ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深川

南下。
深川方面へ。

目的地は門前仲町の富岡八幡宮。
というか、富岡八幡宮があったから「門前仲町」という地名が出来たのでしょうね。

途中
IMG01440.jpg
こんな看板が。

道すがらには芭蕉記念館や日本庭園もあり、
新たなお散歩コースが♪

到着。
IMG01441.jpg
江戸幕府は源氏を祀った八幡宮を手厚く保護していたため、
各町内に八幡神社があり、
都内ではここが最大規模だったかな。

子どもの頃毎年亀田八幡宮の秋祭りを楽しみにしていたので、
個人的に八幡様に親しみもあり、
関西では少なかったね、八幡神社。
そりゃそうか。

IMG01443.jpg IMG01444.jpg
下の小さいのも睨みを利かせてる狛犬さん。
風化しかかった様になぜか凄味を感じる阿形の狛犬さん。

ここは「勧進相撲発祥の地」だそうで、
IMG01442.jpg
横綱を顕彰した立派な石碑が。
明治時代に建てられたもので、
側面に彫られた賛同者には、
当時のお歴々の名がきら星のごとく。

門前町の風情も良く、
美味しいコーヒーが飲めるお店も見つけ、

こんどは縁日に来てみよう。

スポンサーサイト

梅~湯島天神

朝のうちに湯島天神へ。
CIMG5084.jpg
名所であります。

天神さまといえば梅。
CIMG5055.jpg

菅原道真を慕って大宰府まで飛んでった梅の樹があるくらいだから。

だいぶ咲いてた。
CIMG5062.jpg

CIMG5057.jpg

CIMG5063.jpg

CIMG5058.jpg
茶席も設けられて、賑わいそう。

甘酒でひと息。
やっぱり飲んでしまう甘酒。

折しも受験シーズン真只中。
CIMG5083.jpg
願いが膨れ上がってます。

ちょっと足を延ばして、
不忍池!
CIMG5093.jpg

CIMG5086.jpg
久しぶり~♪

CIMG5087.jpg
この鴨も久しぶり~
「キンクロハジロ」というらしい。
ずっとこっちにガンとばしながら泳いでった。

CIMG5095.jpg 青鷺も。

早春の光いっぱい。

「山茱萸」




はぐれ鳥来て山茱萸の花散らす

梅~亀戸天神

亀戸。
CIMG5174.jpg

CIMG5122.jpg
晴天晴天♪
紅梅白梅が対峙して。

CIMG5107.jpg

CIMG5111.jpg

CIMG5129.jpg
いい時に来た~♪

CIMG5130.jpg ペンキ塗りたて。まぶしい。

CIMG5157.jpg

CIMG5147.jpg

CIMG5127.jpg
鷽もちゃんと

CIMG5137.jpg
亀もてんこ盛り。

CIMG5175.jpg 近所のパン屋さんには「亀パンセット」も。

もともとこの辺りは島だったそうで、それが亀の形に似ていたことから「亀島」と呼ばれていたとのこと。
すっかり地形は変っても、土地の記憶は残るもの。

古地図入手しようかと思っているこの頃。

煙霧・・・

CameraZOOM-20130310105058605.jpg
予想最高気温25℃!

空はうっすら霞がかっているけれど晴天。

木蓮も咲き出した。


ご機嫌で隅田川沿いを歩き、
日本橋界隈を見たのち地下鉄で錦糸町へ。

地上へ出たらですね、
いきなり暗い。
ものすごい風。
黄沙よりも黒っぽいものが渦巻いてる

視界も悪い。
CIMG5181.jpg
スカイツリー見える?

ちなみに晴天時↓
CameraZOOM-20130311163515384.jpg
たまらずマスクを購入。
気温も急に下がった。

こんな急変ってあるんだね。

ニュースによると「煙霧」だそうで、
要因となる物質は、けっこう幅広いのですね。
今日のは地面の土や埃が巻き上げられたとのことだが、
何にしても体に悪そう。

年々天候の荒れ方、振れ幅が大きくなってるような気がする。

再会

福山の社宅で一緒だった面々と。
川崎に集合。

川崎も引越してからは初めて。

昨年一度行ったときに、駅前の様子がずいぶん変わってて驚いた。

グラスアートの展覧会へ。
CameraZOOM-20130312123503107.jpg

CameraZOOM-20130312134450880.jpg
撮影OKエリアだった。

CameraZOOM-20130312130112288.jpg
カ〇ゴン 影もカワイイ。

CameraZOOM-20130312123847241.jpg 友人の作品。

入口でアンケート用紙を渡され、好きな作品に投票するというシステム。

順位云々はともかく、
けっこう熱心に作品を見た。面白いやり方かも。

いいモノ見ると刺戟されるね。

社宅にいる間はそれほど話す機会も無かった人もいたけれど、
とてもフランクに、新たな面を発見したりして。
自分か相手か、どっちが変ったのかは分らないんだけど。

4年分喋った
楽しかった~
社宅のご縁、ありがたいものでした。

句会

こんどは横浜。
以前横須賀に住んでいたので、
句会のお誘いも神奈川県から来ることが多いのです。

10年サボっている間に句会の体系も変化し。

まあ、行ってみたら楽しうございました。

出された句を1句ずつ吟味し、みんなが発言できる。
有意義であります。

それとは別に、ちょっと思ったこと。

自分は自分の信ずるところを見据えて、
ペースを守って歩いて行こうと。

案外難しいものですね。

それはそうと、
CameraZOOM-20130313171748409.jpg
楽しみな樹を発見。辛夷かな。
咲いたらすごいよ~きっと♪

本日の収穫

降って湧いた用事のため浅草。
CameraZOOM-20130314133910045.jpg
何かあると取りあえず浅草。
急いでるくせに歩いて行く。

浅草寺本堂近くのお店で見つけた、ジャンボメロンパン。
CameraZOOM-20130314125755223.jpg
デカい。これじゃよく分からないけど。
境内のベンチに腰かけて食べてたのだけど、
複数名の観光客に食べてるところ撮影された気がする
正しい浅草の風景なのか

なんとか

間に合った・・・

確定申告。

電子申請するつもりでいて、
いざ送信しようとしたら、
電子証明が無効だと(・・;)

転入の際、住基カードの登録はしたのだが、
電子証明も更新しなければならなかったそうで、

やむなく申請書を印刷して税務署へダッシュ。

ギリギリまで放っといた自分の所為ですが、
危なかった~(--;)

今日も夕日が美しい♪

春風駘蕩

予想最高気温25℃!
CIMG5184.jpg
暖かく、風も程よく。
こんな日はやっぱり辛いらしい。
ワタクシ今年も無事に済みそう。

いろんな花が咲いて、一気に春らしく。
CIMG5183.jpg

CIMG5185.jpg

CIMG5187.jpg 芭蕉さん。川を見てる。

CIMG5189.jpg
様々な橋を渡るのも楽しみ。
これは豊海橋。
対岸から見て、この橋を渡りたくてルート決定。
昭和二年竣工。 モダンだ

関東大震災で焼け落ちて再建された橋って多いのです。
これもその一つ。

CIMG5190.jpg
桜咲いてる!
当初の開花予想は3月末だったのに。
CIMG5194.jpg
永代橋と柳。
こちらも芽吹いてきた。

「春風駘蕩」というと、
なぜか私は隅田川を思い浮べるのです。
あっけらかんとした感じがあるのだろうか。

CIMG5197.jpg
さらに日本橋川を越えて、
この川は何か生活感があって良い。

CIMG5198.jpg
ピカピカの歌舞伎座。
たまには芝居鑑賞もしたいものです。
がんばれ歌舞伎座~

いただきものの

インドシルク。

実際の色は鮮やかなターコイズグリーン。

昨年のコンサートを聴きに来てくれた方が、
「自分でドレス作れるんなら」と。

う~ん、何作ろう。

かなりはっきりした色だからドレスがいいかとは思うんだけど、
そうそう着ないし、

かと言ってジャケットでもないし。

チュニックだと完全に部屋着になりそうだし(-_-)

とりあえず鑑賞中♪

浅草~

伝法院通を歩いていると、
仲見世の方から何やらお囃子の音色。

CIMG5199.jpg
わお♪

「金龍の舞」。

浅草寺の年中行事のひとつで、年三回行われている。
偶然出くわした。

金ぴかだ~
そういえば、このお寺は「金龍山浅草寺」というのでありました。

実際に見るの初めて。

CIMG5202.jpg くわっ。

CIMG5203.jpg

CIMG5207.jpg
あからさまに人が操ってるのだが、
生きてるよ、この龍。

お囃子も。
CIMG5208.jpg

CIMG5217.jpg
本堂もすごい人波。
お囃子の後について、「ハーメルンの笛吹」状態。

これが「ハレ」でありましょうか。
なんだかとても清々しい心持になり。

CIMG5219.jpg
この暖かさが続けば、桜もほどなく見頃になりそう。

桜狩~

「真摯なアマチュアゴルファー」は桜が好きで、
かといって花見するわけでもなく。
というか本当に「見る」だけという。

本日も隅田川沿い。
CIMG5239.jpg
今日は上流へ。

CIMG5245.jpg
三分から五分咲きといったところか。

CIMG5247.jpg
菜の花もキレイ。

開花が早まりそうなので、隅田公園の整備も急ピッチで進んでいる。

桜橋を渡って浅草側へ。
CIMG5251.jpg
お彼岸の中日。屋台も出て、猿回しも。

ついでに上野まで歩く。
CIMG5253.jpg
やっぱり混んでた。
でも、満開になったらこんなものじゃ済まないのです。

CIMG5260.jpg
だいぶ咲いてるね。

CIMG5261.jpg

CIMG5274.jpg

CIMG5272.jpg
こちらもなかなか盛況。
水面にちょっと映っている、柳の緑が美しい♪

今年も真面目に桜を求めて。

集合!

CIMG5278.jpg
スカイツリーの真下。

福山時代の友人と。

社宅同窓会第二弾ね。

早目に昼食を摂ろうと、11:30 にソラマチのレストラン街を目指したところ、
どの店もすでに長蛇の列
ありえない…

あ、当然スカイツリーには登ってません

やむなく浅草へ。
自分が行きたい店があっただけです。
ずっと天丼食べたかったもんだから。

CIMG5279.jpg

CIMG5280.jpg
目いっぱい観光し。

お土産もたくさん購入。
なぜか私も。
CameraZOOM-20130321203226079.jpg 懐かしの人形焼♪

本日のメンバーとは、福山の小学校読み語りボランティアでも一緒だった。
4年ぶりだったけど、「先週の続き」みたいな感じでお喋りして、
ホントに嬉しかった。

で、
電車の都合で、錦糸町まで。
歩いて。

CIMG5285.jpg
途中眺めのいいスポットを見つけはしたものの、

私の所為で、ものすごく歩かせてしまった。
ごめんなさい。

これに懲りず、またお会いしましょう。

急ピッチで

またまた隅田川。
CIMG5289.jpg
水上バス混んでます。

CIMG5291.jpg
日に日に、というかあっという間に見頃。
「世の中は三日見ぬ間の桜かな」というのがあったが

CIMG5293.jpg
お花見の準備も大急ぎ。

一昨日は無かった。

スピーカーからは昭和歌謡
全部イントロで何の曲か分る私…

上野もそうだけど、
「花」を見るというよりは「花人」を見て、
ああ今年もみんなそれぞれのやり方で桜と向き合っているなと、
それはそれで尊いことだと思うのです。

お花見真っ盛りの上野には近付けないでいるのですが。

ホントにいい天気。
CIMG5303.jpg

CIMG5310.jpg

CIMG5326.jpg

「♪は~るの~ うら~ら~の~…」と口ずさんで、
まさにこの地の歌であることに気付く。
わ~♪

「櫂のしづくも花と散る」とあるから、
当時は手漕ぎの船が行き交っていたのだろうなと。

この辺りは「隅田公園」。
かなり広範囲に渡るもので、
CIMG5345.jpg
水戸様お屋敷跡なども。

ビルとの不思議な調和。

CIMG5332.jpg CIMG5333.jpg CIMG5347.jpg

CIMG5360.jpg
ここ、スカイツリーのおススメ撮影スポットらしい。

CIMG5369.jpg
桜をたどりながら歩き、

CIMG5379.jpg
最終的に本所吉良邸。

CIMG5381.jpg いまも小さな空を守っているのです。

CIMG5383.jpg
近所の桜も見事。

くだる

CameraZOOM-20130323105024294.jpg
本日は下流へ。
曇り空。

CIMG5391.jpg
「ひとり歩きはいけません」。これは犬に言ってるのか?
「つないで歩きましょう」は飼い主に向けたことばだよね。
微笑ましい。

CIMG5394.jpg

CameraZOOM-20130323112558355.jpg
こちらもなかなか。

CIMG5389.jpg
椿は咲き始めるの遅かったよね。
3月初旬までずっと寒かったし。

CameraZOOM-20130323112647557.jpg
隅田川沿いはずっと歩けるようになってる。
こっちの桜はまだしばらく楽しめそう。

CIMG5404.jpg

CIMG5405.jpg

CameraZOOM-20130323133042958.jpg
楽しくなって東京駅まで歩いてみた。

CameraZOOM-20130323131908782.jpg 昨日オープンしたばかりの KITTE 。すごい人波

なんか地面はつながってるな~と、妙な感心。

「戻り寒」


形も味も素朴。変わらない~♪


戻り寒鳩サブレーのほろほろと

浮かれてます

大丸の抽選会へ。
本日最終日。

昼過ぎに気付いて東京までダッシュ
あ、電車で行きました。

大当たりこそなかったものの、
500円商品券多数ゲット♪
大丸の福引♪
電車賃かけた甲斐があった。
小さな幸せで大喜びの図。

CIMG5419.jpg
美しく暮れる一日。

「春の暮」


両国も満開。


飛んでったことばたくさん春の暮

爛漫♪

横浜へ。

花見のお誘い。

横浜といっても広いのです。
神戸も広かったけど。

港から拓けていったのでしょうね。

それはともかく、青葉台集合。
距離はあるけれど、錦糸町からだとなんと地下鉄一本で行ける。

CIMG5431.jpg
田園風景。

CIMG5429.jpg
満開だ~

CIMG5430.jpg

CameraZOOM-20130328132602019.jpg
横浜にこんな所があったなんて。

「寺家(じけ)ふるさと村」というところ。

鶯や蛙の声も。今年初めて聞いたような。
夏にはホタルも見られるんだって。

敷地内にはステキな食事処が。
CameraZOOM-20130328122627481.jpg 
「春のちらし」。桜の小枝が添えられていた。

隣は董源作品の展示・販売所。

他にも様々な工房やギャラリーがあるらしい。
環境いいものね。

そのひとつ。
CIMG5439.jpg

たまたま本日初日を迎えた展示会。
CIMG5437.jpg
着物をリメイクした洋服たち。
詳細はこちらを。

この作家さんの本、まさにここにあった作品が載っている着物リメイクの本、
じつは先日書店で見かけたのですが、
使われている古裂があまりに良すぎて、
自分で作るのは無理だと…

作品の実物が見られたのはラッキーだった。
やっぱり実際に見ると素晴らしい。

販売されている作品もあって、
ちょっと羽織らせてもらったりした♪

併設のカフェもステキ。
CameraZOOM-20130328161056978.jpg

CameraZOOM-20130328161037403.jpg
ここにも作家さんのものと思われる器たちが。
椅子やテーブルもそうみたい。

こういうお店、多くなったね。
実際に使う場面で作品に触れられるというのは、
双方にとっていいことではないだろうか。

CameraZOOM-20130328142757156.jpg shot_1364448531165.jpg
イチゴも近隣の農家のものだって。
コーヒーも好みでありました。

静かで居心地良く(そういえば余計なBGMも無かったような)、
いつまでもお喋りしていられそうな

曇りの予報だったのも気が付いたら晴れ渡り、
CIMG5440.jpg

駅まで送ってもらう道も、ず~っと桜並木。
途中で寄ってくれた所は、桜の枝が道の上まで伸びて、
桜のトンネル

行ってよかった~(T_T)
すっかりお世話になりました。

やっと訪問

浮かれモードは続き、
CIMG5444.jpg
江戸東京博物館へ。
引越して2か月半経とうというのに、まだ行ってなかった。
近すぎて。

目的は…
CIMG5447.jpg
これ。

平日だからか、人も少なめでゆっくり見られた。

「富嶽三十六景」というと、
真っ先に思い浮かぶのが「お茶漬けのり」の付録なのですが
(「東海道五十三次」の「日本橋」ばかり何枚も持ってた)、
ずらっと並ぶと壮観!

連作ということで、構図にも工夫が凝らされ、
絵を見てると、これを描いた北斎が富士山のある風景を求めてあちこち歩いた様子が思われ、
もちろん展示されてるのは版画だけど、
和紙の質も良く、とりわけ青色が美しく、
見ごたえあった。

常設展示も。
CIMG5445.jpg
入口の「日本橋」を渡ると江戸時代にタイムスリップするという趣向ね、きっと。

CIMG5446.jpg
模型も手が込んでて。

CIMG5456.jpg CameraZOOM-20130329121348187.jpg CameraZOOM-20130329120137309.jpg
明治時代の町並みの再現も面白かった。右の写真は道路標識。

江戸や明治以降の町並みがどのようにできていったか、
もう少し詳しい年表のようなものがあればと。
私が不注意で見てなかっただけだったのかもしれないけど。

個人的には行燈の造作に興味あり。
CIMG5465.jpg CIMG5469.jpg CIMG5471.jpg

展示品には実際に触ったり乗ったりできるものも。
CIMG5480.jpg
こんな体験コーナーが
横には「肥桶の上手な担ぎ方」の説明も。

「千両箱をかついでみよう」というのもあった。
大人一人で担いでみるのは、ちょっと淋しい。

そうそう、
今年はこの博物館が開館して二十周年だそう。
もうそんなになるのだね

落語も聴いた。

中村座にて。
CIMG5450.jpg
盛況。

盛り上がって、記念品。
CameraZOOM-20130329225838525.jpg
クリアファイルと絵葉書。

A4サイズのファイルは、江戸時代の地図に現代の路線図を重ねたもの。
駅名の由来など腑に落ちて、面白~い

変わる東京、変わらぬ東京を探検するのです。

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。