ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城ケ島散策

CameraZOOM-20140501092829611.jpg

CameraZOOM-20140501093551566.jpg

CameraZOOM-20140501103413544.jpg CameraZOOM-20140501092519101.jpg 

CameraZOOM-20140501102422274.jpg

CameraZOOM-20140501095516934.jpg

CameraZOOM-20140501094536320.jpg

CameraZOOM-20140501111224065.jpg

CameraZOOM-20140430180118739.jpg CameraZOOM-20140501120009764.jpg

スポンサーサイト

森林浴~

明治神宮。



絶好のお日和。結婚式も行われてた。

小学生の頃一度だけ訪れたことがあるのだが、
初詣客でごった返してて、
何にも景色が見えなかった。
今回ほぼ初めて。


樟の樹の若葉がキレイ。

代々木の杜を散策。

鳥の声盛ん。空気も良くて。
「杜」というのは神社において結界の働きをする所。
心穏やかに過ごしたいものです。

偶然の一致

祖父の形見…というか、
どっかから出てきた手帳。

昭和55年だね。

なんと、カレンダーが今年(2014年)と一緒!
ほら。

御柱祭は再来年らしいけど、
立夏も今日だし。

祖父はこの年の9月頃入院し、
翌年の6月に亡くなったので、
ほぼ未使用。

う~ん、
5ヶ月過ぎたけど使おうか、
どうしようか思案中。

続きを読む »

気を引き締めて…

連休も今日で終わり!

明日から怒涛の呑み会&ゴルフの営業部員のために、

カレンダー用シール作った。

いちいち書き込むのが面倒だと言うので。

これで3ヶ月もたないらしい

気を引き締めて行きましょー!

道端に


ど根性スミレ。

今知った


だから最寄りの駅が「大門」なのか。

緑から緑へ

増上寺。

いままで訪れたことが無かった。
なんでだろう。

さすが堂々とした構え。


グラント将軍手植えの松。
樹って偉大だね。

境内では様々な催しが。
 
猿回しや、漫画家による仏画展。

仏画展では大御所の作品が並び、
それぞれの仏に対するイメージが表現されており、
なによりやっぱり画も上手く(当たり前だが)、楽しく“拝観”。
「火の鳥」「ブッダ」の原画(!)も見られて充実していたのだが、
全ての印象をぶっ飛ばすインパクトだったのは、「れれれ千手観音」だった。

 
樟の樹たくさん。花も咲いてる♪


そこから日比谷公園を経て皇居へ。


お堀端を歩くのはこれも初めて。
ランナーの邪魔になるかと思って。
休日とあってか、皆さんゆったり走ってました。

大手門からまっすぐ国道一号線が伸びていて、
今でも東京はお城を基準に町が機能しているのだと感心。

最終的に神保町まで歩き、
どうやら今年最初の軽い熱中症

気をつけよう。

初東京タワー


下まで来たのも初めて。
すんなり上れた。


富士山も見えて、なかなかの眺め。
充分楽しい。


ステキなカフェも。


こちらがマスコットなのだね。
「マスコット」って、最近聞かない気もするが

増上寺も含めた芝公園一帯、
気持ちの良い場所でありました。

動物園

今日もクールなハシビロコウ。


それが、突然の

わお。
常連さんらしい来園者の動きにつられた模様。

とっさのことでピンぼけに。


再び何も無かったように。

ついに年間パスポート購入。
カードにはハシビロコウが印刷されていた。
この日は幼稚園児と(保護者も)修学旅行生でごった返していたのだが、
またいつでも来られると思えば大らかな心でいられるものです。

オクトーバーフェスト

日比谷公園。

もはや何だかよく解らないのですが、
みんな楽しそうなので、
いいのではないかと。

ダブルガーゼのシャツ

久々にシャツ。

いつものことながら、
ど地味…

なんか幸薄い柄というか、
例えて言うなら「病気療養中の人が着てる浴衣」のような。


バーゲンの生地ばっかり買うからこうなるんだけどね。

で、

せめてボタンでアクセントをつけようと。
どんなのが良いだろう。
黒蝶貝しか思いつかない~

カシュクールワンピース

引き続き、ミシン。

長年眠っていたチェックの麻で。

だいたい想像通りの出来。
作業着っぽい。
もしくは寝間着とか。

麻だから肌触りは

5月の終わりを感じさせる






これは関係ないけど、
紫陽花の葉が活き活き。

きりんの話題

「きりん座」という星座があるらしい。
「星座になっている動物の中で最も幸薄い」などと言われるほど地味ならしいのだが、今日話題に。

きりん座流星群、出現なるか
ピークは午後4時頃というから既に過ぎてしまっているのだが、目に留まったもので。

キリンって、圧倒的存在感なのに意外と人間との関わりが見られない。
神話にも諺にも、手近にある資料ではなかなかキリンの話は出てこない。

理由を考えるに、

・大層用心深い
・草食動物であるため人間や家畜が襲われたり被害を受けたりする機会が少ない
・牙や毛皮などが珍重されなかった
・首が長すぎて剥製にするのが難しい
・食料や薬として用いるのに適していない
・ペットとして飼うのが難しい(理屈上は日本ではペットにできるらしい)

といったところだろうか。

キリンが気になりだしたきっかけは、ネットニュースの記事だった。
古代ローマ人がキリンを食べていたらしいことが、ポンペイの遺跡調査から分ったというもの。
その後キリン食が続かなかったのは、労力に見合わぬ味だったのか、すでにキリンの希少性(というか食べてはいけないもののような雰囲気)に気付いたか。
美味しかったらお構いなく食べるだろうけどね。

そして気になりだした頃に、
デンマークの動物園でキリンが撃ち殺されたというニュース。
飼育する場所の確保が難しいという理由で。かなりショックだった。

そこから自分がキリンについて何も知らないことに気付き
(そういえばテレビ番組でも風景として語られることが多いような)、
足しげく動物園に通いだした次第。

今のところ、見て喜んでいるだけなのだが、
その、与えられた姿でぽっと立っている様に時に元気を得て、
キリンの連作をまとめて句集を作ろうとしているのです。
手造りの本になる予定。
じっくり観察して調べて、ちんたら作るので、
首を長~くすると疲れます。

空港


空港というのは好きな空間。

みんなここではない何処かへ行くために集まっているのであり、
同じ理由で駅も好き。

チケットさえ買えば、
ここからどこへでも行ける。
この、「何でも選べる状態」というのも良く、
同じ理由でギフトのカタログ見るのも好き。

なぜか恒例になっている初夏の帰省。


今回は札幌集合。

用途の決まったクルマたちも好き。

札幌


今年も来ました!


例年より早目なので、ライラックが満開♪

それは良かったのだけれど、
最高気温15℃ &
とんでもない強風
笑っちゃうくらい。

健気に焼きトウキビの屋台が出てた。


時刻表示が123と揃ったところで、
アリバイ写真ね

寒かったけど、ゆっくりできた。
函館へ向かう特急の中で、仕事の原稿も送信完了!

五稜郭

これからだ~

得した気分。

水源地

CIMG7587.jpg
歩くのです。

子どもの頃はもっと遠いと思っていた
CIMG7589.jpg
赤川水源地。

CIMG7594.jpg

CIMG7597.jpg
新緑がキレイ。 ダムの前の広場は整備されて、市民の憩いの場になっている。

CIMG7651.jpg
笹流ダム。よく「炊事遠足」に行ったものです。

CIMG7603.jpg
神様に挨拶してダム湖へ。

CIMG7611.jpg

CIMG7613.jpg

CIMG7634.jpg
風がホントに心地よい。

CIMG7637.jpg
鷗。なんかいちいち雄大に見える。

ホトトギス、鶯、黄鶺鴒、蝦夷春蝉…
銀杏もアカシアもツツジも、みんな大きい。

やっぱりこういう景色に馴染んでるんだなとしみじみ思うこの頃。

ラーフル

宮崎で「黒板消し」のことを「ラーフル」と呼ぶのだそうです。
私は聞いたことがなかったので方言だろうと思っていたのだが、
CameraZOOM-20140528150632751.jpg
正式名称らしい。

ちなみに宮崎では「肩車」を「びびんちゃんこ」と言うのだそうだが、
これは方言だよね。

優雅に半日

帰省するたびにステキなお店に連れて行ってくれる友人。
CameraZOOM-20140529122603639.jpg
ホントにステキなお店増えたよね。
材料もセンスも良くて。

食事しながら食べ物の話ばかりしている自分に気が付いたのでありました

その後香雪園へ。
CameraZOOM-20140529151116533.jpg
わ~
こんなに藤の木があったの知らなかった。
まだまだ楽しめそう。

他にも
CameraZOOM-20140529143410299.jpg
サラサドウダン。

CameraZOOM-20140529152046042.jpg
オオバナノエンレイソウ。

CameraZOOM-20140529151258171.jpg 雛菊も。 CameraZOOM-20140529160219015.jpg 八重桜!


CameraZOOM-20140529164142559.jpg
立派なツツジ。

いつもより早目の帰省だったためか、違った表情の植物が見られた♪

CameraZOOM-20140529152638822.jpg
園亭。

内部を見学。
CameraZOOM-20140529153924015.jpg
何だろうね、この、入った瞬間から涼しそうな佇まい。

CameraZOOM-20140529154004446.jpg
書院造。

使用料を払えばお茶会など一般利用もできる。
お手頃価格というか、思わず聞き返してしまうようなお値段で一日借り切れる。
句会とか笛吹いたりとか、一度やってみたいものです。

CameraZOOM-20140529154747690.jpg
蕗全盛。

CameraZOOM-20140529155022020.jpg
もうちょっと水がキレイだといいと思うんだけど…

CameraZOOM-20140529155153110.jpg 木製の遊具。家族で来ても良さそうだね。

そうそう、動物にも会えた。
CIMG7672.jpg
いい声でさえずってた。
スマートフォンを駆使して調べたところ、
「キビタキ(黄鶲)」らしい。背中の黄色は未確認
電子機器の技術向上もさることながら、ネット上の情報量が昔とは比べ物にならないほど増えたよね。

それと、エゾリス。
CIMG7689.jpg
もう帰ろうかという時にちらっと。

収穫大

大型書店~

近頃開店した書店。
カフェを併設した新たな形の書店として、開店前から話題になっていた。

行ってみた。
CameraZOOM-20140530144215377.jpg
デカい…

ちなみに周囲の風景。
CameraZOOM-20140530144225900.jpg
これからどんどん変わっていくんだろうね。
でも、歩行者を想定してないような造りである。
敷地内にも横断歩道のペイントとかなかったし。

中身は充実。
本は分野ごとに部屋が分れていて、世界に入り込める感じ。
文房具もたくさん。生活雑貨もあり、実用性と遊び心を兼ね備えたものという印象。
天井高く、ス〇バの席も多く、くつろいで本と付き合えそうな空間。

辞書や語学の本(これは売り物か)などが揃った自習コーナーも。
CameraZOOM-20140530123315417.jpg
すばらしい。

この空間が続きますように。
豊富な品揃えが維持されますように。

あとは利用者の問題だよね。

ここ数日、とてもよく過せたお蔭で、
桜の頃辺りからごちゃごちゃしていた頭の中が整理されつつあるような気配が(朗報!)。

間に合った~

本日「消印有効」がひとつ。
50句出したのです。
春先から何かまとめようとは思っていて、あちこち行ってはメモ程度に書き散らしていたのだが、
コンセプトがまとまらず。
やっぱり連作となると、それなりに一貫した空気が欲しく、
バラバラなまま函館まで来て、
つい4日前にタイトルが「降りて」きた。
なんとか間に合った~

割合早目に投函。

締切ギリギリに原稿を出し終えた後の空って、美しい~
コンビニでビールとチーズ買って帰る。

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。