ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沿岸散歩 その4 墓参

五稜郭公園前電停で、待つこと40分。

CIMG3245.jpg 来た~

IMG00550.jpg
箱館ハイカラ號!

CIMG3247.jpg CIMG3248.jpg
大正時代実際に走っていた車両を復元したもの。
昭和9年の函館大火にも耐え、昭和12年から平成4年までササラ電車として現役だった。

乗務員は吹きさらしの車外に立ったままの運行となるので、4月~10月の期間限定。

写真撮ったりしてはしゃいでいたのは私だけで、
市民の皆さんは普通~に乗ってた。
そこがまた好もしい。

電車とバスを乗り継いで、
本来の目的は墓参でありました。

函館山の、立待岬へ行く道とは反対側の海岸を行く。
CIMG3249.jpg

CIMG3250.jpg
「山があって海があって、眺めのいいところだよ」と
ここに墓を建てた父方の曾祖母が言ったらしい。
あいにくの天気で、かなり寒かったが、晴れた日には山がくっきり見えて、鶯なんかも。

冬は厳しい道のりに。

夏の北海道はイタドリ全盛だった。
これ食べられるんだって。当分困らないくらい生えてた。

ここいらは開港直後から整備されたところで、
(幕末の函館の地図って、函館山周辺しか丁寧に描かれてなかった)
陸軍関係者の墓所や、
主に宣教師や船乗りが眠る外人墓地、
ロシア正教や華僑の墓所も。
CIMG3260.jpg

shot_1341199741804.jpg

道すがらには旧検疫所があった。
IMG00553.jpg
これも明治期の洋風建築っぽい。

現在レストランとして営業。
しかし、
「検疫所でご飯食べるっていうのもね~(by 同行した母)」
ということで、

ふたたび函館駅の食堂で
shot_1341202647694.jpg
リピーターになってるヤツ。

これをもって、函館市街地の沿岸ほぼ踏破(^^)v

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://bucibuci.blog39.fc2.com/tb.php/2151-9ad7d833

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。