ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念日~

ささやかにお祝い♪

スポンサーサイト

墨堤~♪

晴天!

満開!


はや散り始め、
今年はいつもに増してあっという間な感じ。

お花見ラストチャンスかも。
そしたらやっぱり墨堤へ。




  
向島の町内会のテントが並び、
焼きそば購入。
どうしても焼きそば買ってしまうんだよね。

墨田公園も。





満喫
今年もありがとう。

Riverdance

20周年。

渋谷ヒカリエのシアターオーブにて。昨年7月にオープンしたそうで、入ったのは初めて。


コンパクトな良いホール。音もよかった。
公演素晴らしかった。期待どおり。

晴ればれ☀
観に来てよかった~

やっぱりいいもの観ないとね😄

花のまま落ちてる

昨日の風雨を享け、だいぶ散った。

花のまま落ちてるのは、鳥がつついたもの。
聞いた話では、鳥の中でも雀がつついたものが花のまま落ちるんだって。
鵯なんかは上手に蜜だけを吸うそうで、
最近一番の「目からウロコ」なお話。

それにしても、

雀頑張りすぎでしょ。


まあ、あっという間に過ぎるからね。

角煮饅

今朝は手抜きでありました。

長崎のおみやげ。

冷蔵庫にこれがあると思うとちょっと心楽しくなるのですが、
最近ですね、
一度にふたつ食べられなくなってきた
どっちみち朝には重くて、
まだもたれているのです。

レッスン

個人レッスン再開。
小平まで。
時間はかかるけど、乗り継ぎは簡単。
駅からステキな遊歩道が♪

雨の日は緑がホントにキレイ。

レイエのソナタ1-2 を持って行った。
ピッチの低い笛を使うことになり、
昨日散々鳴らした竹山リコーダーの出番が無いのがちょっと残念ではありましたが、
ここで頑張れば、もっといい演奏ができるようになると思う。
これから楽しみです~

ボッティチェッリ

見に行った。


昨年のケンタウルスに続いてボッティチェッリ♪

ルネサンス期フィレンツェの世相や背景と絡めて。

実物は良いですね。
淡い夕日が当たったような肌の色や、深みのある青、金箔や型押しも質感が分かって見応えがあった。

で、
便乗で売ってたマーブル紙。
あまりにステキで購入。

蔵前・国際通り

革細工の工房があって、カフェがあって、
家具屋さんを覗いて、筆記用具のお店でノートと紙を買って、
手作りの楽しさを教えてくれるような手芸店があって、
糸ならなんでも揃うお店もあって、
探検しがいのある街♪

散歩~


わお、ハナミズキ。


染井吉野はすっかり散って、八重桜はまだ重たげに。



隅田川沿いから門前仲町へ。

目的地だった画材屋さん見つからず


そのまま現代美術館のカフェへ。


コンデンスミルクの入ったベトナムコーヒーが飲めるのです♪

ここに寄った後は、普段の何気ない景色もいちいち意味があるように見えてしまう。

つかの間の青空

清澄庭園。


八重桜が見頃!




風を見たり樟の樹の葉擦れの音を聴いたりしていたのだが、

途中から青鷺に夢中に。





鷺ってふつう人が近づくと逃げるんだけど、この鷺は馴れてるのかなあ。

途中で所属している結社のメンバーと行き合い、合流。
…ですが、空腹に耐えかねて、投句を済ませると退出(-.-)

お天気もなんとかもって、気持ちいいひと時。

A6のバインダー

師匠の句集を文庫サイズに印刷。

折に触れて読み直そうと思ってね。


手ぬぐいを思い切って。

見返しは和紙。


重石をかけて…


ゴム紐をかけて、そこに句集を挟む。


ついでに、先日蔵前で購入したノート用の紙も。
 


B6だったぜ…

バンドをかけて、

完成!

歳時記なんか入れてもいいね~🎶

ここ数日の

なんか記憶がない

というわけで、
ちょっとひと休み。

最近水辺を歩いてなかったのがいけなかったのかもしれない。


完全にシャッターチャンスをハズしたスカイツリーと青鷺の図。


花だけは初夏に入りかかってる。








五稜郭公園も桜が咲いたね。早いね。
元気出そうっと。

思い出した

そうだった。

土曜日に行ったマグリット展はすばらしかったよ。20年ぶり2回目の展覧会(甲子園みたいだな)。







高いところを目指さなくちゃね。

見終わってから一緒に行ったメンバーで句会もして、そちらも充実。

「沙翁忌」


4月23日はシェイクスピアの命日。
同じ年の同じ日に「ドン・キホーテ」の作者セルバンテスも亡くなっている。1616年。

映画「恋に落ちたシェイクスピア」で、ヴァイオラにインスピレーションを受けて「十二夜」を執筆するシーンの、巨大なインク壷が印象的だった。物書きにはやっぱりあれくらいの量のインクが必要なんだなと。そのインクが世界を紡いでいくというのがとても素晴らしいことに思えた。


沙翁忌の世界は闇に溶けてをり

今年初

向島の喫茶店にて。

日替定食は「鰹の刺身丼」で、つい。
ナポリタンとかピッツァとかオムライスとかにするはずだったのに

私にとっては今年最初の鰹の刺身だけど、
これ「初鰹」ではないよね?

「春の星」


昨日Twitterに投稿した句にちょこっと加筆。
言わないというのも胆力が要るもの。


その先のことば呑み込み春の星
      深き森にて輝きを増す

またできるといいな~

お日さま句会。

最近フェイスブックその他で様々な句の場を見るにつけ、
旭ヶ丘小学校PTA室のあの世界は、かなり質が高かったなと思うことがよくあるのです。

みんな忙しいしね~
なんかゆる~く句を出して感想を言って、という感じでできないかな。

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。