645.jpg
寝てます。
ちょっとコワイ。

手足がどうまとまっているのか不明。

明朝は


凍るよ~

ボイラーの水も落とさねば。

コンサート本番♪

必ずこの日はやってくる。
shot_1355907233037.jpg
一年前の11月のこと。

恒例のコンサート直前に父が入院。
体調は回復せず、結局参加を見送ることになった。
その際一時帰宅して、何を言うかと思えば
「来年の誕生日に冬の旅のリサイタルを開く。伴奏しろ」と。
フラフラしながら。 断れないし。

で、あっという間に1年経ってしまった。

6月には母が骨折。
9月には父が入院。

いやー、よくここまで漕ぎつけた

70歳の「冬の旅」。
リハーサルから全力投球で

私は後半の伴奏を担当。
練習した分はできたかな。
もっともっとこうしたかったというの勿論はあるけれど。

お客さんもたくさん来てくれて、
立派にうたい切った。
最後、「ピアノ弾きながら泣いちゃうかも」と思っていたのが、
そんな余裕も無く。

室蘭から幼馴染も駆け付けてくれて、岩手から教え子さんも来てくれて、
ほんとに有難かったです。

気持ちよく打上げ~♪
終盤は「打上げ楽しみだね」が合言葉だった。

CIMG4656.jpg
よかったよかった

翌日…

朝8時。
CIMG4657.jpg
函館駅前。
よく見えませんが、吹雪いてます

昨日コンサートに来てくれた父の幼馴染が帰るというので見送りに。

駅の売店でビールを買い込んで。

CIMG4659.jpg
スーパー北斗。 今年は私もなぜかたくさん乗った。

CIMG4660.jpg
函館駅のホームはカーブを描いている。
始発駅で湾曲してるホームって、確か珍しかったような。

CIMG4661.jpg
何度も言うけど、吹雪いてます。

shot_1355963292468.jpg 雪かき出しっぱなし。

出発前の電車にみんなで乗り込んで、
父と幼馴染さんは缶ビールをそれぞれ1本空け、
(当然のように自然な流れで飲んでるのが不思議というか…)
出発5分前に見送り組は下車。

その後、やはり昨日のコンサートに来てくれた伴奏者(前半担当)のお母様とも駅でばったり会い、
一緒に朝食。

すがすがしい朝のひと時でありました。

帰宅後…
IMG01299.jpg
今日の予定は終了。
まあ想定内。

帰る~

CIMG4665.jpg
機上の人~

CIMG4663.jpg
下界は雪景色。季節が移ってる。

これから怒涛の日々なのです。

その前に、
CIMG4668.jpg
本日冬至。 しっかり温まらないとね。

shot_1356097191003.jpg お疲れさん。

帰宅直後


こんどは東京へ。

引越前に一度見ておきたいと思っていたのですが、

帰省その他の兼合いでこの日程に。

しかも「印鑑証明書」が必要だとかで、
函館から直行できなかったのです(-_-)

こんど住むのは「下町」。

商店街もあって、楽しみ~♪

「寒暁」


宿でうたた寝。
本格的に寝ようとしたら、
全く眠れず(・_・)

久~し振りに俳句量産。
スマートフォンの電池消耗・・・


フラッシュの残像寒暁まで続く

クリスマス~

…の、前日。

梅田のクリスマス市に、今年も。
CIMG4677.jpg
夜の方が雰囲気いいけど、昼間もまた。

雪の予報も出て、寒い日。
で、ホットワイン。
寒くなくてもホットワイン。

今年のカップが、
CIMG4678.jpg
サンタさん!

頭、胴体、脚と3つの部分からなっていて、
揃えようとしたのですが、
なんと胴体売切れ

やむなく頭と脚を購入。
CIMG4681.jpg
それなりにめんこい。

寒さに震えながら、しばし雰囲気を楽しむ。
IMG01312.jpg CIMG4692.jpg CIMG4690.jpg

CIMG4688.jpg CIMG4686.jpg
クリスマスの買い物してる人はあまりいなかったような…

クリスマス~(2)

クリスマス市で2杯ホットワインを飲んだ後、

実は六甲ルーテル教会で演奏することになってたりして。

このひと月、ピアノを必死に練習した結果、
ほとんどリコーダーに触ってないという

というわけで、六甲道のスタジオで2時間ほど音出しの後に合流。
何とか鳴るようになってくれてよかった~。

曲目は、
・「くるみ割り人形」より行進曲
・「フィガロの結婚」より「もう飛ぶまいぞ この蝶々」
・フィンランディア

なんだかとってもハーモニーがキレイで、
気分よく吹き終わったところ、
予期せぬ「アンコール」。
「ふるさと」吹きました。
前回も「ふるさと」だったような

もうここで演奏することも無いんだなと思って、ちょっと気合入ってました。
讃美歌も真面目にうたった。
すごく声疲れてたけど。

クリスマスを満喫したいちにち。
奇跡のように星もキレイで。
(「三連休だから工場も動いてへんし」って M さんが…)
正しく家路についたのでした。
shot_1356359325308.jpg
やっとひと息。
クリスマス市で買ったプレッツェル美味しかったよ~(^^)

「エリヤ」

メンデルスゾーンのオラトリオ。
imageCAJGMXYU.jpg
旧約聖書に出てくる預言者エリヤを題材にしたもの。


すばらしい (T_T)


ドイツ・ロマン派はよく知らなくて。
ピアノはベートーヴェンのソナタで終ったし、
リコーダーってこの時代の作曲家に見向きもされてなかったし。

だからってメンデルスゾーンのピアノ曲なんて弾けないのですが、
やっぱりすごい人であるなと。

そういえば、このCDを買ったとき、店員さん(たしか岡山のヴァージン・メガ・ストアだった…)が、
「いいですよ~この盤」と、にっこり笑って言ったものだった。

私はフィッシャー=ディースカウが参加してるという理由だけで購入し、
ほったらかしでありました。
反省。

メンデルスゾ-ンというのは指揮者という役割を確立させた人でもあり、
確かこの人がバッハのマタイ受難曲を指揮したのが、
作曲者以外の人が指揮した最初のケースになったのではなかったろうか。
ベートーヴェンやシューベルトに再び脚光を当てたのもこの人で、
過去に目を向けていたという点も立派であります。

今だったら「真夏の夜の夢」もちゃんと聴けるかもしれない。

画期的

年賀状を
年内に出した。

キャリーカートを引きずって
ブック〇フに本を売りに行く道すがら。

なんでしょう、このすがすがしさ。

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。