ぶちこのブログ

犀の角のようにただ独り歩め

07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かで読んだ

笑いは憤りを吹き飛ばす

過去のメモから。何かで読んでメモアプリに記録しておいたらしいが、出典何だっけ。
う~ん、誰かの随筆だったような。
それも格言ぽく使ってたから、中国の古典あたりに由来してるのかも。

とにかく、いい方向性だと思うのです。
一日に一度は笑いたいね。

COMMENT▼

健康十訓

こんにちは。ご無沙汰しています。
といいつつ、たびたび一方的にブログにはお邪魔していたのですが(^^;

ちょっと気になる記事だったので、しゃしゃりでてきました。

「笑いは憤りを吹き飛ばす」は、 「少念多笑」で、江戸後期の俳人横井也有
の「健康十訓」の一つだと思いました。
そう、「化物の正体見たり枯尾花」の人です。

以下、「健康十訓」のコピペです(^^;

(1) 少肉多菜 : お肉はほどほどにして, 野菜も沢山食べましょう.
(2) 少塩多酢 : 塩分控え目で, 酢の物をたっぷりと.
(3) 少糖多果 : 甘い物ものより, 果物を.
(4) 少食多齟 : 腹は八分目の量を良く噛んで.
(5) 少衣多浴 : 薄着になって, 太陽を浴び, お風呂に入って新陳代謝を高めよう.
(6) 少車多歩 : 車に乗らずに, 先ず歩く.
(7) 少煩多眠 : くよくよしせずに, ぐっすり眠る.
(8) 少念多笑 : 笑いは憤りを吹き飛ばす.
(9) 少言多行 : ウダウダ文句ばかり言わずに, 先ず行動する.
(10) 少欲多施 : 私利私欲に捉われず, 他人に施しを行い, 慈しみの心を育て, 心豊かな生活を送る.

しかし、(6)の「車に乗らず」って江戸の頃の車って何? 籠?
それにしても、200年(?)たっても人間の生活って変わらないんですね(苦笑)

元下の階の住人さんへ

おぉ、江戸時代の俳人でしたか。
不勉強でありました。
「健康十訓」、湯のみなどで見たような・・・
「車」といえば、当時は牛車か大八車で、荷物運搬用ですよね。
カゴですよね、きっと。漢文に適当な語がなかったと思われます。
ホント、今でもそのまま当てはまっちゃいますねi-179
個人的には(9)少言多行を心がけたいと思います。

ちょうど江戸時代からの俳諧を読みなおそうと思っていたところでした。
横井也有の俳文集に「鶉衣」というのがあるので、岩波文庫探しに行きます。
ありがとうございました!

また来てくださいね~(^^)/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://bucibuci.blog39.fc2.com/tb.php/2648-95056f3c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

「小倉百人一首」

問い合わせ先

プロフィール

ぶちこ

Author:ぶちこ
俳句をよむ。笛を吹く。
第一句集『雲の峰』
好きな俳優・・・志村 喬
Chi la dura, la vince(継続は力なり)
☆ブログ内の俳句に関しては著作権宣言しておきます。
今年の目標:減量! 最低5kg できればもっと

最近のトラックバック

月別アーカイブ

私書箱

お便り、投句(?)はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。