ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お土産

shot_1350091795893.jpg
昨年気になりつつも購入しそびれた「栗おはぎ」。
中はもち米で、普通のおはぎの餡のかわりに栗の裏ごしが。

これは良い

さつま芋でも南瓜でもできるね。
ただ、「おはぎ」というのは小豆餡の色が「萩」に見立てられて付いた名前なので、
(春だと「牡丹」になぞらえて「ぼたもち」になる)
これを「おはぎ」と呼んでいいのだろうか

この「栗おはぎ」も、
栗饅頭に入ってた栗も(持って帰る途中で形が崩れた)、
篠山で食べた煮豆も、
味付けはあくまで控えめで、素材の味を最大限生かしている印象。
素材に絶対の自信を持っている地元ならではの味付けだろうね。
或いは砂糖が貴重品だった頃から変ってないとか。
いずれにしても、栗や豆との長い付合いを思わせるのです。

そして、
shot_1350040517008.jpg
黒豆ビール。

なかなか独特な香り。
慣れてくるとハマるかも。

枝豆と一緒に。


購入した栗は、
shot_1350198130657.jpg
栗ごはん。これは残ったのをおにぎりにしてみた。
もち米を加えて、塩と酒、薄口しょうゆ少々で味付け。昆布出汁で。

ちょっと話は変るけど、おこわって冷たいのも結構好きだったりする。

残った栗を7個だけ、
shot_1350167688674.jpg
渋皮煮に。
数が少ないと意外に気軽に作れて、
ミルクパンで作ったんだけど、会心の出来

栗さんありがとうという気になる。

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://bucibuci.blog39.fc2.com/tb.php/2234-d85e8a9d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。